プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 [江國香織] | Top | プラネタリウムのふたご [いしいしんじ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
彗星物語 [宮本輝]
4167348136彗星物語
宮本 輝
文芸春秋 1998-07

家族って、こういうものだよね…と、とてもあったかい気持ちで素直に思える、とてもいい小説でした。

宮本輝さんは昔読んだときはあまり好きな感じじゃなかったような記憶があるのですが…そう考えると、「本に出会うタイミング」っていうのはほんとうに大事なんだなと思います。

この本は、子供が読んだら子供なりの、大人が読んだら大人なりの、おじいちゃんが読んだらおじいちゃんなりの心に響き方がするのではないのかなと思います。
| ま行(その他) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
優駿
優駿ここに地終わり海始まる愉楽の園オレンジの壺これらは、私が読んだ、作:宮本輝の小説です。(並びは、読んだ順)非常に読みやすく、特に『優駿』がお気に入り。PRクリック
| 駆ける衝撃 | 2007/03/24 6:58 PM |