プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 恋愛小説 | Top | 時代小説ベスト [(非公認)読者大賞blog] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
そして今はだれも [青井夏海]
4575235342そして今はだれも
青井 夏海
双葉社 2005-09

伝統を誇る名門校・明友学園に新任で勤めることになった笑子。着任早々、聞かされたのは過去の不可解な女学生退学の事実。笑子は、生徒たちといっしょに真相解明に乗り出しますが…。

家庭教師として家に来ていた先生・Xに弱みを握られた女子高生たち。そして彼女たちの退学…。Xは誰なのか?という謎解きミステリーです。ちなみに私は最後までさっぱりXが誰だかわかりませんでした。あは。

それにしても、このXにつかまっちゃった女の子たちが、なんというか読んでいてかなりしんどかったです…。こんなバカ男に脅されるくらいなら、秘密なんてバラしちゃえばいいのに!もう!と。そんで停学でも退学でもなちゃえばいいじゃん!たいしたことじゃないし!とか。でもそれができない、その苦しみが若さ…?乙女??(性格の違いかしら…。)

犯人はただ腹が立つばかりで、どこまでも悪人で同情の余地もないヤツでしたが、そのへんのリアリティってどうなんでしょう。ちょっとくらい犯人の気持ちもわかるくらいの方が、こう、切なくて苦しくてそれがまたよかったりもするのかなぁとか思ったりしました。(そうなったらそうなったで、読んでても苦しいのかもしれませんが。←わがまま。)

ちなみに、「ほろ苦い青春ミステリー」みたいな帯がついてましたが、あんまり青春小説って感じはしなかったです。主役が先生ですし。若者はあまり活躍しないし。でも男の子たちはよかったかな…。で、やっぱり私はよくできた「お嬢様」たちは苦手です!そして探偵役の笑子や学園の生徒たちより、何より「根本親子(とくにおじいちゃん!)」がすっかりお気に入りだったわたし。彼らの活躍するシーンには、よっしゃ!よくやった!と気分爽快でした。はい。

最後に、どうしても気になってしかたなかったことを一つ。
この装幀…どうなんでしょう…。かわいいですけど、中にあってないような…?
(だいたいなんだかおばあちゃんに見えるし…。)
| あ行(その他) | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
コメントとトラバ有難うございました。
いつもしていただいて本当に嬉しいです。
ちえこあさんの感想は面白かったです。
この作品よりずっと面白かったですね。
やっぱり青春小説でしたら主役は生徒のほうがいいですよね。
それでこの先生がいまいちだったというのがどうもでした。

装幀は、くっくっく。
ほんとにその通りですね。
ではまた。
| でこぽん | 2005/10/26 1:10 PM |
確かにこの先生がどうも…好きにはなりませんでした。
別にきらいでもないんですけどね、
でもあんまり頼りがないし、性格も…ほほほ。
| chiekoa | 2005/10/26 6:16 PM |
chiekoaさん、良くぞ言ってくれました!
装幀、不思議です。ミーになった猫?なんて思ってました。
ついでにタイトルも私にはピンと来なくて、後からタイトルだけ見てもこの話だと思い出せないだろうなぁと思いながら読んでました。
| なな | 2005/10/26 7:26 PM |
こんにちは。
私には、これ、青春小説に見えましたよー。
私から見たら、この「先生」も若くて初々しくて、
十分、青春なお年頃です。
確かにあまり、好きなタイプのキャラではなかったけど〜
| ゆうき | 2005/10/26 11:43 PM |
ななさん、そういえばタイトルも不思議…?
よく考えてみよう…。

ゆうきさん、なるほど!
あの先生だって若いですもんね!そうか、それも青春か!
高校生しか青春できないわけじゃないですもんね。
| chiekoa | 2005/10/27 11:32 AM |
こんにちは 初カキコよろしくです

笑子先生ってハッキリしない先生だったな〜です。
なんだかあやふやな学校でとまどう感じでした
心の裏はかなり黒い四人の先生がわたしにとって新鮮だったと思います。変ですね、すみません。
あと、「事件解決後その四人の先生に不信感を持たせたことで、そのわけを話せる日が早く来て欲しい」みたいなことがあったのでその話すシーンも載せて欲しかったです(個人的・・・・

Xの心情は本当に黒いだけじゃなくて他にもいろいろあったらおもしろい事については私も同感です。
青春というより人間の醜さが出てたかも
| くろくくまる | 2007/07/26 9:22 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[読書]そして今はだれも/青井夏海
そして今はだれも青井夏海著双葉社 (2005.9)ISBN:4575235342価格 : 1,785円bk1で詳細を見る[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575235342/dekopon05-22/250-5535920-2577020?%5Fencoding=UTF8&camp=247&link%5Fcode=xm2:title=Amazonで詳細を見る]
| でこぽんの読書日記 | 2005/10/26 1:04 PM |
「そして今はだれも」青井夏海
そして今はだれも青井 夏海 伝統のある名門高校でここ数年続けて退学者が出た。共通点は家庭教師。親にも学校にもいえない秘密を握られたようだ。その悪徳教師Xを生徒と一緒に捜すことになった新任教師の笑子。どうやら犯人は第二職員室にいるらしい。ミステリーを読ん
| ナナメモ | 2005/10/26 7:35 PM |