プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 黒と茶の幻想 [恩田陸] | Top | クール・キャンデー [若竹七海] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
麦の海に沈む果実 [恩田陸]
4062101696麦の海に沈む果実
恩田 陸
講談社 2000-07

「三月以外に入ってくる者があれば、そいつがこの学校を破滅に導くだろう」そんな言い伝えのある全寮制の学園に、二月の終わりの日に転入してきた少女・水野理瀬。何も知らない彼女を迎えたのは不思議な学校と、様々な秘密を抱える生徒たち。そして次々に起こる奇怪な事件。理瀬の隠された秘密とは…。

再読です。やっと正しい順番でたどり着きました。
刊行順で言うと、
 三月は深き紅の淵を
麦の海に沈む果実
黒と茶の幻想
黄昏の百合の骨
となるのですが、これは、→□い任皀痢璽廛蹈屮譽爐任后
私の場合はあ□、なので、かなりプロブレムでした。

この『麦の海に沈む果実』は、『三月は深き紅の淵を』の第四章で断片的に語られた物語の完全版であると言えます。『三月』の中では、それぞれのエピソードが突然、しかもちらっちらっと出てくるだけで、ものすごく思わせぶりだったのですが、これですっきりしました。

もちろんこの『麦の海』の中にも、「三月は深き紅の淵を」という本が重要な小道具として登場しています。でもその「三月」は、今まで読んできたあの『三月』とかあの「三月」とかとはまた違った「三月」です。正体不明、変幻自在、それこそが「三月は深き紅の淵を」。おもしろすぎます。すごすぎます…。

三月シリーズとしてのつながりはそれだけではありません。理瀬のルームメイトとして登場する「憂理」は、『黒と茶の幻想』で重要な役割を果たした「梶原憂理」と同じ名前を持っています。果たして二人は同一人物なのでしょうか?この学園では彼女たちの名字は隠されている(そういうしきたりになっているのです)ので、ばっちり同じとは言えないのかもしれません。境遇とか生い立ちも似通っていますが、恩田さんは「同じ名前であっても同一人物とは限らない」みたいな素敵にいじわるなことを言ってらっしゃったので(笑)、違うのかもしれません。そういうことを考えながら読むのも、また楽しいものです。

そしてこの『麦の海』は、理瀬の小学校時代を描いた短編「睡蓮」(短編集『図書室の海』収録)や、ヨハンが主人公の後日談である短編「水晶の夜、翡翠の朝」(アンソロジー『青に捧げる悪夢』他収録)、そして『黄昏の百合の骨』へとつながっていきます。それを考えるとこれはもはや「三月シリーズ」から一歩抜け出した「理瀬シリーズ」と言ってもいいのではないでしょうか。この広がり方が…ほんとうにすごいと思います。どこまでいくのか、ほんとうに楽しみです。

それにしても二度目なのにこんなに面白いなんて。ハラハラするなんて。一度目に読んだときも、この本のラストは印象的だったのでさすがに覚えていたのですが、それでも面白かったです。

以下は以前に読んだとき(2005年3月10日)の感想です。 
そう、すでにこの時点で先に『黄昏』を読み、次に『麦の海』を読むという間違いをおかしています。『黄昏』でおかしいと思ったときに、なぜちゃんと調べずにいきなり『麦の海』を読むのか!自分!おかげでつまりシリーズをほとんど全部逆から読んでしまいましたよ。とほほ。

----------------------------------------------------------------------------------

先に『黄昏の百合の骨』を読んでしまっていたのですが、やっと読みました。

読んでいて『黄昏…』の時の理瀬のイメージと何か違う…と思っていたのですが、最後まで読んだらその違和感の理由がわかりました。なるほど。

物語の中では、様々な事件が起こります。殺人事件なのか事故なのか…。でも、この物語でおもしろいのは、そういった「事件の謎解き」のミステリー的なおもしろさではなく、なんというか、もっと「物語全体」です。事件は確かに起きているのに、それだけではない、もっと違う何かが起こっていて、それが何かがわからない…。そういう焦りというか不安感というか、読んでいてどきどきして、先が読みたくなって、一気に読み終わりました。

十四歳の少女である理瀬の周囲の環境や、彼女が抱える悩み、みたいのもとてもリアルで、「このくらいのときってこういうことあったな、こういうこと考えていたな」というのを懐かしく思い出したりしました。(本筋からずれてます。)

さて、もう一度『黄昏の百合の骨』を読まないと…。(←ほとんど内容覚えていない。)そしてそれ以外にもこのシリーズ、いろいろ関連本があるみたいなので調べて読まないと…。恩田さんの作品は、登場人物がいきなり違う作品にちょろっと出てきたりするので、いちいち気になってしまうというか、それがまたいいというか、とにかく気になるのです。
| あ行(恩田陸) | comments(24) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
わたしもこんな繋がり方をしているのを知らずに
かなりぐちゃぐちゃな順番で読みました。
恩田作品、ただでさえ脳みそフル回転で読まなくちゃいけないのに大変でした^^;
| ふらっと | 2005/12/10 8:25 PM |
「黒と茶の幻想」はまだ読んでいないのです。
憂理ちゃんが登場するのですか?
気になるなぁ。
読みたいんだけど、厚さがね…
寝不足になること、間違いないので。
| なな | 2005/12/10 11:27 PM |
こんばんは。私は恩田さんの三月ワールドをこよなく愛しています♪
とくに「麦海」は言葉にできないほど大好きな作品です〜黎二がとにかく好きです。
ベスト3の記事にTBさせていただきました。
| EKKO | 2005/12/11 12:26 AM |
おお、順番がわかって嬉しいー。
「麦海」読む前に「三月」再読ですね。了解です(?)
ありがとうございます。
| ざれこ | 2005/12/11 3:24 AM |
順番があるのですね、知りませんでした!
『麦の・・・』は友人から勧められて読もうと思っていたところで、助かりました。
(なので、ちえこさんの記事もまだ中は読んでません・ゴメンナサイ)
| easily | 2005/12/11 10:34 PM |
ふらっとさん、ほんとにここ数日この世界のことで頭がフル回転です…夢に出そう!再読も楽しかったですよ〜!正しい順番で読むとまた違ったおもしろさが見つけられます。

ななさん、そう!憂理(らしき人)が登場するのですよ〜。実際には回想シーンのみですが、でも重要人物…。寝不足!いいじゃないですか!いっしょに目の下にクマを作りましょう!(笑)

EKKOさん、私も愛しちゃってます…!このワールドに魅了されまくりです。黎二がお好きですか。わかりますっ!実際いないんですけどね〜こういうタイプ(笑)。

ざれこさん、もうぜひぜひ正しい順番で…。
私はミスが多すぎる!このインターネットで何でもわかるご時世に、なぜちゃんと調べてから読まなかったのか…。ばかっ!

easilyさん、セーフ!ちょっと待った!ですよ〜。
『三月は深き紅の淵を』という本と、『麦の海』に出てくる「三月」とはまた違いますが、その違いを楽しむためにもぜひ正しい順番で…!
(なんか布教活動みたいになってきました…?!(笑))


| chiekoa | 2005/12/12 12:21 PM |
読む順番がわかってとっても助かりました!

私は、『図書室の海』を、『六番目の小夜子』の次に読む本という理由で手にしたために最初に「睡蓮」を読んでしまい、何も気づかずに『麦海』を読んで、「睡蓮」を再読。
そしてこれから『三月は深き紅の淵を』を読もうとしています。
微妙に順番違いを犯してしまっており、『三月』読んだあとに『麦海』再読するのでは、という予感がしています。
| こばけん | 2005/12/12 1:33 PM |
おぉ〜、ぜひ読んでください!『三月』!
三月ワールドとしては繋がっていますが、直接内容は関係ない(説明がむずかしい〜)ので、そういう雰囲気も楽しんでいただけると思います!『麦の海』の直接の続きものにあたるのは『黄昏の百合の骨』ですね。これは理瀬が主人公ですから!そして『黄昏』を読んだら『麦の海』に戻りたくなることは必至です。なーんて、いつまでたっても読み終わらない〜!
| chiekoa | 2005/12/12 6:40 PM |
なるほど、そうなんですか!
てことは、『三月』のあとは『黄昏』ですかね。
それとも刊行順に『黒と茶』に行くべき?
う〜ん、悩むー。
ともかく、恩田ループにはまって嬉しい(?)悲鳴です。
| こばけん | 2005/12/12 7:05 PM |
むずかしいところですね…!
個人的には『麦の海』の次に『黄昏』を読んで、
そのあと『三月』→『黒と茶』が一番混乱しないかと…。
| chiekoa | 2005/12/12 7:09 PM |
>chiekoaさん
アドバイスありがとうございます!
『三月』を読みたい気持ちも強いですが、
『黄昏』に行ってみることにします。
| こばけん | 2005/12/20 5:46 PM |
「黒茶」「三月」「麦海」「黄昏」という順番で読了です。楽しかったです。ただいま「禁じられた楽園」読書中です。

これが終わったら、もう一度「三月」「麦海」「黄昏」「黒茶」といってみようかな、と考えています。このシリーズは、本当にどれも面白いですね。恩田ファンの中でも人気が高いのがわかる気がします。
| akakak | 2006/02/16 12:15 AM |
おぉ〜オメデトウゴザイマス!(←?)
ほんと、楽しいですよね。読書ってこんなに楽しい!っていう感覚を実感します。大好きです。

こうなってくるとシリーズの続編が早く読みたい…。
でも「常野」の続編も読みたい…あぁっ!
| chiekoa | 2006/02/16 5:34 PM |
恩田陸さんの書かれる学園もの(というか、学生さん)はなんか好きなんです。今回もその例に漏れず面白かったです〜。
なんだか、最後に理瀬が学園側についてしまったのがちょっとショックだったりします。黎二も落ちちゃうし・・・。
シリーズの続きが気になります〜
| ぶっか | 2006/02/17 11:29 PM |
私も大好きです!学園モノ!
あの危うさがなんかいいですよね…どきどきしてしまいます。
私とはなんたる違い!とか思いつつ読んでます(笑)。

続きはもう気になるなんてもんじゃないですよ…!
早く読みたいですね!
| chiekoa | 2006/02/20 3:23 PM |
ちえこあさん。こんにちは
私も「三月」のあと、この「麦海」まで着ました。
まだまだ道は長いですが、早く先に行きたいような
読んでしまうのがもったいないような
そんな気分です。
次は「黄昏」ですかね、それとも「黒茶」ですかね。
う〜うん、悩ましい。
| ジョンレモン | 2006/05/15 5:54 PM |
『麦海』の次は『黄昏』の方が登場人物はつながってますからね〜。それでもよいかもです。あぁ、でもこれから読まれるなんて!あの楽しみが待ってるなんて!なんてうらやましい…。読んだら感想待ってます!
| chiekoa | 2006/05/15 7:28 PM |
chiekoaさん
こんばんは♪TB貼らせていただきましたやぎっちょです。コメント残しに来てくださってありがとうございました。chiekoaさんがコメント残された後も皆さんが「三月〜」を読め読めとそれはもうものすごい勢いで(笑)。
chiekoaさんの順番からは外れますが、↓´い汎匹鵑任澆茲Δ隼廚い泙后

えーと、それからブログの左下にリンクを貼らせていただきました。もし不都合や変更してほしいということなどございましたらお手数でもお知らせください。すぐに対応いたしますので。

それからそれから、chiekoaさんのブログを見てかなり驚愕しておりまして。ほとんど一日一冊ペースですよね!
本フリーク?の本ブロガーさんに、オススメ小説や好きな本を聞いて読むようにしているんです。特にこれはイチオシなどという本がありましたらぜひぜひご紹介ください!
長くなりましたが、今後ともどうぞよろしくお願いします♪
| やぎっちょ | 2006/06/23 10:38 PM |
やぎっちょさん、えぇ、もうぜひぜひぜひぜひ読んでください!読まれればきっと皆がこれだけ勧めたわけもわかろうというものです(笑)。順番に関してはかくいう私がえらいめちゃくちゃに読んでまして、それでもはまりましたから大丈夫です…はい。

リンクはっていただき、ありがとうございました!こちらからもさせていただきます!どうぞよろしく。

オススメは…「姫野カオルコ」さんなんてどうでしょうか?好き嫌いがあるかもしれませんが…私は大好きです!
| chiekoa | 2006/06/26 1:05 PM |
こんにちはー。
三月シリーズは「ぜひぜひぜひぜひ」でやる気満点出てきました!!
それから「姫野カオルコ」さん。お名前は聞いたことがありますがまだ読んだことがありませんので、チャレンジしてみます。
今度の買出しdayが7月前半にやってきますので、そこでまとめ買いして、だだっと読みまくります!
またTB&コメント残しに伺いますね!!!

あ、リンク問題ないようでよかったです。お返しをくださいましてありがとうございます★
| やぎっちょ | 2006/06/26 1:17 PM |
おぉ、すばやいレスが!(笑)

私は今日当たりまとめ買いしてしまいそうです。だって「DIVE!」の文庫と森博嗣さんの新作とよしもとばななさんの新刊が〜!みんな25日発売なんですもの…。
| chiekoa | 2006/06/26 1:21 PM |
すごくいい読書タイムでした。
まだ夢から覚めたくない〜って感じなので、
引き続き「黒と茶の幻想」を読んでます。
順番通りに読破できそうです。
| あおちゃん | 2006/06/26 7:34 PM |
おぉ、いい感じにはまってきましたですね!もっともっとずんずんずぶずぶはまってくださいませ。底のほうでお待ちしております(笑)。
| chiekoa | 2006/06/27 12:54 PM |
こんにちは!
私は『麦の海』→『三月』で読んじゃってるんです
けど‥『三月』の『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』に出てくる聖と黎二って『麦の海』の聖と黎二と同一人物なんですか?
| なか | 2007/11/10 9:41 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
麦の海に沈む果実*恩田陸
☆☆☆・・ 【三月以外に入ってくる者が 破滅をもたらす】と言い伝えられている 外界から閉ざされた不思議な学園の中で起こったことは 果たして夢なのだろうか 現実なのだろうか
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/12/10 8:28 PM |
「麦の海に沈む果実」恩田陸
麦の海に沈む果実 恩田 陸著「3月の国」と呼ばれる北の国にある学校。ここではみんな下の名前だけで呼ばれ、プライベートな事はお互いに詮索しない。「ゆりかご組」「養成組」「墓場組」とそれぞれの目的にあわせて分けられる生徒達。カリスマ性のある校長。自由な校風
| ナナメモ | 2005/12/10 11:28 PM |
恩田陸作品ベスト3
 My Best Books!への投稿です。 私はかなりの恩田ファンだと思っているのですが、実は読み残している作品も6〜7作品あります。 「蒲公英草紙」は手元にあるので近々読む予定。 という状況 での投票ですが、実は全然迷いませんでした。
| アン・バランス・ダイアリー | 2005/12/11 12:22 AM |
【読んだ本】麦の海に沈む果実/恩田陸
恩田陸の“学園もの”(と括ってしまっていいのか…)は、良いですね〜。 登場人物が良いんだな。
| こばけんdays | 2005/12/12 1:24 PM |
「麦の海に沈む果実」恩田陸
「麦の海に沈む果実」恩田陸 「麦の海に沈む果実」恩田陸 おもしろいです。少なくとも、恩田陸さんの本を読んで面白い、と思ったことのある方には、お勧めできます。 「三月は深
| ハードを愛して ソフトを愛して | 2006/02/16 12:08 AM |
「麦の海に沈む果実」
恩田陸さんの「麦の海に沈む果実」を読みました。 この「麦の海〜」は、先日読んだ「三月は深き紅の淵を」の4章でちらりと登場したお話が一冊の本になったもの(「三月」の4章は予告編みたいな位置づけだったのかな・・・?)です。 恩田陸さんの学園ものはやっぱり面
| ぶっかにっき | 2006/02/17 11:19 PM |
「麦の海に沈む果実」恩田陸
麦の海に沈む果実発売元: 講談社価格: ¥ 750発売日: 2004/01売上ランキング: 1,782おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/04/19 「三月は深き紅の淵を」を読んですぐにこれを読んだ。 すぐに読むと既視感が私を襲った。ちょっと混乱してしまった。 「三月
| 本を読む女。改訂版 | 2006/04/19 4:50 PM |
恩田陸 「麦の海に沈む果実」
麦の海に沈む果実 「三月の国」は「不思議」でいっぱい 三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたい
| ジョンレモンの読書日記 | 2006/05/13 2:29 PM |
麦の海に沈む果実 恩田陸
麦の海に沈む果実 ■やぎっちょ評価コメント 陸ちゃん3冊目はこの本。 頭痛の中あともう少し、もう少しと思いながら結構必死に読みました。陸ちゃん本は途中でやめるのが難しいですね。読後はおかげさまでげっそり。 ま、そんなことはともあれ、学園という狭い世界
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/06/23 2:36 AM |
「麦の海に沈む果実」恩田陸
タイトル:麦の海に沈む果実 著者  :恩田陸 出版社 :講談社文庫 読書期間:2006/06/15 - 2006/06/19 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめ
| AOCHAN-Blog | 2006/06/26 7:08 PM |
『麦の海に沈む果実』 恩田陸
恩田陸お得意の、美しく、 そして賢い少年少女たちの、学園ミステリー。 北の大地に広がる沼地の真ん中に、 霧に包まれ佇む学園。 訳アリの子らが集うそこは、入ることも難しいが、 出ることは、もっと難しいという。 それだけで、「秘密の花園」的な期待
| *モナミ* | 2006/11/25 6:51 PM |