プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 春期限定いちごタルト事件 [米澤穂信] | Top | 明日の記憶 [荻原浩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
今夜はパラシュート博物館へ [森博嗣]
4061821660今夜はパラシュート博物館へ
森 博嗣
講談社 2001-01

『今夜はパラシュート博物館へ
 The Last Dive to Parachute Museum』
 収録作品
・どちらかが魔女 Which is the Witch?
・双頭の鷲の旗の下に Under dem Doppeladler
・ぶるぶる人形にうってつけの夜 The Perfect Night for Shaking Doll
・ゲームの国(名探偵・磯莉卑呂矛の事件簿1) The Country of Game
・私の崖はこの夏のアウトライン 
 My Cliff is the Outline against this Summer
・卒業文集 Graduation Anthology
・恋之坂ナイトグライド Gliding through the Night at Koinosaka
・素敵な模型屋さん Pretty Shop of Models and Toys

今回のS&Mシリーズの番外編は「どちらかが魔女」「双頭の鷲の旗の下に」「ぶるぶる人形にうってつけの夜」の三作品です。「どちらかが魔女」では大御坊さん、「双頭の鷲の旗の下に」では国枝先生の「おぉ?!」という物語が読めます。ふふふ。楽しい…。(でも「どちらかが魔女」に出てくる絵の謎がやっぱりわからない私。これ実話?調べればどっかに載ってます??)。そして「ぶるぶる人形にうってつけの夜」ではVシリーズの小鳥遊練無と「西之園家の令嬢」が出会いますが…この西之園家の令嬢さんは…ですよね!わかっちゃった、わかっちゃった。だってシリーズの先、最後まで読んじゃってるんですもん〜。

そして珍しく読みはじめでオチが読めました「恋之坂ナイトグライド」。うれしかったです!(笑)

「素敵な模型屋さん」は、きっと森さんの理想のお店なんだろうなぁ…。
| ま行(森博嗣) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
絵のお題は、美術技法の教科書なんかには「最後の晩餐」がよく出てきます。
遠近法における収束する点を消失点といいます。

http://www.geocities.jp/sakushiart/giho/25_2.JPG

ではまた。
| hoy. | 2005/12/05 9:25 PM |
あ〜!そういうことだったんですか!ほほう!
『ダヴィンチ・コード』も読んだのに、ダメなわたし…。
ありがとうございました!
| chiekoa | 2005/12/06 12:42 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
■ 今夜はパラシュート博物館へ 森博嗣
今夜はパラシュート博物館へ森 博嗣 講談社 2001-01by G-Tools 8編収録の短編集。 個人的には、シリーズものの番外編である最初の3つが面白かったです。 ・どちらかが魔女 S&Mシリーズの短編。 普通の大御坊さんなんて、べつに見たくない・・・と、思って
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/04/02 12:31 PM |