プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 四季 秋 [森博嗣] | Top | 桃 [姫野カオルコ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
四季 冬 [森博嗣]
4061823639四季 冬
森 博嗣
講談社 2004-03-06

天才科学者真賀田四季の孤独。両親殺害、妃真加島の事件、失踪、そしてその後の軌跡。彼女から見れば、止まっているに等しい人間の時間。彼女の心の奥底に潜んでいたものは何か…?

ついに『冬』ですが…。ここまでくると一気に世界が変わります。時代も場所ももうどこなのかわかりません。くるくると転換していく場面。まるで全ては四季の中、夢の中を泳いでいるような…そんな「物語」を超越した世界にどっぷりひたりつつ、もう何かを理解しようという感情は放棄してしまいました。それでいいのです。そう、いいのです。

ここに出てくる「四季」は本当にあの「四季」なのか、この「犀川」はあの「犀川」なのか、あっちの「犀川」とこっちの「犀川」は同じ人物なのか、彼らはいったい何歳なのか、それすらわかりません。イニシャルの人々すら登場し、彼らはいったい何なのか、この後どうなるのか、それもわかりません。

唯一読み取れるのは、四季の娘がその後どうなったのかというのと、ここから世界は「百年シリーズ」にも繋がっていくらしいということ…。(ほんとにいったい時代はいつなの?!)ここで語られている「事件」は…。クジ博士は…。そしてウォーカロンって!いや、その前に「ミチル」で気付かなきゃいけなかったのかな。

読み終えたあとは、なんだか呆然としてしまいました。四季の孤独という毒に自分もやられたような…寂寥感で胸がいっぱいになりました。(そんな読み方でいいのかどうかも自信ありませんが。)でもこの世界に魅了されてしまうのはなぜなのでしょうか…。

「四季シリーズ」読了分リスト
1. 四季 春 The Four Seasons Green Spring
2. 四季 夏 The Four Seasons Red Summer
3. 四季 秋 The Four Seasons White Autumn
4. 四季 冬 The Four Seasons Black Winter
| ま行(森博嗣(四季シリーズ)) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
四季-冬-のアップを待ってましたよ(笑)
驚くべきリンクの数々に私も呆然とましたよ。
ホント恐るべき森博嗣って感じですね。

愛蔵版で買ったんですけど,豆本の特典に応募するのを忘れたのが心残りです…。
| シリウス | 2005/11/27 1:56 AM |
やっと四冊再読し終わりましたよ!
そして読んでない短編集に手を出す日々が始まりました(笑)。

愛蔵版、買われたんですね!うらやましい〜!
| chiekoa | 2005/11/28 5:29 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
森 博嗣の「四季」読了
四季 森 博嗣 著 「四季」 ★★★★☆ 森ミステリの金字塔。作家,森博嗣の8年間のすべてがここにある。天才科学者,真賀田四季の謎が解かれる。 ノベルス4冊分(春・夏・秋・冬)を1冊に纏めた限定愛蔵版。約900ページにもなり辞書よりも分厚く,電車で立
| Grave of memory | 2005/11/27 1:51 AM |