プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 指輪をはめたい [伊藤たかみ] | Top | とっても不幸な幸運 [畠中恵] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
シルエット [島本理生]
4062109042シルエット
島本 理生
講談社 2001-11

元恋人の冠くんと別れ、半ばやけでつき合った遊び人の藤井。今の恋人、大学生のせっちゃん…人を強く求めることのよろこびと苦しさを、女子高生の内面から鮮やかに描く群像新人賞優秀作の表題作と15歳のデビュー作他1篇を収録する、せつなくていとおしい、等身大の恋愛小説。

だそうですが、うーん、なんというか…。あとがきに

他人というのは異物だから、絶対に溶けあうことのない部分がある以上、深く受け入れようとすると、どうしても苦しまなければならない。その息苦しさや、それでもだれかを強く必要とする気持ちを、この本から感じ取っていただけたら嬉しい。
という作者さんからの言葉があるのですが、私にはそれがまったく感じられなかったな…と。残念…。これに「リアリティ」を感じるには、歳をとりすぎましたでしょうか。とほほ。ガラスの向こうのお芝居を見ているような気分でした。文章とか雰囲気とか、そういうのはすごくうまいなぁと思うんですけど…。

正直…楽してずるいようにしか思えず。いや、それはそれでいいんだと思うんですけど、それを選んどいて苦しいとか思っちゃいけないだろうと。

そしてなんかラストが『ナラタージュ』とかぶるなぁ…。いや、『ナラタージュ』の方が後ですし、違うといえば違うんですけど、すごく思い出しました。

ちなみに「ヨル」と「植物たちの呼吸」という短編もいっしょに収録されているのですが…ごめんなさい。もう内容忘れちゃいました…。(はやっ!)
| さ行(島本理生) | comments(4) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんにちは ^^
「ナラタージュ」とかぶってましたか・・・
わたしは「ナラタージュ」は未読なのですが、
この作品、「生まれる森」とちょっと感じが
似ているなあと読んでいて思いました。
短編2本は少々印象が薄かったので、わたしもすぐ内容を
思い出せなくなってしまいそうです。
| tamayuraxx | 2005/11/27 6:31 PM |
だんとつで『ナラタージュ』がよかったです。はい。
ぜひぜひ読んでみてください!
| chiekoa | 2005/11/28 5:35 PM |
chiekoaさん、はじめまして。
ラストが『ナラタージュ』とかぶるという感想、
同感です。何か似たものを感じますよね。
ただ、『ナラタージュ』よりも残酷という意味での
切なさは『シルエット』の方があるかもしれませんね。
余韻という意味でなら断然『ナラタージュ』ですが
| tomoya | 2006/02/01 11:39 PM |
確かに、若さゆえに残酷…なのかもしれません。
『ナラタージュ』再読してみたくなりました。
| chiekoa | 2006/02/03 4:27 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
シルエット 島本理生
シルエット島本 理生 講談社 2001-11by G-Tools けっこう切ない、恋愛小説。・・・とりあえず、読んでいる間は。 恋愛小説とはいえ、ネタばれはいけない本のような気がするので、詳しくは書きません。10代の人にはオススメ、かなあ。 終わってみると、大人が
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/10/12 12:55 PM |
「シルエット」 島本理生
シルエットposted with 簡単リンクくん at 2005.10.23島本 理生〔著〕講談社 (2004.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/10/24 9:35 AM |
「シルエット」島本理生
シルエット発売元: 講談社価格: ¥ 440発売日: 2004/11おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/11/26 本には読みあわせってのがあって、「サウスバウンド」「ユージニア」を 立て続けに読み余韻が怒涛のように押し寄せてる私、それを鎮めて くれるような本を
| 本を読む女。改訂版 | 2005/11/26 2:02 AM |
[本]島本理生「シルエット」
シルエット 島本 理生 / 講談社長編で表題作の「シルエット」、短編の「植物たちの呼吸」 「ヨル」の計3本を収録。 「シルエット」は彼氏と別れ、半ば自暴自棄となって 次々に恋人を作っては別れ、を繰り返す女子高生の話。 正直、以前に読んだ「一千一秒の日
| Four Seasons | 2005/11/27 6:24 PM |
シルエット/島本理生
島本作品の原点、ここにあり <あらすじ> あることがきっかけで、女性に触れることに嫌悪感を抱く冠くん。 冠くんと別れた後、やけ気味に2週間だけ付き合った金持ちで自意 識過剰の藤野。そして、今、つきあっているのはバイト先で知り合 った大学生のせっちゃ
| 智庵 | 2006/02/01 11:35 PM |
シルエット 島本理生
 シルエット 島本理生  講談社 2001.10  シルエット  植物たちの呼吸  ヨル 5冊目ともなると、もうすっかり安心して読み始めることが出来ますな。 私の本読みタイムは主に就寝前の1~2時間なんだけど、本を読みながらうっかり寝落ちしてしまってもそれが島
| イチゴイチエ | 2006/02/03 1:08 AM |
シルエット
島本理生『シルエット』(講談社 2004) 評価:★★★☆☆ 個人的に好きな雰囲気を醸し出している作品です。 群像新人賞を受賞した作品のようで、あ〜なるほどって感じ。群像新人賞ってこういう雰囲気重視の作品が多いですよね。村上春樹とか龍とか。そういう
| のほほんの本 | 2007/04/18 8:05 PM |