プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< なつのひかり [江國香織] | Top | 続・垂里冴子のお見合いと推理 [山口雅也] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ヌルイコイ [井上荒野]
4334739504ヌルイコイ
井上 荒野
光文社 2005-10-12

夫とのすれ違いの生活。妻子ある冷たい先輩童話作家との不倫。マンションの給湯設備が壊れ、銭湯に通うようになったなつ恵は、そこで謎めいた青年と出会います。彼を「鳩」と名づけたなつ恵。死に至る病の宣告を受けた彼女は…。

まぁ…なんというか…ふぅーむ。私にはちょっと微妙な感じでした。なんか、いくらなんでもこんなにダラダラされてもねぇ。夫とすれ違いとかいうからひどい夫なのかと思ったら、全然ひどくないし…むしろ自分のせいじゃん…。登場人物の誰一人として理解できず、わけがわからず、好きになれないパターンでした。でもこの居心地の悪さというか不安感というか、そういうのが味なのかな…。

しかしこの本、解説がよく書けていて、いわく「主人公を読者として「眺める」のでなく、自分を同化させ、物語に身を委ねて読んでみて欲しい。共感できる、できないという見方ではなく、立ち位置をちょっとずらして主人公の人生を歩いてみて欲しい」と。なるほど。まさに「共感できないわ」とか思っていた私。そういう読み方をすればよかったのね…と思いましたが、アトノマツリというか、もう一度読む気にはちょっと…(汗)。
| あ行(井上荒野) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ヌルイコイ」(井上荒野)読了
最近ちょっと気にかかっている井上荒野さんの新刊。 題名の通り「ヌルイ」雰囲気が芬々としていて妙な感じの作品。 日常一般からちょっとだけズレた世界を書いた作品ってのが結構好きなんで、 こういう作品はとても面白い。 ストーリーはというと、死病を宣告された売
| ジンセイ楽しんだモン勝ち | 2005/11/10 9:44 PM |