プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 青に捧げる悪夢 | Top | θは遊んでくれたよ [森博嗣] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
黄昏の百合の骨 [恩田陸]
4062123320黄昏の百合の骨
恩田 陸
講談社 2004-03

「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り、家は処分してはならない」という亡き祖母の遺言に従って、子どもの頃に住んでいた「白百合荘」に戻ってきた理瀬。叔母である梨南子、梨耶子と共にその家で暮らし始めた彼女の身に降りかかる出来事は…。

再読です。やっと正しい順番でここにたどり着きました。

以前に、「三月シリーズ」を全く一作も読んでいなかった状態で読んだときでも、この物語はこれ単体ですごくおもしろかったことを覚えています。今回、改めて読んでみても、そのおもしろさはやっぱり健在でした。でも今、シリーズを順番に読んできた状態でこれにたどり着くと、また全然違った物語になっているというか、+αで楽しめるというか、自分の感じ方のあまりの違いにおどろきました。

今回の理瀬はあの『麦の海に沈む果実』の学園を去った後、留学していたイギリスから日本に帰ってきたところという設定です。最初から理瀬のキャラクターがつかめているので、物語にもすっと入り込め、ここに漂うものすごい緊張感、それぞれの思惑と疑心暗鬼が交錯するピリピリした雰囲気に思いっきり浸ることができました。

そして、以前読んだときには気づけなかった、理瀬とヨハン、理瀬と稔、理瀬と亘、理瀬と雅雪、それぞれの物語、それぞれの間の微妙な感情や関係というものに、すごくどきどきさせられました。よく読んだら理瀬、すごいかも…。いや、ほんとすごい。赤面しちゃいました。お、大人だわ…。

でも理瀬はまだ十六歳で、自分でもそのことは十分分かっていて、それでもまだ一人では生きていけなくて、その「大人と少女のはざま」のもやもやとした感情というか、精神と体のアンバランスさというか、そういうのがすごくリアルでした。どきどきさせられました。

そして全ての事件が解決したと思いきや…このラスト。以前読んだときのことをすっかり忘れていた私は、やっぱり驚かされました。電車で読んでいて、あと数ページというところで降りる駅に着いてしまったのですが、そこでやめられなくて、駅のホームでページをめくりました。二度楽しめてすごくお得でした!「理瀬シリーズ」この先がどう続いていくのか、ほんとうに楽しみです。

ちなみに以下は以前に読んだとき(2004年12月5日)の感想。
ここに戻ってくるまでほとんど一年かかってるじゃないですか。バカ…。
でもこれだけ楽しめたなら、順番間違って読んだのもよかったのかもしれません!二度目を読んでいるという苦痛は全くありませんでしたから!

----------------------------------------------------------------------------------

一気に読んでしまいました。先が気になって気になって…。

おもしろかったです!
とても怖い話ですけど。最後まで気を抜けません。

だた、最後まで読んでも「あれ?あの件は?何のことだったのかな?」と思うことがあったのですが、それはこの本がまた違う本の続編になっているからだということを、他のレビューを読んで知りました。しまった。そっちも読まねばです…。
| あ行(恩田陸) | comments(10) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
TBさせていただきました。
アドバイスありがとうございました。
これで安心して『三月は深き紅の淵を』に行けます。

ラスト、ほんとに最後まで気を抜けませんでした。
| こばけん | 2006/01/11 11:46 PM |
こばけんさん、読まれたんですね〜。
それにしてもこのシリーズもそれぞれの作品の色が全然同じじゃなくて、毎回楽しくどきどきさせられます…。
| chiekoa | 2006/01/12 7:22 PM |
TBさせていただきます。

「三月」や「麦」に比べると、ボリュームが少ないせいもあって一気に読めました。

理瀬はすきなのですが・・・。雅雪との会話で時々素に戻る理瀬がいいなぁ。ちょっと大人すぎてついていけません。

また、お邪魔させていただきます。
| akakak | 2006/02/18 10:31 PM |
akakakさん、そうですね、すごく大人びてますからね…でもそこが魅力?!私なんかよりよっぽど大人に思えたりして、痛々しく思ったりもして、なんだか振り回されてます?わたし(笑)。
| chiekoa | 2006/02/20 3:30 PM |
私もchiekoaさんのおかげでここまでたどり着けた一人です。長かったけど楽しかった・・・。順番教えてもらって大変参考になりました〜。ありがとうございます。
続編早く出ないかなあ。恩田さんは執筆ペースが早いので、私が忘れないうちにー。と勝手なことを思っています。
| ざれこ | 2006/04/24 11:50 PM |
いえいえ。ちょびっとでもお役に立てたなら光栄でっす!

そうですよ〜。忘れないうちに出してもらわないと、また最初から全部読まねばですよ〜。…それもまた楽しいかも(笑)。会社休んじゃいそうですけど。
| chiekoa | 2006/04/25 11:46 AM |
この作品は大好きですね!
「麦の海」よりも理瀬が成長していて、謎が多いし読み応えがありました。
最後の謎が解けるときはなるほど〜と思ったと同時に恐ろしいと思いましたね。
今度理瀬が登場する時は、また美しくなっているんでしょうか。
雅雪が素敵でしたね^^
| 苗坊 | 2006/04/25 10:27 PM |
ほんともう、理瀬には…女ですけどかなり翻弄されています(笑)。どきどきしちゃいます!早く続きが読みたい…恩田さ〜ん!
| chiekoa | 2006/04/26 5:15 PM |
こんばんは。
ようやくシリーズ制覇できました。
読んでいる時は、その世界にうっとり・・・。
早く次が出てくれないかなぁ。じゃないと内容忘れちゃう(笑
| あおちゃん | 2006/07/20 9:03 PM |
そうなんですよ。早く出てくれないと(笑)。
でも他にも読みたいシリーズがいろいろ。
あぁ、恩田さんが10人くらいほしいですね…。
| chiekoa | 2006/07/22 11:53 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
黄昏の百合の骨
黄昏の百合の骨 恩田陸 「麦の海に沈む果実」の主人公水野理瀬のその後のエピソードが描かれています。「麦の海に・・」が好きな人ならば、無条件に楽しめるのではないかと思います。私はあの世界が好きなので、ヨハンとのエピソードやその他の登場人物の名前がちら
| 本のある生活 | 2005/12/13 12:44 PM |
黄昏の百合の骨*恩田陸
☆☆☆・・  「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り  家は処分してはならない」  亡き祖母の奇妙な遺言に従い、理瀬は、やってきた……。       
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/12/13 6:17 PM |
【読んだ本】黄昏の百合の骨/恩田陸
新刊『エンド・ゲーム』も読み、「常野」ワールド一段落ということで、 恩田陸「三月」ワールドに戻ってまいりました。 この『黄昏の百合の骨』は、『麦の海に沈む果実』に登場する主人公・水野理瀬の、その後の物語です。 恩田さんの作り出すワールドの中でもおそ
| こばけんdays | 2006/01/11 11:40 PM |
「黄昏の百合の骨」恩田陸
「黄昏の百合の骨」恩田陸 「黄昏の百合の骨」恩田陸 ものすごい題名の本です。題名からして既に大変なことになっています。 「三月・・・」「麦の・・・」に続く長編小説です。本
| ハードを愛して ソフトを愛して | 2006/02/18 10:27 PM |
「黄昏の百合の骨」恩田陸
黄昏の百合の骨発売元: 講談社価格: ¥ 1,785発売日: 2004/03売上ランキング: 12,815おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/04/24 さて、三月シリーズ、現在刊行分は全部読みました。読む順番ですけど、 私が読んだのは「睡蓮」(少し前に)→「三月は深き紅
| 本を読む女。改訂版 | 2006/04/24 11:43 PM |
黄昏の百合の骨 恩田陸
黄昏の百合の骨 オススメ! 小さな町に、魔女の館と呼ばれている家がある。そこに、水野理瀬はやってきた。 ここは理瀬の祖母が持ち主だった。祖母が事故で亡くなり、遺言として理瀬が半年以上館住むことがかかれていた。 イギリスに留学していた理瀬はそれを途中
| 苗坊の読書日記 | 2006/04/25 10:25 PM |
「黄昏の百合の骨」恩田陸
タイトル:黄昏の百合の骨 著者  :恩田陸 出版社 :文春文庫 読書期間:2006/07/05 - 2006/07/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」亡き祖母の奇妙な
| AOCHAN-Blog | 2006/07/19 11:32 AM |
黄昏の百合の骨 恩田陸
黄昏の百合の骨 この本は こばけんさん、chiekoaさん、juneさん、雪芽さん、ななさん、読書猫さんにオススメしていただきました♪ いつもありがとうございます。 ■やぎっちょ書評 三月ワールドの四冊  「三月は深き紅の淵を」  「麦の海に沈む果実」
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/16 4:09 PM |
黄昏の百合の骨
前作は物語の中のような(まあ物語なんですが)学園の中での幻想的なミステリで、ファンタジー色も強かったが、今作はグッとミステリ色が濃くなり、随所に散りばめられた謎や伏線が、一癖も二癖もある色とりどりの人物によって紡がれる。 誰が味方か、誰が敵か、何
| 本を読もう | 2007/04/15 8:15 AM |
黄昏の百合の骨
黄昏の百合の骨恩田 陸 「夜のピクニック」以来の恩田陸作品。 「何か面白いの読みたいなー!」と思うと この方の作家さん(+数名)の名前が浮かびます。 ということで、何となくホラーじみた 素敵なタイトルだったので手に取ったら 作者は「恩田陸」。レジ
| きょうのできごと…。 | 2007/06/12 11:23 PM |
『黄昏の百合の骨』 恩田陸
『黄昏の百合の骨』 著:恩田陸「魔女の家」と噂される洋館に隠された秘密、「自分が死んでも理瀬が半年以上住まない限り、家は処分してはならない」亡き祖母の遺言の意図とは?洋館の周りで次々起こる事件。理瀬にも危機がせまる。恩田陸の作品は何冊も読んでいるのに
| *モナミ* | 2008/03/25 9:12 AM |