プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 女王様と私 [歌野晶午] | Top | これを読んだら連絡をください [前川麻子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
沼地のある森を抜けて [梨木香歩]
4104299057沼地のある森を抜けて
梨木 香歩
新潮社 2005-08-30

一人暮らしをしていた叔母を亡くした久美。彼女が叔母から引き継いだものはマンションの部屋と、代々伝わってきた「家宝」のぬか床だったのですが…。

なんだか、読み始めたときと、読み終わったときと、全く違うものを読んでいたような気持ちになりました。すごく遠くに連れて行かれたというか…。すごくすごく深いところまで行ってきたなぁという気持ちです。

自分とは何か、他人とは何か、それを隔てる境界とは何なのか。太古の昔から、現在に至るまで、脈々とつながる生命の不思議。そんな壮大なテーマの物語をはじめから最後までひっぱっていくのが「ぬか床」なんですから、びっくりです。こんな小説、滅多にあるものじゃないです。すごいです。

最初の一つの細胞が抱えた、全宇宙にたった一つの存在であるというすさまじいまでの圧倒的な孤独。そしてその細胞が願う「増殖」。その孤独と願いがほんとうに一つの存在の中に両立してあるとしたら、それはどんなに苦しいことだろう―。そんな、久美が思ったのと同じことを私も思い、なんだか胸が苦しくなりました。すごく暗い穴の淵を覗き込んでしまったような…そんな気持ち。でも決して嫌な気持ちではなく…難しいですけど。

自分という存在がすごくもろくて頼りないものに思えるような、ふっと消えてなくなるような、そんな気持ちにさせる本でした。
| な行(梨木香歩) | comments(11) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
自分の存在を孤独なもの=はかないものと感じさせる、という指摘に思わず「ああ!」と唸りました。思えば、梨木香歩さんの作品の根底にはいつも「はかなさ」が横たわっているような気がします(よね?)
| street-kids | 2005/10/17 10:55 PM |
梨木さんすばらしいです。
顕微鏡でしか見えないミクロの世界へ連れて行かれたかと思えば
宇宙規模の壮大な世界にいつのまにか漂っているような
とても不思議な心地で読みました。
| ふらっと | 2005/11/24 6:19 PM |
はじめまして。
ときどき、訪ねさせてもらっています。
世界に一つだけの、本当に素敵な図書館ですね。
読書録から、本への愛情がすごく伝わってきます。

僕は、固い文章になってしまったのですが、ようやく『沼地』の読書録を書けました。よかったら、TBさせてください。
| easily | 2005/11/26 2:02 AM |
ふらっとさん、その言い方、まさに!って感じです。
ぐいっと引き込まれました…!はぁ…〜。

easilyさん、はじめまして!
コメント&トラバありがとうございました!
お褒めいただいて恐縮です…うれしいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
| chiekoa | 2005/11/26 3:53 PM |
「ぬか床」から生命の始まりへ…
本当に遠いところまで連れて行かれてしまい、戻ってくるのが大変でした。
| なな | 2006/02/08 11:10 PM |
お久しぶりです。この本は面白いけれど感想をまとめるのが難しいです。私はTBした程度で正面からまとめていません。
| saheizi-inokori | 2006/02/10 1:17 PM |
saheizi-inokoriさん、こんにちわ!

ほんと感想書くの難しいですよね。
私もそういう場合は「感想書くの難しいです」って書いて終わりにしてしまいます。だってほんとにそれしかかけないんですもん…。私の心の中にはちゃんと言葉にならない「感触」として残っているからよし!としています。逃げですかね?!
| chiekoa | 2006/02/10 6:17 PM |
感想難しいよといいつつ無理やり書いたら,読んだ感動を伝えられずにギャグになった哀しいあたしです。ううう…みんなちゃんとまとめてる!すごい!!精進します。。
| まみみっくす | 2006/05/20 3:16 PM |
ちゃんと…まとまってないです。全然。
でも読んでこれだけ心に残る、ってやっぱりすごいですよねぇ。読んで、読み終わっただけって本だってありますから。はは…。
| chiekoa | 2006/05/22 4:38 PM |
久々に内容が理解できない本に出会いました・・・。
途中から話が大きくなってきて、ぜんぜん想像がつかず。
でも、この世界観はきらいじゃないです。
| あおちゃん | 2006/08/28 10:26 PM |
そう、理解できない感じなんですけど、なんとなくよいのですよね〜。この遠い感じが…。
| chiekoa | 2006/08/29 6:37 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[読書] 『沼地のある森を抜けて』 梨木香歩
ISBN:4104299057:detail  すごいです。ものすごいです。梨木さんが力を入れて書いたということが物凄く、ヴィヴィッドに伝わってきます。帯には『からくりからくさ』に連なる云々書かれていますが、実際に編集の方は『梨木香歩 畢生の大作!』という気持ちでコピーを
| 本読みと受験生と本読み | 2005/10/17 10:49 PM |
沼地のある森を抜けて
沼地のある森を抜けて 出版社 / 著者からの内容紹介 始まりは「ぬか床」だった。 先祖伝来のぬか床が、呻くのだ。 変容し、増殖する命の連鎖。連綿と息づく想い。 呪縛を解いて生き抜く力を伝える書下ろし長篇。 読み応えがあって、面白かった。  梨木さんて
| a bird shop | 2005/10/26 5:53 PM |
沼地のある森を抜けて*梨木香歩
☆☆☆☆・  はじまりは、「ぬか床」だった。  先祖伝来のぬか床が、うめくのだ――  だいじょうぶだ。世界は終焉を迎えない。  どんな形を取っても、何かに形を変えても、
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/11/24 6:21 PM |
[books] 『沼地のある森を抜けて』 梨木香歩
始まりは「ぬか床」だった。先祖伝来のぬか床が、呻くのだ。 呻くぬか床から、「人」が生まれてくる。 何とも奇妙な始まり。 梨木さんの不思議な世界への入口、今回はぬか床。 ぬか床がうめく!? 一体なんのことやら。 そう思いながら読み始める。 本書のテーマは
| ripple mark | 2005/11/26 1:49 AM |
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
沼地のある森を抜けて梨木 香歩 主人公の久美は独身。亡くなった叔母から、マンションとともに先祖伝来というぬか床を受け継いだ。 「気に入らない人に手入れされると呻く」と言われているぬか床。ある日、中に不思議な卵らしきものが出来た。久美とぬか床。男を捨て
| ナナメモ | 2006/02/08 11:09 PM |
梨木香歩「沼地のある森を抜けて」と茂木健一郎「脳と仮想」(3)
「沼地のある森を抜けて」(以下〈沼〉と略す)と「脳と仮想」(以下〈脳〉)を重ねて読んでいく。〈沼〉第三章は、それまでの主人公・久美が叔母の遺したぬか床を引き取ったは良いが、そこから光彦やカッサンドラが産まれて来て驚いたり引きずりまわされたりするという
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/02/10 1:13 PM |
科学が敢えて触れずに来たクオリア 「脳と仮想」(2)(10月27日の記事参照)
クオリア(感覚質)とは、人間が「あるもの」と他のものとを区別して把握する何かである。同じ大きさのリンゴといっても、精巧にできた模造と本物の違いは重さを量らなくても分かる。説明が分かりにくいね。例えば赤い色の感覚、水の冷たさの感じ、そこはかとない不安・
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/02/10 1:14 PM |
”思い出せない記憶”が俺を支えている  茂木健一郎 「脳と仮想」(1) (新潮社)
「思い出せない記憶」という言葉がでてくる。忘れてしまったとか言うのとはちょっと違う。さまざまな体験の痕跡とでも言うべきものが脳の中に蓄積されている。それらの”過去の経験”は、エピソードのような形ではっきり思い出せない事柄も多い。そしてそういう”記憶
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/02/10 1:14 PM |
『沼地のある森を抜けて』
梨木香歩さん。 テンション高ッ。ハイテンションなのではなくて、作者の集中力が強くてテーマが深くて、結果として求められるものが高いのかと。正直かなりの部分でついて行けませんでしたよ私。どこに行くの梨木さん…。 娯楽として手を出す場合にはお勧めできません
| よろずことのは | 2006/02/11 10:17 PM |
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、幻想、生命 ネタバレ?ありなのかなぁ。未読者は注意。 「家守綺譚」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/11777750.html ]、「村田エフェンディ滞土録」[ http://blogs.yahoo
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/02/12 5:59 PM |
● 沼地のある森を抜けて 梨木香歩
沼地のある森を抜けて梨木 香歩 新潮社 2005-08-30by G-Tools 亡くなった叔母から、先祖代々の家宝であるぬか床を受け継いだ、久美。ある日久美は、そのぬか床の中に、青い卵があるのを見つけます。その卵が孵ると、幼馴染によく似た男の子が生まれて、そして・・・と
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/21 11:22 AM |
「沼地のある森を抜けて」 梨木香歩
沼地のある森を抜けてposted with 簡単リンクくん at 2006. 4.21梨木 香歩著新潮社 (2005.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/05/20 3:15 PM |
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
沼地のある森を抜けて発売元: 新潮社価格: ¥ 1,890発売日: 2005/08/30売上ランキング: 101665おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/06/27 なんか、30歳過ぎてからしみじみと、子どもが欲しくなった。 昔は自分に自信のない私は、自分そっくりの子どもが
| 本を読む女。改訂版 | 2006/06/27 1:55 AM |
第16回紫式部文学賞梨木香歩
女性の文学作品を対象とした「第16回紫式部文学賞」は、 「奇怪な世界を綿密に論理的に追求しており 不思議な構成力がある」と評価され、 梨木香歩さんの「沼地のある森を抜けて」に決まりました。   受賞作「沼地のある森を抜けて」は、 先祖伝来の「ぬか床」の
| 及川的大人のブログ | 2006/08/21 7:15 PM |
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
タイトル:沼地のある森を抜けて 著者  :梨木香歩 出版社 :新潮社 読書期間:2006/08/07 - 2006/08/11 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 始まりは「ぬか床」だった。先祖伝来のぬか床が、呻くのだ。変容し、増殖する命の連鎖。連綿と息づ
| AOCHAN-Blog | 2006/08/28 9:19 PM |
沼地のある森を抜けて - 梨木香歩
梨木香歩は読むのが初めてだった。どんな文章を書くのかと思いながら読んでみた。
| 脳内TraP | 2006/12/26 11:49 PM |