プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 恋恋蓮歩の演習 [森博嗣] | Top | カチューシャ [野中ともそ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ちーちゃんは悠久の向こう [日日日]
4797495588ちーちゃんは悠久の向こう
日日日
新風舎 2005-02

オカルト大好き・幽霊好きの幼馴染・ちーちゃんに小さいころから振り回されている「僕」。高校生になったある日、ちーちゃんに起きたある出来事から彼らの「日常」は変ってしまい…。

とりあえず「高校生作家衝撃のデビュー」とか激しく売り込みされると、どうしても色眼鏡で見てしまうダメなわたしなので、そういうのはやめてほしいなぁ、無理だろうけど…と全然関係ないことを最初に思いました。そういう変なかまえはしたくないのに、つい「高校生らしい」とか「らしくない」とかそういう観点から読んでしまいがちなのです…。そんな自分がイヤなのです…。

しかしもう最初にそうインプットされてしまったのは仕方ないので、読んでしまったのですが、感想は「高校生らしくない言葉使いするなぁ」でした。(やっぱり…(涙)。)でもそれはそれで素晴らしいですよね。立派だ!(こういう評価をする時点で間違ってるんですけど。あぁ。)

ストーリーは、ありえるとかありえないとか、そういう問題じゃないところですごいなぁと思いました。ものすごく怖いことを書いているはずなのに、全然そう感じられないことが逆に怖くて。主人公の「僕」の一人語りなのですが、これがまた時間や場面があっちいったりこっちいったり。翻弄されるのは狙いなのかしら…。だとしたらすっかりやられたと思います。

難をつけるとするならばタイトルでもある「ちーちゃんは悠久の向こう」というフレーズがいやに何度も出てくること…かな。こういうのは一箇所に一発ガツン!とでてきて「やられた!」と思いたいものなのですが、いや、そういう固定概念がすでにおばさん…??若いってこういうこと…??

とか、そういう関係ないことばっかり考えてしまいました。もったいない…。「本」の外の世界の現実が「本」の世界に入るジャマをするのです。こんな自分がにくい…(涙)。

もう一度、まっすぐこの本に向き合って読んでみたいです。そこからやり直しだ!(じゃないと作者さんに失礼だ!)そして他の作品も読んでみたいです。

【追記】
久美沙織さんの解説がなかなか読み応えがあっておもしろかったです。なつかしいなぁ、久美さん。『鏡の中のれもん』(コバルト文庫)とか、夢中で読んだものです…。遠い昔に…。
| あ行(その他) | comments(7) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
高校生だろうが、中学生だろうが、作品で評価をすべきなんだよな。今度の「文藝賞」が中学三年生の受賞と聞いたが、「このミス大賞」の特別奨励賞は13歳中学一年生。応募時点は12歳だそう(小学6年?)。作品が勝負だし、作品が力があるなら、それでいい。
作家自身や作家のバックグラウンドって、作品とは関係ない。と力強く、言いたいなぁ。
個人的には、できるだけ賞関係のニュースには耳を傾けないようにしています。
| すの | 2005/09/27 9:11 AM |
そうなんですよね…。
つい惑わされて色眼鏡で見てしまう自分を反省…。
| chiekoa | 2005/09/27 11:29 AM |
覆面作家、坂木司いいよ。バックグラウンド見えないから。引きこもり探偵三部作や、新シリーズ「切れない糸」って、これシリーズ化されるのかなぁ?
| すの | 2005/09/30 12:50 PM |
読みましたー。
帯がなかったので,ちえこあさんみたいに「本以外の現実」をあまり見ずに読めてよかったです。
この文体,なんだか西尾維新さんに似てるなぁ…
と思いました。流行ってるのかも。80年代生まれに。
しかしなかなか感想が書きにくい作品ですね〜。
わたしも解説を楽しんだクチです♪
| mamimix | 2006/01/28 5:15 AM |
私、西尾維新さんて、読んだことないんですよね。
mamimixさんのところではよく目にするような…。
そんなわけで読んでみたいんですけど、入門はどれからがよいのでしょうか?
| chiekoa | 2006/01/30 11:49 AM |
やっぱり入門だと「クビキリサイクル」ですかねぇ…
でもこの作品,本当に評価分かれると思います。
わたしも最初ううーむと思ったクチですから。
なぜか読んでしまっているんですけれどね(笑)
戯言が本当に多くて,その言葉遊びみたいなのが大丈夫なら楽しめると思います!
おひまなときに,よかったら。
| mamimix | 2006/01/30 10:07 PM |
ありがとうございます!読んでみます♪
| chiekoa | 2006/02/01 2:30 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ちーちゃんは悠久の向こう」 日日日
ちーちゃんは悠久の向こうposted with 簡単リンクくん at 2006. 1.22日日日著新風舎 (2005.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/01/28 5:10 AM |