プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< トリップ [角田光代] | Top | 女王様と私 [歌野晶午] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ホームタウン [小路幸也]
4344010302ホームタウン
小路 幸也
幻冬舎 2005-08

重い過去を背負い、分かれて暮らす兄妹の征人と木実。兄の元へ久しぶりに届いた妹からの手紙の内容は、結婚するという知らせ―。ところがその矢先に木実が行方不明になり、また婚約者の青山とも連絡がつかなくなります。二人を捜すために奔走する征人。いったい何が起こったのか?

先が気になって気になって、一気に読みました。読みながらずっと、ちょっとだけひっかかってしまっていたことは、そんなにも「血」というものに人は縛られてしまうのだろうか?ということでした。重たい過去なのはわかります。不幸な出来事なのもわかります。でもだからといって、その血が自分に流れているということを、そんなに思い悩んでしまうものなのでしょうか?私が幸せに育ってしまっているだけなのかもしれません。でも事件は起こってしまったけれど、彼ら兄妹にだって、そこに至るまでの幸せな時間はあったはずで、そんな記憶は何の助けにもならなかったのかなぁ…と、とても悲しい気持ちになりました。もっと自信をもって欲しい!って。

そんなわけで、主役たちの気持ちがいまいち理解できなかったダメ読者な私ですが、彼らを取り巻く人々の暖かさや、かっこよさにはやられました。人は一人で生きているんじゃないんだなぁ…、こんなに素晴らしい人が回りにたくさんいて、幸せモノじゃないか、いつまでもぐじぐじ引きずるなぁ!と、ハッパをかけたい気持ちでずっと読んでいたので、ラストには救われる気持ちになりました。そうだよ、血の繋がりが全てじゃない、それだけじゃないんだよって。

もうとにかく、彼らには幸せになってほしい気持ちでいっぱいです。
これ、いっそシリーズで続いてくれないかなぁ…。
| さ行(小路幸也) | comments(5) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
いつも拙著を読んでいただき、ありがとうございます。
読んでくれた方の率直な感想は本当に力になります。
残念ながら「ホームタウン」のシリーズ化の予定はないんですが
彼らは間違いなく、しっかりと生きていくだろうと僕は思っています。
これからも楽しんでもらえる作品をお届けしようと思います。
どうぞよろしくお願いします。
| 小路幸也 | 2005/10/31 12:01 AM |
小路さん、はじめまして!
うわぁ〜!こんな拙い感想に、コメントいただき大変うれしいです!!!
ありがとうございます。
ここには感想書いてませんが、パルプタウンシリーズも含めて、既刊のものは全部読ませていただいてます!小路さんの本に出会えてよかったなぁと思う今日この頃です。(出会い遅かったんですけれど。)

シリーズにはならないのですね…残念!
征人が主人公で、みんなで力をあわせて何かを解決していくようなシリーズにならないかなぁと思って…だってみんな大好きなんですもの!
でもこれからしっかり生きていってくれるのならば、(そう信じられるラストでしたし)、会えないのはさみしいけれど大丈夫ですね。

これからも楽しみにしています!
| chiekoa | 2005/10/31 12:10 PM |
うひょー(って死語ですか?)
すごい!ご本人からメッセージもらってる!!!
うわぁーなんだか感動しました。
| なな | 2005/11/18 9:06 PM |
私も「うひょー!」とか言います。死語じゃないです!
うれしいですよね、うれしいですよね、うれしいです…。
ますますしっかり読まねば!向き合わねば!と思いました。
| chiekoa | 2005/11/19 6:23 PM |
遅まきながら、やっと入手、読了。
個人的には、もう少し、もう少し。
わがままな読者です。
| すの | 2005/12/25 10:48 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[読書] 『ホームタウン HOME TOWN』 小路幸也
ISBN:4344010302:detail  詐欺だ。帯に書いてあるのに。これは『Φは壊れたよ』の帯(初版)と同じくらいの詐欺だ。  ちなみにこんな帯です。  僕らはあの夜、故郷の街を逃げだした。  もう二度と、帰れないと思いながら――。  ”あの頃”を忘れられない、すべ
| 本読みと受験生と本読み | 2005/10/17 10:50 PM |
ホームタウン 小路幸也
ホームタウン小路 幸也 幻冬舎 2005-08by G-Tools ネタバレあり! オススメ!オススメ! ずっと同じ町に暮しながら、5年も会っていない妹・木実から「結婚します」という報告の手紙を受け取った柾人。複雑な心境でそれを受け取った直後に、妹、そしてその婚約
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/10/30 9:29 PM |
「ホームタウン」小路幸也
ホームタウン小路 幸也 北海道のデパート三国屋で内部調査をする行島柾人。中学時代の両親が起こした事件により、家族も故郷も失ってしまった。ある日、ずっと離れて暮している妹から「結婚する」という手紙をもらった。そして妹と妹の婚約者の青山さんが失踪する。な
| ナナメモ | 2005/11/18 9:07 PM |
ホームタウン 小路幸也
柾人は幼い頃の両親の死がトラウマとなって生きている。たった一人の妹、木実が失踪した。そして木実の婚約者も行方不明に。デパートの「特別室」に勤務する柾人が二人の行方を調査する中から、浮かび上がる事実とは…。 この作品は快作といっていいでしょう。作品自
| *Happy Light* | 2005/12/25 5:30 AM |
「ホームタウン」小路幸也
「ホームタウン」小路幸也(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、家族、北海道、血 ちょっと、期待しすぎたかな・・。正直な感想。 ネットの本読み人仲間の感想を読むと概ね、好評。 ぼくは、またもやへそ曲がり。 好きな作家の一人、
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/12/25 10:43 AM |
「ホームタウン」 小路幸也
ホームタウンposted with 簡単リンクくん at 2005.12.18小路 幸也著幻冬舎 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/12/25 11:48 AM |