プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ペンギンの憂鬱 [アンドレイ・クルコフ] | Top | 本当はちがうんだ日記 [穂村弘] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
はなうた日和 [山本幸久]
4087747670はなうた日和
山本 幸久
集英社 2005-07

世田谷線沿線に暮らす人々の、ささやかな日々を描いた短編集です。

お母さんとケンカして、離婚したお父さんのところに家出した男の子。その家で彼が出会ったのは…「閣下のおでまし」。恋人を失いスナックで働く女性の恋の物語「犬が笑う」。定年退職まであと十日というところで部下の若い女性にもちかけられた相談とは…「ハッピー・バースデー」。雑貨やでパートを始めたバツイチ女性の物語「普通の名字」。退屈な会議を抜け出して、犬に逃げられたおじさんの手伝いをしようとした青年ですが…「コーヒーブレイク」。女優になるはずが、冴えないタレントとしてカメラ小僧の被写体になっている女性がある日デパートで出会ったのは…「五歳と十ヶ月」。デブで仕事もうまくいかず、すっかりくさっていた彼を変えたものは…「意外な兄弟」。先に逝ってしまった夫との思い出に思いを馳せる老女の物語「うぐいす」。

それぞれがちょっとずつリンクしているようなしていないような…そんな物語たち。ちょっぴり切なかったり、でもくすりと笑えたり、あったかい気持ちになったり、元気をもらったり。どこにでもいる普通の人々の、こういう姿というのはやっぱりいいものだなぁと思いました。

一番好きだったのは「意外な兄弟」。ラスト、彼に拍手を送りたい気持ちになりました!(ところで世田谷もなかは実在するのか?!)

なんでもない気分のときに、なんとなく読むのがいいような、さりげない物語。読み終えて、タイトルのとおり、はなうたを歌いながらお散歩にでかけたくなる、そんなお話たちでした。
| や行(山本幸久) | comments(10) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
いま、検索してみたんだけれど
実在しないみたいですね。
≪世田谷最中≫でも≪世田谷もなか≫でも
お菓子そのものにはヒットしませんでした。

でも沿線にお住まいの方には
街の佇まいが
「あぁ、あそこあそこ!」
なんて思えるのかもしれませんね。
| ふらっと | 2005/10/02 5:07 PM |
区役所の前とか書いてありましたもんね。
行った事あるんですけどないような気が…。
やっぱりないんですね、しょんぼり。
調べてくださってありがとうございました!

でもその近くにあるたいやき屋さんは絶品です。オススメです!
| chiekoa | 2005/10/03 1:20 PM |
chiekoaさん…こちらからコンニチハ。
最近ほんわか本を読む機会がとっても増えてまして(笑)
ドキドキのミステリィがめっきり減ってます。
世の中全体がそうなのか私自身が欲してるのかよくわからなくなっちゃって(^^ゞ。
でもねこの手の本は読後感は非常に爽やかなんですけど…記憶へのとどまり方は若干弱いような気がしませんか?
すぐ忘れちゃうのは私だけかぁ。
chiekoaさんの感想を読んで・・・「おぉそう言えばそうだった」と思い出してました。
| ユミ | 2005/10/04 12:49 PM |
いや、私もすぐ忘れちゃいますよ〜。
あんまり印象に残らないというか、まぁそこがいいところでもあるのでしょうけど!(強烈なのはあんまり「癒し」になりませんもんね…。)
だから無理やり「あらすじもどき」を上に書いていたりするわけで…。
まぁそれでも忘れちゃうんですけどね!
| chiekoa | 2005/10/04 4:21 PM |
chiekoaさん、こんばんは。

世田谷もなか、私も気になりました。
ないんだ…残念…

私も自分の為に「あらすじもどき」書きましたよ!これがなければ、はて?なんの話だったか…ってなりますからね。かなり重要です!!!
| なな | 2005/10/21 6:32 PM |
ななさん、ほんと「あらすじもどき」重要です!(笑)
たまに疲れてると書けないときもありますけど…。
それはそういう運命だったということで…ほほほ。
| chiekoa | 2005/10/25 5:19 PM |
chiekoaさんお久しぶりです。ぼくも、すっかりあらすじだけの書評になってしまいました。悪くはないけど、それほどでも・・というのが正直な感想。
| すの | 2005/11/28 8:47 AM |
では忘れてしまったらすのさんのところを見に行きます…!
(他力本願?!)
| chiekoa | 2005/11/28 5:36 PM |
chiekoaさん、こんにちは、
TBありがとうございました。
本書は、本当に面白かったです。
わたしも、書評であらすじのまとめには、苦労します。
特に、短編集とミステリには、、。
| indi-book | 2006/04/17 5:39 PM |
そうですよね〜、短編集は数が多いとちょっと…(笑)。ミステリィはネタバレしないようにって気を使いますし。(それでもしていそうで怖い…)。
山本さんは他の作品もなんだかいい感じなので、読み続けていきたいとおもいます!
| chiekoa | 2006/04/18 1:09 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
下手人
『まぼろし鏡 庄司圭太』光文社 つか、ネタ?「東トルキスタン解放 しゃばけ [畠中恵] [今日の研究室] サン=サーンス追記 休みの日は24時間ない 台風だァ take 3 9/24 『天保十二年の 『ひとでなし 公事宿事件書留 [日記]チャリをパクられる
| 下手人 | 2005/10/01 10:59 PM |
はなうた日和*山本幸久
☆☆☆・・
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/10/02 5:09 PM |
はなうた日和/山本幸久
装丁とタイトルが和み系オーラを放ってます。こういう本は思わず手に取りたくりますねー。さて中身は…世田谷線沿線を舞台にした短編集。日常のたわいない物語も世田谷という土地柄なんとなくスマートに描かれてます。やんわりと生き方が問われているようにも感じる…癒
| ひまさえあれば | 2005/10/04 12:40 PM |
「はなうた日和」 山本幸久
はなうた日和posted with 簡単リンクくん at 2005.10.14山本 幸久著集英社 (2005.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/10/14 8:16 PM |
「はなうた日和」山本幸久
はなうた日和山本 幸久 世田谷線沿線で生活する人の物語。「しかたのない水」の調布も懐かしい場所だけど、世田谷線も懐かしいです。大学が世田谷線の上町の近くだったのです。物語に出てくる二子玉川、用賀、三軒茶屋なんかをフラフラしていました。私が知ってる世田谷
| ナナメモ | 2005/10/21 6:32 PM |
はなうた日和 
はなうた日和 山本幸久 集英社 2005年7月 小学生の子供から老人に至るまでさまざまな人たちが主人公の、世田谷沿線を舞台にどこかつながりのある8つの短編集。 「閣下のお出まし」十歳の一番が、家を飛び出し、別れて暮らしている父さんに会いに行
| <花>の本と映画の感想 | 2005/11/09 8:39 PM |
「はなうた日和」山本幸久
「はなうた日和」山本幸久(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編集、世田谷線沿線 本読み人仲間mamimixさんオススメの前作「笑う招き猫」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/6231142.html ]で第16回すばる新人賞でデビューした山本幸久の二作目。
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/11/28 8:43 AM |
■ はなうた日和 山本幸久
はなうた日和山本 幸久 集英社 2005-07by G-Tools 世田谷線沿線を舞台に、ごく普通の人々の、一生懸命な日常を描いています。表紙とタイトルどおりの、穏やかな短編集で、私は好きです。 山本幸久さんの作品を読むのは、「凸凹デイズ」「笑う招き猫」に続いて3作
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/16 9:55 AM |
はなうた日和
山本 幸久 はなうた日和   「はなうた日和」  山本幸久・著  集英社・出版  『世田谷線沿線の小さな物語たち』  北上次郎さんが「大器の片鱗」との言葉を与えていたので 読んでみました。  短編集なのですが、どの作品にも世田谷線が登場しま
| 個人的読書 | 2006/04/16 11:25 PM |