プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< サマータイム [佐藤多佳子] | Top | そして今はだれも [青井夏海] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
恋愛小説
4104412511恋愛小説
川上 弘美 篠田 節子 よしもとばなな 他
新潮社 2005-01-26

サントリーの対象製品のウイスキー・ブランデー1本に、有名女流作家のオリジナル恋愛小説が1冊もれなくついてくる!、という「ハーフロック&ハーフブックキャンペーン」の作品たちを一冊にまとめた本です。

読みたいなぁとは思っていたのですが、ウイスキーとか飲まないのであきらめてました。一冊になってくれてうれしいです。装幀もステキ…。

・川上弘美 『天頂より少し下って』
靴屋の店員と客として出会った、涼と真琴の恋物語。

読み始めて、真琴の年齢がわかったところで「おぉっ」と思いました。いくつになっても、恋をすると女性は女の子だなぁ。恋をしてぐるぐる思う女。年齢を重ねてこういう女性になれたらうれしいかも、と思いました。


・小池真理子 『夏の吐息』
昌之、あなたがいなくなって六度目の夏が巡ってきました―そんな書き出しから始まる、思いを綴った一通の手紙。

この物語は全体が一通の手紙になっています。目の前にいない誰かに、語りかけるように綴られる手紙。なんだか切ないです…。こんなのは私はつらくて無理かも…。バカ男!くぅ!


・篠田節子 『夜のジンファンデル』
親友の夫・隆と過ごした、外国でのあの「一夜」。そして今また外国に旅立とうとする彼は―。

これぞ大人の恋…。ラストには泣きそうになりました。読み始め、乾いた感じの物語かと思ったのですが、どんどん引き込まれてこのラスト。こんなに短くても、すごく心に残る物語でした。こういう秘めた思い。苦しいけれど、ちょっとうらやましくもなってしまいました。あ、でもこれも絶対無理だ…。


・乃南アサ 『アンバランス』
同棲生活をしている瞳子と直也。すれ違う二人ですが…?

女の視点と男の視点と、途中で切り替わって描かれるので、どちらの気持ちもわかるだけに「あぁ!もう!」とじれったくなりました(笑)。アンバランス、だけど、それがバランス。読み終わってほんわかした気持ちになりました。ふぅ!よかったよかった!


・よしもとばなな 『アーティチョーク』
NYに赴任することになった恋人と、別れようと揺れる女性の物語。

やっぱりばななさんの書く物語は大好き…。こんなに短いのに大切なことがぎっしりつまっていました。物語自体も大好きです。この本に収録されている物語は、当然どれも「お酒」がちょっとずつ登場する物語なのですが、ばななさんのこれが一番「お酒」が前面に出てて、きっちり主役で、それにまた意味があって、そこもよかったなぁと思いました。


というわけで、さすがのラインナップ。全部はずれなし!でした。
| その他(アンソロジー) | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コラボ作品だとは知らずに読みはじめたのだけれど
ウィスキーがさりげなく小道具に使われていてよかったですね。
わたしはアルコールはまったくダメなんだけれど...。
同じ小道具を使ってもさすがにそれぞれの個性が生かされた作品に仕上がっていて
さすが!と思いました。
| ふらっと | 2005/10/26 6:52 AM |
わたしもウイスキーなんて飲んだこと…ないかもです。
でもこれ読んでたら飲めない自分がもったいなく思えてきました。
うーん、その世界、行ってみたい!
| chiekoa | 2005/10/26 1:02 PM |
 こんばんは。
私も下戸なんですが、楽しく読みました。
・よしもとばなな 『アーティチョーク』
がイチバンでした♪

| ☆すぅ☆ | 2005/10/27 4:33 AM |
すぅさんも飲めませんか!同じですね〜。
お酒買うお金があったら文庫でもいいから本を買いたい私です。
| chiekoa | 2005/10/27 11:37 AM |
初めまして! 検索エンジンみてやってきましたれいと申します。

こんなすごい恋愛小説が出ていたんですね! 川上 弘美さんは友達に勧められてよんで、とても面白かったのを覚えています。

今度はこれを読んでみようと思います(^^)

| 恋愛小説ずき! | 2006/04/05 8:12 PM |
れいさん、こんにちわ!
遊びに来てくださってありがとうございます。
アンソロジーはいろんな作家さんの作品が読めてとてもお得だと思います。恋愛小説のアンソロジーってたくさんありますし、いろいろ読んでお気に入りを見つけてみるのも素敵ですよね!
| chiekoa | 2006/04/06 6:47 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
恋愛小説
☆☆☆・・
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/10/26 6:50 AM |
『恋愛小説』
心地よく酔える hReview by ☆すぅ☆ , 2005/09/27 恋愛小説 川上 弘美 篠田 節子 よしもとばなな 他 新潮社 2005-01-26            川上弘美・小池真理子・篠田節子・よしもとばななの女性作家によるアンソロジー。
| 「女流作家」の楽しみ方! | 2005/10/27 4:34 AM |