プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 朽ちる散る落ちる [森博嗣] | Top | 垂里冴子のお見合いと推理 [山口雅也] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
あなたのそばで [野中柊]
4163242600あなたのそばで
野中 柊
文藝春秋 2005-09-08

様々な恋の模様を描いた連作短編集です。

父親より年上の三十六歳の男性と結婚した、十六歳の女の子・菜名の物語
「オニオングラタンスープ」。自分の通う高校の教師・雪絵に恋する生徒会長の男の子の物語「光」。バーテンダーとして店を切り盛りする瞳子の物語「イノセンス」。大学の同級生、今は兄の妻になった女性・衿子に思いを寄せる勇輔の物語「片恋」。夫・俊と共同でデザインオフィスを営む恭子の物語「運命の人」。大好きな大好きな女の子・美也とつきあっている聡の物語「さくら咲く」。

一番最初の「オニオングラタンスープ」や、その次の「光」のなんとも甘…い感じ(主人公が高校生だから??)が、以前読んだ『ひな菊とペーパーミント』を彷彿とさせ、正直ひきぎみだったのですが、そこからつながる他の話をずっと読んでいって、読み終わった頃にはなんだか好きな感じかも…という結論になりました。最初に「ん?」って思っちゃうとそれを最後までひきずっちゃうことが多い私なのですが、これはちょっと意外でした。(うれしいことですが!)

大人から子どもまで、いろいろな人々のいろいろな、そして様々な季節の恋の形。一冊でこれだけ味わえるというのはなかなかステキな体験です。

特にラストの「さくら咲く」がとってもよかったです。前のお話に出てきた人々も再び登場したりして、ぐるっと輪がつながった感じがして、なんだかうれしかったです。

それにしても装幀がすてき…。
| な行(野中柊) | comments(9) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
この本の装幀はとっても素敵ですよねー。
私も最初、あますぎるーとひいていたんですが
途中からぐっと引き込まれてしまい
結局は満足して読み終えました!
| すみれ | 2005/11/04 12:05 PM |
この本いいですよね。
暫く野中さんから遠ざかっていたのですが、数年分の未読本読んでみようかなって気持ちになりました。
「さくら咲く」久しぶりに会う友達が幸せになっていてよかったって、なんだか幸せな気分になりました。
一番印象に残ったのは「運命の人」でした。
| なな | 2005/11/04 1:20 PM |
すみれさん、松尾たいこさんですよね。好き!
これで内容がめちゃ好きだったら買うのになぁ。惜しい!
やはり前半が苦手で…。

ななさん、ラストのあの感じ、すごくいいですよね!
あれで一気に好きな本になったかも…。
「片恋」がこのあとどうなるのかも気になってしょうがない私です。
| chiekoa | 2005/11/04 5:12 PM |
 こんばんは、chiekoaさん。
私も前半は、甘々〜な感じに食傷気味でした。
後半になると、グッと締まりますよね。
『運命の人』『さくら咲く』が好きです。
野中さんはこれが1冊目なので、迷うところです。

『ふりむく』以来、ややブームの松尾さん、色もイラストも可愛いです♪
一瞬、江國さんの本かと思いました。
| ☆すぅ☆ | 2005/11/04 10:46 PM |
私は野中さんの一冊目は『ひな菊と…』だったのですが、これは全編にわたって「オニオングラタンスープ」な感じでしたので…(笑)。

江國さんは松尾さん好きですもんね。
なんとなくイメージが定着しちゃいました…!
| chiekoa | 2005/11/04 11:03 PM |
TBありがとうござました。
装丁の松尾たいこさんは大好きなイラストレーターさんで、表紙に惹かれて手にしたら野中さんだったという感じでした。
久々の野中作品ですが、とても楽しめたのでまた読んでいきたいと思いました。
| 桜井 | 2005/11/07 10:28 AM |
桜井さん、おぉ!かっこいい!
ジャケ買いならぬ装幀買い。
わたしだって財布がもうちょっと分厚ければ…!(笑)
| chiekoa | 2005/11/07 11:35 AM |
一話目で引き気味だったのが自分だけじゃなくて嬉しいです(笑)。最初大丈夫かなーと思ってたんですが,読後感は結構いいですよね。個人的に最後2編が好きでした。「さくら咲く」は鷺沢萌さんの「ウェルカム・ホーム!」にちょっと似てるかも。あっちもかなり好きです。もし未読でしたらぜひ!
| まみみっくす | 2006/08/10 11:54 PM |
だって…幼な妻すぎますよ!っていうかひがみ?
ラストまで読むと不思議といい本でした。うん。
鷺沢萌さんは一冊も読んだことないかも…読んでみます。
| chiekoa | 2006/08/11 2:39 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
あなたのそばで
あなたのそばで 薄桃色に松尾たい子さんの しかも好きなモチーフばかりのイラストの表紙で 手に取るだけで幸せな気分になった! ちょっとずつ繋がっている男女の恋物語の連作短編集 なんか、とにかくあまかったー。 あまい感じは嫌いじゃないんだけど、共感する
| a bird shop | 2005/11/04 11:59 AM |
「あなたのそばで」野中柊
あなたのそばで野中 柊 「オニオングラタンスープ」「光」「イノセンス」「片恋」「運命のひと」「さくら咲く」の6つの短編。登場人物が少しずつリンクしている。野中さんの本、久しぶりです。調べてみたら2000年に出た「ダリア」までは全部読んでます。その後なぜ
| ナナメモ | 2005/11/04 1:20 PM |
『あなたのそばで』
恋という奇跡 hReview by ☆すぅ☆ , 2005/10/27 あなたのそばで 野中 柊 文藝春秋 2005-09-08        装丁(松尾たいこ氏だ)とタイトルから、これはもう甘い甘い恋愛小説なんだろうな(あんまり甘いのは苦手)と、心のスイッチを
| 「女流作家」の楽しみ方! | 2005/11/04 10:47 PM |
あなたのそばで / 野中柊
甘い想い、苦い想い、子供の恋、大人の恋。 恋にはつきものの様々なかたちや思いを描く恋物語が6つ収まった連作短編集。 『運命のひと』の主人公・恭子は結婚生活9年目。 インテリアデザイナーとして、夫で建築家の俊と仕事もプライベートもパートナーとして支え
| 書庫  〜30代、女の本棚〜 | 2005/11/07 10:27 AM |
『あなたのそばで』読了。
 野中柊『あなたのそばで』の感想をこちらに。上手な恋愛小説だと思ったわ〜。イマイチこちらが恋愛モードにうまく入れなかったのが残念。ちょっとだけ不幸な出逢いだったかしら…。恋愛小説は特に、気分次第でどっぷりハマれるときとダメなときがある気がする…。あ、
| 日々のちょろいも | 2005/11/19 9:03 PM |
[本]野中柊「あなたのそばで」
あなたのそばで 野中 柊 / 文藝春秋「オニオングラタンスープ」「光」「イノセンス」「片恋」 「運命のひと」「さくら咲く」の5篇から成る連作短編集。 この作品も、前の話の脇役が次の話の主役になる、を繰り返す構成。 こういった構成の本というのは意外に多い
| Four Seasons | 2006/03/12 1:02 PM |
「あなたのそばで」 野中柊
あなたのそばでposted with 簡単リンクくん at 2006. 8. 5野中 柊著文芸春秋 (2005.9)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/08/10 11:57 PM |