プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ホームタウン [小路幸也] | Top | 沼地のある森を抜けて [梨木香歩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
女王様と私 [歌野晶午]
4048736280女王様と私
歌野 晶午
角川書店 2005-08-31

真藤数馬はいわゆる「ひきこもり」。ある日、大事な妹・絵夢と出かけた先で彼が出会ったのは…。
 
いや、もう、とにかくびっくりしました。平らな道をまっすぐ歩いていたと思ったら、急に段差があってガクンと落ちたみたいな気分を、何度も何度も味わいました。少なくとも十回は落ちた(落とされた)と思います。かなりひどく腰を打ちました。ほんとに。もう。度肝を抜かれっぱなしでした。

しかし、うーん、何を書いてもネタばれになってしまいそうで、なんだか何も書けません(笑)。さすがはあの『葉桜』の歌野さん。またまた楽しませてもらいました。すごかったです。これぞエンタテインメント?!表紙の裏まで楽しめます。(図書館で借りたので全部をちゃんと見られなかったので、思わず本屋で見てしまいましたです。)

私の想像力が貧困で、数馬のビジュアルを具体的に想像できなかったことが救いです。はい(笑)。それにしても「女の子の舌足らずな感じのしゃべり」をあそこまで活字にできるとは…!

ぅたのさんゎぁ、まぢすごいぉ!
(って自分で書いてて気持ち悪い…。)
| あ行(その他) | comments(2) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こん**は。TBさせていただきました。
ほんと、驚きどころ満載ですよね。
私もなる〜べくネタバレしないように書いたつもりなのですが、
だいぶ苦労しました。
『葉桜〜』読んだ頃、blogやってなくて良かったと思いましたよw
| こばけん | 2006/03/02 6:57 PM |
『葉桜』読んだ頃ブログやってた私です(笑)。
でもいろんな人の感想読むと、みな書くのに苦労していて、その仲間に入れたみたいでうれしかったですよ(笑)。
| chiekoa | 2006/03/03 5:31 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「女王様と私」歌野晶午
女王様と私発売元: 角川書店価格: ¥ 1,680発売日: 2005/08/31売上ランキング: 1,891おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/27 この作者の歌野氏って、私の中では「葉桜の季節に君を想うということ」という 一発のど派手ヒットをぶっ放した「一発屋」って
| 本を読む女。改訂版 | 2006/01/30 3:25 AM |
「女王様と私」 歌野晶午
女王様と私posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.31歌野 晶午著角川書店 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/02/14 6:29 AM |
【読んだ本】女王様と私/歌野晶午
あいかわらず歌野晶午は 登場人物の年齢性別が判らない。 ここが彼の巧いところなのでしょう。 本作『女王様と私』も驚きどころが満載です。
| こばけんdays | 2006/03/02 6:47 PM |
■ 女王様と私 歌野晶午
女王様と私歌野 晶午 角川書店 2005-08-31by G-Tools 真藤数馬44才。ロリコン、オタク、パラサイト。ほぼひきこもり。「妹」の絵夢と、2人だけの妄想の世界で生きています。この「妹」、実はフィギュアなのですが、彼は「妹」の魂がそれに宿っていると本気で信じて
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/12 10:52 PM |
女王様と私、歌野晶午
装画:ena。2003年刊行の「葉桜の季節に君を想うこと」が「このミステリがすごい!」「本格ミステリベスト10」で第1位、第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ
| 粋な提案 | 2006/04/20 5:59 PM |
「女王様と私」歌野晶午
「女王様と私」歌野晶午(2005)☆☆★★★ ※[913]、国内、現代、小説、ロリ、オタク、ニート、DV、妄想、ミステリー 正直、読む価値のない本。以上 終わり。 というくらい、どうでもいい本。常々語る通り、ぼくは物語が好きで、物語はやはりきちんと物語して
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/06/07 2:02 PM |
歌野晶午『女王様と私』●
 2005.8.31初版、10.10第二刷。初出「野生時代」05年4月号〜6月号...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/09/13 11:10 PM |