プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< プラネタリウムのふたご [いしいしんじ] | Top | 号泣する準備はできていた [江國香織] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
詩的私的ジャック [森博嗣]
4062647060詩的私的ジャック
森 博嗣講談社 1999-11

こういうのも密室トリックというのかしらと…と思ってしまいましたが、おもしろかったです。作中で萌絵ちゃんが「そんなのはルール違反だわ。ミステリィでは」って言っててちょっと笑いました。

それにしたって絶対思いつかない!こんなこと!え?普通思いつきませんよね?私普通ですよね?

そして相変わらず、何より今後の二人の成り行きが気にかかります。だんだん萌絵ちゃんの中で犀川先生の存在がきっちり形を持ってくるのが…読んでいてどきどきします。続きを読まねば。

そしてちょっとネタバレですけど、「靴」がキーワードになるなっていうこと、最初にそのエピソードが出てきたときに思った自分、すごい!と思いました。(それとも誰でも気づくのかしら…。)
| ま行(森博嗣(S&Mシリーズ)) | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
詩的私的ジャック
| ちょっくら読書1000冊目指してみようか。 | 2005/10/06 1:47 PM |
詩的私的ジャック
森 博嗣 詩的私的ジャック [要旨] 大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀
| 乱読日記 | 2007/02/03 11:44 PM |