プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 流しのしたの骨 [江國香織] | Top | 鳥人計画 [東野圭吾] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
君たちに明日はない [垣根涼介]
4104750018君たちに明日はない
垣根 涼介
新潮社 2005-04-01

リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行。そんな彼と、彼を取り巻く様々な人々の人生模様を描いた連作短編集。

表紙がかっこよくて好きなので読みました…が、どちらかというと…わりと苦手な感じでした。ごめんなさい。何が苦手ってこういう「ラブシーン」(←?)、ダメなんですよ…。っていうか、この主人公、三十三歳なのに「口吸いたい」って…普通言いますか??この表現。

リストラという自分の仕事に悩む真介と、リストラされる側の人々の苦悩と。この作品が伝えたかったのはどのあたり…?と思いながら、なんかの紹介文を読んだら「恋愛小説」だと。そ、そうだったんだ!恋愛シーンにひいちゃった時点で私にはアウトでしたか…。

でもいつまでも他人事と思ってはいられませんね。この苦しさをいつか自分も味わう日がくるのかも…。この物語に出てくる「リストラ対象者」たち、それぞれの仕事に対する姿勢、やってきたことというのはみな立派なのです。それでも避けられない現実…うーむ。私も彼らみたいにがんばらなくっちゃ!
| か行(その他) | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
わー嬉しい。
やっぱり私とchiekoaさんは感想が一緒。
私たちお子ちゃま脳なんですよね。
私も真介の恋愛話には付き合いきれませんでした。男側の一方的な意見なんだもん!
| なな | 2005/10/26 7:39 PM |
わー、私もうれしいです♪
まぁ男性の書く恋愛ものにありがち…?
でも「口吸う」って!いつの時代ですか?!
龍馬?!(『竜馬がゆく』に出てきたのは覚えているのです。)
| chiekoa | 2005/10/27 11:31 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「君たちに明日はない」垣根涼介
君たちに明日はない垣根 涼介会社のリストラを請け負う会社。そんな会社が実際にあるのでしょうか?そこの首切り面接官の33歳になる村木真介も28歳の時にその会社の社長に首を切られたうちの一人。面接する人達の気持ち、真介の過去、恋愛。大きな会社に勤めた事が
| ナナメモ | 2005/10/26 7:40 PM |
君たちに明日はない/垣根涼介
いや〜面白かった…一気に読みました。 企業は人員削減のために社員を解雇することは出来ずあくまでも希望退職してもらわなければなりません。 主人公村上真介は退職候補者の中からひとりでも多くの希望退職者を出すのがお仕事の面接官。 派遣社員のアシスタント美
| ひまさえあれば | 2005/10/27 2:29 PM |
君たちに明日はない / 垣根涼介
第十八回山本周五郎賞を受賞した作品。 リストラを企業の人事部から以来され実施する会社に勤める男が出会う、様々なリストラ候補生たち。 様々な人間とのドラマが生まれるその酷な仕事と恋愛を織り交ぜた娯楽小説。 主人公・真介
| 書庫  〜30代、女の本棚〜 | 2006/05/13 6:28 PM |