プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 不安な童話 [恩田陸] | Top | あなたのそばで [野中柊] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
朽ちる散る落ちる [森博嗣]
4061822527朽ちる散る落ちる
森 博嗣
講談社 2002-05

以前にかかわった殺人事件のその後の調査に立ち会うことになった紅子たち。その超音波研究所の地下、出入りが絶対に不可能な密室で、奇妙な死体が発見されます。一方、数年前に起こった有人衛星の乗組員殺害という事件を聞かされた紅子は…。

Vシリーズ第九弾です。読み始めてびっくり。これは『六人の超音波科学者』の続きのような作品でした。さらにそれだけじゃない、もっと前の作品で起きた事件とか人もいろいろからんできて…。なんだか集大成みたいでどきどきしちゃいました。シリーズの醍醐味?そしてそれだけのことはあってすっごくおもしろかったです。今まで読んできたVシリーズの中で一番おもしろかったかも…。よみ終わって「あー!おもしろかった!」って素直に思えました。

それにしてもこのVシリーズもやっぱりS&Mシリーズといろいろからんで来たりもしているわけで、だんだん人物の相関図とか時系列がこんがらがってきてしまいました…。うーむ。もう一度読んで整理したい…。でもまだ読んでないのがたくさんあって、再読してる場合じゃないかも…。ジレンマです。

「Vシリーズ」読了分リスト
1. 黒猫の三角 Delta in the Darkness
2. 人形式モナリザ Shape of Things Human
3. 月は幽咽のデバイス The Sound Walks When the Moon Talks
4. 夢・出会い・魔性 You May Die in My Show
5. 魔剣天翔 Cockpit on Knife Egde
6. 恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits
7. 六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists 
8. 捩れ屋敷の利鈍 The Riddle in Torsional Nest
9. 朽ちる散る落ちる Rot off and Drop away
| ま行(森博嗣(Vシリーズ)) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
■ 朽ちる散る落ちる 森博嗣
朽ちる散る落ちる―Rot off and Drop away森 博嗣 講談社 2005-07by G-Tools , 2006/04/23 宇宙密室&地下密室の殺人事件。理系テイストで、会話文のテンポが良くて、地の文は詩的で、他の作品とリンクしているのが楽しい。森博嗣テイスト全開でした。
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/04/25 2:59 PM |