プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< あなたと、どこかへ。 | Top | 指輪をはめたい [伊藤たかみ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
六人の超音波科学者 [森博嗣]
4061822047六人の超音波科学者
森 博嗣
講談社 2001-09-05

山の奥深くにある研究所に招待された瀬在丸紅子たち。仮面の博士が主催する、パーティの最中に、研究所に通じる唯一の橋が爆破されます。さらに所内で死体が発見され…。

Vシリーズ第七弾。
今回はおなじみの面々に襲い掛かる危機!みたいなのに、すごくどきどきはらはらしました。そして紅子さん、大活躍!かっこよかった…。

「大切だからって、いったい何なのでしょうか?大切なものって、何が大切なのですか?大切に思うことが大切なのかしら?それとも、大切だと教えることが大切なの?私の申し上げていることがわかりますか?」
なんかすごく迫力が伝わってきて、自分が問い詰められているようにどきどきしてしまいました。紅子さんが活躍するとうれしくて、七夏が失敗するとうれしいわたし。(どうなんでしょう。)

そしてエピローグ、まるで詩のような…。しばし余韻にひたりました。

私は紅子に幸あれと願う。
しかしそれは、彼女には影響しないし、私にも影響はない。
それなのに、
人はいつも必死になって、
ときには命に替えても、
自分の生命以外のものを、
いずれにも影響しないものを、
祈り、願う。
人間には、それができる。


「Vシリーズ」読了分リスト
1. 黒猫の三角 Delta in the Darkness
2. 人形式モナリザ Shape of Things Human
3. 月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks
4. 夢・出会い・魔性 You May Die in My Show
5. 魔剣天翔 Cockpit on Knife Egde
6. 恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits
7. 六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists 
| ま行(森博嗣(Vシリーズ)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック