プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 桃 [姫野カオルコ] | Top | 箪笥のなか [長野まゆみ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
マルコの夢 [栗田有紀]
4087747883マルコの夢
栗田 有起
集英社 2005-11

パリで日本食材をレストランに卸す仕事をしている姉のに呼ばれ、フランスへ渡った一馬。取引先の三ツ星レストラン「ル・コント・ブルー」で働くことになった彼ですが、オーナーから幻のキノコの買いつけを依頼され…。

とにかくキノコの物語です。主役はキノコです。はじめから終わりまでキノコ…。でもどうせならもっと奇妙に、もっとキノコキノコしてしまってもよかったのでは?!と思いました。主役級が出てきて、盛り上がってきたところで物語が終わってしまったというか…。ここからがおもしろかったのに!、と。もっとはちゃめちゃになるのかと思いきや、わりと普通に終わってしまいました。その余韻がまたいいのかもしれませんが…(笑)。

いつもほど「ぷはっ!」と笑うところはなかったのですが、それでも一番好きだったのはこの姉弟のお母さんかしら…。お父さんもおかしかったですけど、何気にお母さん、一番おもしろかったです(笑)。他にもいろいろおかしい人が大真面目に出てくるのですが、この夫婦のことも含め、もっと彼らについて書くか、まったく書かないかでよかったのではないかしら…と思ってしまいました。なんか唐突すぎてしまって。何のためにでてきたのかわからないわ?というか。(特に前半のレストランの方々)。どうせならもっと書いてほしい!奇妙な彼らが大好きなので…!

この作品が芥川賞を獲れなかったのは残念ですが、いつか何かでぜひ賞を獲っていただきたい!と切望しております。はい。
| か行(栗田有起) | comments(14) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
正直、あっさり読了で、ちょっと困っています(苦笑)。悪くはないと思うですが、今まで読んだ作品のなかでは一番肩の力が抜けているというか、つかみ所がないというか。これは、切り拓く物語にならないとマズイのかも・・?と思う部分も。でも実は姉は、とりこまれていないんですよね。家族の運命に。キノコと相性が悪いらしい。
| すの | 2005/12/04 7:53 PM |
私も今までの栗田さん作品の中では一番あっさり読み終わってしまった本です。なんででしょうね?もっとラストをこわ〜くすればよかったのでしょうか…。
| chiekoa | 2005/12/05 3:29 PM |
本当に、もっとキノコキノコして欲しかったですねー。書き下ろしで、もうちょっと長い小説にして欲しかったです。そして、確かにレストランの皆さんは、何のために出てきたのでしょうね(笑)?
| ゆうき | 2005/12/06 10:28 PM |
雑誌掲載のときを読んでませんが、あんまり加筆されてなさそうですよね。もっと増やしまくってくれてよかったのに!また新作が早く読みたい病…。
| chiekoa | 2005/12/08 6:31 PM |
そういえば「アフロ」のような笑いがなかったですね。
だけど、キノコのホラーでした。
自分のみをシュっと削る音。
そしてそれを調理して食べる人々。

私ももっともっと続きが読みたかった。
| なな | 2005/12/18 8:38 PM |
実は書かれていないだけで、コックの誰かがアフロなのかも…。
いや、そういう問題ではないですが(笑)。

こういう読み終わって「怖い!」って作品はじめてだったので、ちょっとおどろきました。
| chiekoa | 2005/12/19 12:27 PM |
変な話だな〜と思って読みました。それは
いつもなんですけどね。
そしてこちらのブログで初めて「ああ,怖いって
感想もあるのか!」とちょっと新鮮でした。
…普通に受け入れてた自分がある意味怖いです。
| mamimix | 2006/01/17 8:13 PM |
だってあのラストですよ〜。
トリツカレですよ、トリツカレ。怖っ!!

>普通に受け入れてた自分がある意味怖いです。
そんなmamimixさんが好きです(笑)。
| chiekoa | 2006/01/19 7:10 PM |
こんばんわ。まさかこういうラストになるとは思わなかったので、
やられたーという感じでした。
栗田さんの妄想って、すごいです・・。
| june | 2006/02/14 11:03 PM |
すごいですよねぇ…。ほんとにいったい、どうなっているのでしょう?
謎…。でもそこから次に何が出てくるのか本当に楽しみです!
| chiekoa | 2006/02/15 2:18 PM |
確かにこの本は少し物足りなかったです。
あっという間に読み終えてしまったし・・・
前半がパリのレストラン、後半が日本と話が分離して
しまっていたのも少し気になりました。
| tamayuraxx | 2006/03/09 8:49 PM |
なんかもっと長かったらよかったんですかね?
でもこの唐突な終わり方がまた怖いのかな…とか
後から思い返して考えたりしました。
栗田さんにはもっとばんばん新作書いて欲しいです。
とにかく読みたいー!と思わせてくれる作家さんなので!
| chiekoa | 2006/03/10 5:20 PM |
面白い本を読んだ後には、ここに来て、
chiekoaさんは読んでるかな?。。。なんて、探したりするこの頃です。
で。。。ありました!(笑)

ハミザベスに続いて2冊目なんですが、けっこう私好みでした。
名古屋弁で話すお母さんに親近感持っちゃったり。。。
とにかく、キノコ大好きの私は、マルコが食べたくて。。。
どんな味なんだろうと、あれこれ想像してるだけでも、充分楽しめました。
長編にしようと思えば、どんどんふくらむ物語ですよね。
この薄さは、もったいないです。
| 百子 | 2007/04/12 11:55 PM |
百子さん、まぁ、ありがとうございます♪
逆にオススメもあったらぜひ教えてくださいね!
楽しみにしてますので。

そう、この薄さが〜、もっと!もっとキノコを!と(笑)。
すっかり中毒ですね。そういえば新作はまだかしら〜…。
| chiekoa | 2007/04/13 12:36 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「マルコの夢」栗田有起
「マルコの夢」栗田有起(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、キノコ、パリ、家族、運命 キノコとりがキノコになる。 くすっと笑ってしまった。「茸」って「木乃伊(みいら)」に字面が似ているかもと思ったけど、書いてみたらそれほど似てない。 様
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/12/04 7:50 PM |
マルコの夢 栗田有起
マルコの夢栗田 有起 集英社 2005-11by G-Tools 日本で就職活動に失敗したカズマは、姉のつてでパリの三ツ星レストラン「ル・コント・ブルー」の、キノコの担当者として働く事になります。前半は、就職できない主人公といい、複雑な構成のおかしな家族といい、かなり
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/06 10:36 PM |
「マルコの夢」栗田有起
マルコの夢栗田 有起 就職活動に失敗した一馬は、フランスで事業を営む姉に誘われフランスへ。キノコを配達に行った三ツ星レストラン「ル・コント・ブルー」でキノコ係に任命された彼。そこは「マルコポーロの山隠れ」というキノコ料理で名を馳せる高級レストラン。ある
| ナナメモ | 2005/12/18 8:38 PM |
「マルコの夢」 栗田有起
マルコの夢posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.15栗田 有起著集英社 (2005.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/01/17 6:58 AM |
「マルコの夢」 栗田有起
「マルコの夢」 栗田有起 うーん、どうしたんだ!もっとがんばれ。 読者の期待にこたえつづけなければいけないのは大変だろうと同情はするが、 「お縫い子テルミー」にしみじみ感動してしまった私としては、少々物足りない新作だった。 大きすぎるので折りた
| 読書三昧。 | 2006/02/06 11:36 AM |
「マルコの夢」栗田有起
マルコの夢 これってファンタジーなんでしょうか。うっかり昼寝をして、現実との境目があやふやな夢を見てしまった時のような気分になりました。 漂う空気の粒子まで感じられるような文章も、ユーモラスな会話も、読みやすくて心地よかったです。 姉の仕事を手伝
| 本のある生活 | 2006/02/14 10:59 PM |
栗田有起『マルコの夢』●○
 2005.11.10初版。初出「すばる」2005年5月号。第133回芥川賞候補...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/02/16 2:57 PM |
[本]栗田有起「マルコの夢」
マルコの夢 栗田 有起 / 集英社突然パリの三ツ星レストランで働くことになった一馬。 彼は、そのレストランでキノコの管理係を任せられる。 やがて、彼は“マルコ”という愛称で呼ばれる絶品のキノコを 日本で入手してくるようオーナーに言われ、日本に帰国するが
| Four Seasons | 2006/03/09 8:42 PM |
マルコの夢★★★
偏食家であるワタシだが、特にキノコ類と貝類がダメである。 貝類は、アノ見た目のグ...
| ホン嫌いな書斎 | 2006/03/10 8:40 PM |
「マルコの夢」栗田有起
マルコの夢発売元: 集英社価格: ¥ 1,365発売日: 2005/11おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/08 知り合いにキノコマニアがいる。小さい頃から何故かキノコが大好きだったらしい。 ずっと隠していたらしいが、最近カミングアウトしたらしい。 その人曰
| 本を読む女。改訂版 | 2006/05/08 1:13 PM |