プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 地球儀のスライス [森博嗣] | Top | 賢者はベンチで思索する [近藤史恵] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
悪魔のパス 天使のゴール [村上龍]
4344001893悪魔のパス 天使のゴール
村上 龍
幻冬舎 2002-05-02

セリエAで活躍する日本人プレーヤー・夜羽冬次から、「試合で大活躍した選手がその直後に心臓麻痺で死ぬという事件が起こっている」という話を聞かされた小説家・矢崎。冬次の意を酌んで調査に乗り出した矢崎ですが…。

どうしても冬次がナカタとしか思えず、矢崎は村上さんにしか思えず、という状態で読んでしまいましたが…(笑)。基本的にはすごく面白かったです。サッカーには全然詳しくない私ですが、それでもヨーロッパの国々で、サッカーというものがどれだけ人々の心に根を下ろしているのかということが、しみじみわかりました。知らなかったなぁ。すごいなぁ。きっと私には想像もつかない感情なんだろうなぁ…。いろいろ勉強になりました。

ミステリー仕立ての物語としてだけこの本を追ってしまうと、正直このラストは「…」です。謎は解決されていなくて「え?結局何だったの?どういうこと?」という感じだし、あまりにも都合よく「めでたしめでたし」にできすぎてるし…。(中盤まではすごくひっぱられましたけど。)でも、なんというかこの本はそれだけじゃなくて、ほんとにいろいろ読み応えがある本でした。サッカーってこういう風に文字にできるんだなぁって。実際サッカーをよく知っている方だったら、目の前に映像がばっちり映し出されるのではないかなと思います。そしてそのゲームはものすごく面白いと思います。私の場合、実在のプレイヤーなのか架空のプレイヤーなのか、その区別すらついていなかったのですけれどね(笑)。

あ、でもサッカーの神様はいると思います。わたしも。
| ま行(その他) | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あ、これサッカーわからなくてもおもしろかったんですね。
私はサッカーまるでダメなんで彼氏に先に読ませたら
「つまらん」と一蹴されましたが(笑)でも
「サッカー知らんと更につまらんのんちゃうか」と言われてたんで、
そのまま放置してたんですけど。じゃあ、読んでみます。
でもなかなか食指が動かない・・
大好きな村上龍の本が最近読めなくなってます、何故なんだろう。
| ざれこ | 2005/11/30 6:15 PM |
この本はあんまり(私が思うところの)村上さんっぽくなかったかも。
おもしろかったですけど、物語としてのオチは…??なので
食指が動かないときにはそっとしておいたほうがいいかも(笑)。
でも読んでる間は楽しかったです。
私の場合は読みながら「この人ホンモノ?」「生きてる人?」「誰だか知ってる??」と質問しまくってました。だって全然知らないんですもの〜。
プレイのシーンとか朗読(笑)もしてみたんですけど、
「すごい!わかる!よくかけてる!」そうですよ。
(よけいな解説までされて読むのに時間かかった…!)
| chiekoa | 2005/11/30 6:26 PM |
こんばんは

はじめまして。

村上龍さんの本は「初めての夜、二度目の夜、最後の夜」を読んで感じたのですが、文章が映像的でないのに、読者が五感を使って感じ取れるところがすごいなぁと思いました。「初めての夜〜」ではまさにおいしい料理として、それを読者が堪能できるというかなんというか。

この本も、まさしくそれと同じように、サッカーを知らない読者でもフィールドにたってる錯覚をもたらすのではないかと・・・。そんな文章力ってすごいですよね。
| kbb | 2005/12/01 2:02 AM |
kbbさんはじめまして!コメントありがとうございます!
なるほど、五感ですか…やっぱり筆力というものですよね。
すごいですね!

村上龍さんの本は今までに結構読んでいる…はずなのですが、感想をちゃんと書いてませんでした。文庫で持っているものとかもあるので、再読してみたいなぁと思います!
| chiekoa | 2005/12/01 11:40 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「悪魔のパス 天使のゴール」村上龍
悪魔のパス 天使のゴール発売元: 幻冬舎価格: ¥ 680発売日: 2004/01売上ランキング: 84490おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/06/22 ワールドカップ一次予選中。ブラジル対日本、もうすぐですね。 この時期だけサッカーの試合を熱心に見る、自他共に認め
| 本を読む女。改訂版 | 2006/06/26 2:06 AM |