プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 麦の海に沈む果実 [恩田陸] | Top | 青に捧げる悪夢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クール・キャンデー [若竹七海]
4396328133クール・キャンデー
若竹 七海
祥伝社 2000-10

十四歳の誕生日と夏休みの初日を翌日に控え、わくわくしていた中学生の渚。ところがその日、ストーカーに襲われマンションから飛び降りた兄嫁が治療のかいなく他界し、さらに、同じ頃そのストーカーも変死するという事件が発生します。兄・良輔がその殺人犯として疑がわれていることを知った渚は…。

舞台になっているのが『ヴィラ・マグノリアの殺人』や『古書店アゼリアの死体』でおなじみの葉崎で、さらにはそれらの作品に出てた人々も脇役で登場したりして、おぉ!とか思いながら、楽しく読みすすめました。

主人公・渚の一人語り、中学生の口調で語られるこの物語。さわやかに、楽しく、青春のあれやこれやを織り交ぜつつ、お兄ちゃんの無実を晴らすためにがんばる…こういうライトな児童文学みたいなのも書くんだなぁ、若竹さん、とか思いながら読んでいたら…最後の最後でぎゃふんとなりました。えぇ、もう、ほんとにかなりのぎゃふんでした!

えー!で、このあとどうなるんですかぁ?!
| わ行(若竹七海) | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
これ、若竹さんとの出会いなんですよ。そりゃはまるわって感じでしょう?
ぎゃふん度ではダントツですよね。(なにそれ)
| ざれこ | 2005/12/12 1:13 AM |
> えぇ、もう、ほんとにかなりのぎゃふんでした!

って、ちえこあさん、面白すぎ(笑)
私は、珍しいことに、犯人当てちゃったんですよね。
ぎゃふんとしそこないました・・・。

それにしても、若竹さんは、すごいよねー。
こんな雰囲気の本も、書けちゃうんですよね。
| ゆうき | 2005/12/12 3:13 AM |
ざれこさん、はまりますね!!!
こうきて、こうきて、こうくるとは…っ!!
おかしい…すっかり騙されました!

ゆうきさん、これで犯人当てるなんてすごいぃぃぃ!
尊敬のまなざしです…ぜんっぜんわかりませんでした!
雰囲気のあまりの違いにもすっかりやられた感じです。
くぅ〜!
| chiekoa | 2005/12/12 12:23 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「クール・キャンデー」若竹七海
クール・キャンデーposted with 簡単リンクくん at 2005. 4.24若竹 七海祥伝社 (2000.11)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 確か若竹七海さんの本で最初に読んだのがこれでした。 400円文庫。なので一回風呂に入れば読めます
| 本を読む女。改訂版 | 2005/12/12 1:12 AM |