プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< リレキショ [中村航] | Top | 太陽と毒ぐも [角田光代] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
秘密。―私と私のあいだの十二話
4840112347秘密。―私と私のあいだの十二話
吉田 修一他
メディアファクトリー 2005-03

レコードのA面・B面のように、ひとつのストーリーを二人の別主人公の視点で綴った短編十二編です。

何しろ執筆陣が豪勢です。
吉田修一、森絵都、佐藤正午、有栖川有栖、小川洋子、篠田節子、唯川 恵、堀江敏幸、北村薫、伊坂幸太郎、三浦しをん、阿部和重。
おぉぉ。ほとんどが一度くらいは著作を読んだことのある作家さんです。

・吉田修一 『ご不在票−OUTSIDE−』『ご不在票−INSIDE−』
荷物を届けに来た宅配便ドライバーと、その荷物を受け取る男との、
ドア一枚を隔てた悲喜こもごも。

これは全作品の中で一番ショッキングだったかも…。
このラストには救いがあるのか、ないのか。


・森絵都 『彼女の彼の特別な日』『彼の彼女の特別な日』
お互いに一つずつ願いを叶えあいませんか?―バーで出会った男女の、
それぞれの抱える気持ちを描いた物語。

おぉ、森さんの大人の小説がここにも…。
この先の物語が明るい感じがするところが好きです。


・佐藤正午 『ニラタマA』『ニラタマB』
電話でニラタマの出前を頼む男と注文を受ける女の、
携帯のアラームにまつわる物語。

片方が想像する物語と、もう片方のその現実と。
ほほぅ、こんなもんだよなぁという…。


・有栖川有栖 『震度四の秘密−男』『震度四の秘密−女』
結婚を控えたある夜、距離を隔てた男女をつなぐ、一本の電話の物語。

男ってバカだなぁ(笑)。やっぱり女の方が一枚上手…。
でもこの二人はきっとよい組み合わせだと思いました。


・小川洋子 『電話アーティストの甥』『電話アーティストの恋人』
電話アーティストだった叔母の死。遺品を整理するその甥と、
彼がかけた電話の相手の物語。

電話アーティストさんの作品の名前は全部電話番号…と。
個人情報保護法案がっ、とか全然関係ないことを思ってしまいました。
この「電話アーティスト」って発想がなんか小川さんらしいなぁと思いました。


・篠田節子 『別荘地の犬 A-side』『別荘地の犬 B-side』
ある別荘地で犬を拾った女性と、その犬を引き取りに行く女性の物語。

Aの物語がただBの準備編みたくなってしまったのがもったいなかったかな…。でもよかったよかった。


・唯川恵 『<ユキ>』『<ヒロコ>』
美しい女性であるユキと、まったく対称である女性「ヒロコ」の、
それぞれの幸せをめぐる物語。

これはどっちが幸せなのかなぁ…。十二時間眠れば現実は半分か。なるほど。でも『<ユキ>』を読むと『<ヒロコ>』の方は読まなくてもわかりました(笑)。


・堀江敏幸 『黒電話−A』『黒電話−B』
黒電話を欲しがる孫のためにそれを探す男と、その子の母親の物語。

これが一番好きだったかも!短い物語ならではのよさにあふれていたと思います。黒電話、私もまた使ってみたいなぁ…。


・北村薫 『百合子姫』『怪奇毒吐き女』
美しい学校の先輩に思いを寄せる男の子と、
その友達にして相手の女性の弟である男の子の物語。

まぁ、現実なんてこういうものです!(笑)。がんばれ、少年!


・伊坂幸太郎
『ライフ システムエンジニア編』『ライフ ミッドフィルダー編』

小学校の頃からの友人である、エンジニアとサッカー選手の物語。

こういう伊坂さんもいいなぁ…。すがすがしい感じがしました。
なんだか明日もがんばるぞ!というキモチになれます。


・三浦しをん 『お江戸に咲いた灼熱の花』『ダーリンは演技派』
時代劇ドラマに出演中の人気俳優とその恋人のくりひろげる、
ちょっとおかしな物語。

いいなぁ!これも好きです。いいなぁ、うん、いい!
この短さでこれだけまとまってるなんて、すばらしい!
この作品がこの中では二番目に好き…かも。


・阿部和重 『監視者/私』『被監視者/僕』
監視するものとされるものとのささやかな物語。

すごく短いのに、秘密めいていて奥が深そうでどきどきしました。
なんかもっと壮大な物語にもふくらみそう。


というわけで、こんな十二編。どれもほんとうに短いですが(むしろこれだけ短く書くというほうが大変なのでは…と思いました。)、楽しめました!
文庫本ですし、気楽に読めてオススメです。(図書館で借りたのですが、手に取るまで単行本だと信じてうたがわなかったわたし。びっくりしました…(笑)。)
| その他(アンソロジー) | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
この短編集すごく豪華ですね!!
びっくりしました〜。
ぜひぜひ読んでみたいものです。
| そらねこ。 | 2005/09/22 3:56 PM |
そらねこ。さん、こんにちわ!
ほんと、豪華このうえないですよ〜。
そして文庫本…お買い得っ!(って借りた人間が言うのもナンですが!)
| chiekoa | 2005/09/22 5:28 PM |
豪華メンバー買いですね!
(私も図書館ですが…)
短い中にちゃんと世界を作る。
確かに難しそうです。
| なな | 2005/09/23 1:02 AM |
ほんとに短いですもんね…。
2ページめくったら、あれ?終わり??みたいな!
それでも読ませるものとそうでないものと…。
作家さんの力量??向き不向き??おもしろかったです。
| chiekoa | 2005/09/26 6:25 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「秘密。」
秘密。posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.25吉田 修一 / リクルートメディアファクトリー (2005.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 超豪華執筆陣である。私にとってはこのメンバーだけで即買ってしまう。 吉田修一、森絵
| 本を読む女。改訂版 | 2005/09/22 5:46 PM |
「秘密。私と私のあいだの十二話」
秘密。―私と私のあいだの十二話ダヴィンチ編集部 日本テレコムのサイトとダ・ヴィンチに載った短編。吉田修一、森絵都、佐藤正午、有栖川有栖、小川洋子、篠田節子、唯川恵、堀江敏幸、北村薫、伊坂幸太郎、三浦しをん、阿部和重。帯に「作家十二人のA面小説、B面小説
| ナナメモ | 2005/09/23 1:03 AM |
[本]「秘密。―私と私のあいだの十二話」
秘密。―私と私のあいだの十二話 ダヴィンチ編集部 / メディアファクトリー12人の作者によるアンソロジー。 執筆者は吉田修一、森絵都、佐藤正午、有栖川有栖、 小川洋子、篠田節子、唯川恵、堀江敏幸、北村薫、 伊坂幸太郎、三浦しをん、阿部和重(敬称略)。 ど
| Four Seasons | 2006/02/04 7:19 PM |
吉田修一ほか『秘密。私と私のあいだの十二話』○
 著者は、吉田修一、森絵都、佐藤正午、有栖川有栖、小川洋子、篠田節子、唯川恵、堀...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/07/13 11:18 PM |