プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 悪魔のパス 天使のゴール [村上龍] | Top | 春期限定いちごタルト事件 [米澤穂信] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
賢者はベンチで思索する [近藤史恵]
416323960X賢者はベンチで思索する
近藤 史恵
文藝春秋 2005-05-26

専門学校を出たものの、思ったような就職先が見つからず、ファミレスでウェイトレスのバイトをしている久里子。そのお店の常連である老人と、偶然店の外で言葉を交わすようになった彼女ですが…。

こういうお話だったとは…!なんか題名とかから想像していたのと全然違う物語でおどろきました。でも、いいほうのびっくりです。

ストーリーも、登場人物のキャラクターも、特に何か特徴的というわけではありません。みんなすごく等身大というか、どこにでもいそうな人々で、彼らの抱える悩みや不安もよくわかる、とてもリアルなものです。そんな中でただ一人、国枝という老人だけが謎めいて、ちょっと異質な雰囲気を漂わせています。その「謎」が最後に解き明かされるわけですが…そこで「あっ!」と思わされました。そういえば最初から気になってたのに、すっかりうっかりしてたよ!と。こういう「あ!」はとっても爽快。

そんな国枝と久里子を軸に展開されていくこの物語は、全編になんとなく漂う漠然とした不安な気持ちというか、何かいやなことが起こるのかもしれないという予感がずっとあって、でもそれを毎度いい意味で裏切ってくれました。不安と安心を行ったり来たりしながら、すごく気持ちよく読めました。

おもしろおかしいお話とは違う、でもシリアスにえらそうな人間論とも違う。人の暗い面というか、黒い部分をめぐる話でありながらも、作品全体が全然そういう暗い雰囲気じゃないのです。最後まで読んで、いい本だったなぁと素直に思いました。すごいなぁと思いました。
| か行(近藤史恵) | comments(5) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
「アンハッピードッグズ」とは、全然違ったでしょう?私は、こっちの近藤さんしか知らなかったから、「アンハッピードッグズ」にはけっこうびっくりしたんだー。
| ゆうき | 2005/12/01 10:31 PM |
わたしもこの作品好きでした(^^♪
そして同じく題名と内容になんだかギャップを
感じた一人でもあります。
最後のあたりの展開なんて,まさに予想外でした
から。
でもいいお話でしたよね。
主人公の子がとてもかわいいなと思いました。
| mamimix | 2005/12/01 10:34 PM |
全然違いました〜!びっくり。でもどっちも好きです♪
またステキな作家さんを教えてくださってありがとうございました!
これだからやめられないわ〜。

mamimixさんもですか、なんででしょうねぇ?
じゃぁどういう話を想像していたのかと聞かれると、
自分でもよくわからないのですが…でもほんとよかったです!
| chiekoa | 2005/12/02 12:48 PM |
この本、タイトルから想像する内容とはかなり違いますよね。
でも、良い意味で裏切られた!という感じでした。
わたしも気に入った1冊です。
| tamayuraxx | 2006/05/01 7:48 PM |
tamayuraxxさん、これが初だったんですよね?
いろいろよさげな作品が他にも出てますから、ともに読んでいきましょう!おー!楽しみです…!
| chiekoa | 2006/05/02 1:50 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
賢者はベンチで思索する 近藤史恵
賢者はベンチで思索する近藤 史恵 文藝春秋 2005-05-26by G-Tools ★★★☆☆ 連作推理短編集・・・なのですが、これは、推理小説としてよりも、青春小説としてよかったと思います。 主人公の久里子は、服飾の専門学校を出たものの、服飾デザイナーになるという
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/01 10:28 PM |
「賢者はベンチで思索する」 近藤史恵
賢者はベンチで思索するposted with 簡単リンクくん at 2005.11.13近藤 史恵著文芸春秋 (2005.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/12/01 10:36 PM |
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵
「賢者はベンチで思索する」近藤史恵(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、ミステリー、小説、連作、中編、短編、日常の謎 いわゆる「日常の謎」を取り扱った、ミステリー連作集三編。中編というか、短編というべきか、各話、微妙な長さ。 「ファミレスの老人は
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/12/03 8:54 PM |
[本]近藤史恵「賢者はベンチで思索する」
賢者はベンチで思索する 近藤 史恵 / 文藝春秋服飾系専門学校を卒業後、就職できず近くのレストランで アルバイトをしている久里子。彼女の働く店に時々来ては コーヒー1杯で長居してゆく不思議な老人を 久里子はしばしば公園で見かけるようになる。 “国枝”と
| Four Seasons | 2006/05/01 7:37 PM |
賢者はベンチで思索する / 近藤史恵
フリーター女性の日常に起こる小さな事件やミステリーを描く、連作短編集。 主人公・七瀬久里子は21歳のフリーターである。 両親とひきこもりがちな浪人生の弟と暮らしている。 専門学校卒業後、希望するファッション業界の仕事に就けなかったので近所の
| 書庫  〜30代、女の本棚〜 | 2006/05/03 11:06 AM |