プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ねこのばば [畠中恵] | Top | 六人の超音波科学者 [森博嗣] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
あなたと、どこかへ。
4163239502あなたと、どこかへ。 eight short stories
片岡 義男 甘糟 りり子 林 望
文藝春秋 2005-05-26

日産の『ティアナ』のサイトで公開されていた短編をまとめた本だそうです。
収録作品は以下の通り。

吉田修一  『乙女座の夫、蠍座の妻。』
角田光代  『時速四十キロで未来へ向かう』
石田衣良  『本を読む旅』
甘糟りり子 『慣れることと失うこと』
林望     『この山道を…』
谷村志穂  『娘の誕生日』
片岡義男  『遠い雷、赤い靴』
川上弘美  『夜のドライブ』

それぞれ「車」というものをモチーフに描かれた物語です。いろんな作家さんのいろんな味が楽しめて、とてもお得な本でした。

どうして車に乗るのかも、誰と車に乗るのかも、さまざまです。一人で乗ったり、大切な誰か(それは恋人だったり、家族だったり、懐かしい人だったり…)と乗ったり。笑ったり、泣いたり。どれも短いお話ですが、ささやかで暖かい光のような、そんなお話たちでした。

運転席でも助手席でも、「車に乗る」ということが、なんだかとてもうれしいことのような、幸せなことのような気がしてきました。ドライブに行きたいな…!
| その他(アンソロジー) | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
 こんばんは。
車に弱い(すぐ酔います)私も、ドライブに行きたくなりましたよ。
私はなぜか“家族”と行きたい気分になりました。

T.B.させて頂きますね。
| ☆すぅ☆ | 2005/10/08 1:37 AM |
わかります!!!
特に最後の川上さんの、お母さんとのドライブがすごく印象的で、私も母を乗せてどっか行ってみるか…!と
思いました。
| chiekoa | 2005/10/11 11:29 AM |
免許取って以来6年間,ろくに運転したことないのでドライブ=死出の旅,みたいなイメージがあります(割と本気で)。誰かの車に同乗するのもいいですが,やっぱり自分で運転して好きなところ行きたいですねー。そういう気持ちを思い出しました。田舎帰って練習します!
| mamimix | 2006/03/12 11:46 PM |
最近の車は頑丈にできているので、そうそう死なないはず!と信じて日々運転しています。頼むよ…>マイカー。

いやでもですね、自分で運転も、そればっかりだと…やっぱり女の子は助手席ですよ!偏見?!
| chiekoa | 2006/03/13 6:21 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『あなたと、どこかへ。』
たくさんの思い出ともにある hReview by ☆すぅ☆ , 2005/10/02 あなたと、どこかへ。 eight short stories 片岡 義男 甘糟 りり子 林 望 文藝春秋 2005-05-26           日産TEANAのスペシャルサイト発信の8人の作家の
| 「女流作家」の楽しみ方! | 2005/10/08 1:38 AM |
「あなたと、どこかへ。」 吉田修一ほか
あなたと、どこかへ。posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.25吉田 修一著 / 角田 光代著 / 石田 衣良著 / 甘糟 りり子著 / 林 望著 / 谷村 志穂著 / 片岡 義男著 / 川上 弘美著文芸春秋 (2005.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/03/13 12:03 AM |