プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 人のセックスを笑うな [山崎ナオコーラ] | Top | gift [古川日出男] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
τになるまで待って [森博嗣]
4061824511τになるまで待って
森 博嗣
講談社 2005-09-06

探偵・赤柳にアルバイトを頼まれ「伽羅離館」を訪れた山吹・海月・加部屋の三人。超能力者・神居静哉の別荘であるこの洋館をで起きた密室殺人の真相は…。Gシリーズ第三弾。

ネタバレあり。

今回はえらくまた…あの、謎が謎のままですが!!密室の方は説明していただいたのでなんとなくわかりましたが、犯人が…誰だったのか結局分からないんですけど…。いや、すでにもうそんなことたいした問題じゃないんでしょうか?やっぱり。(←?)

まぁ私も例によって例のごとく、本編の謎を追いつつも、気になって仕方ないのは犀川先生と萌絵ちゃんのことなわけで…。んー!今回はどうなってるんでしょう??いっしょに帰ってきて、いっしょにご飯食べて…(まぁ諏訪野さんが作ってますけど)、しかもしかも、いっしょに朝を迎えたりしてるじゃないですか!きゃぁ〜!えーと、結婚ですか?結婚ですか??やっぱり前回の「市役所」はそういうこと??きゃー!どきどき!

って、他人事なのに何をこんなに必死になっているのかしら、私…。

そしてメインの謎よりも、やはり徐々にその色を濃くしてきた「真賀田四季」の影が…。どきどきします。どうなるのでしょうか?次回作が待ち遠しいです。

ちなみに、このマジシャン…じゃなかった超能力者の神居静哉。この人は、もしかして『幻惑の死と使途』のどっかに登場していた人ですか?だって加部谷恵美が以前に登場してるのもこの作品だし、あの事件のこと知ってるみたいだったし、マジシャン出てたし…。まぁ、もうお亡くなりなのでどうでもいいといえばいいのですが(笑)。

あぁ、そして赤柳初朗の正体が…気になります(汗)。気をつけて読んでるんですけど(見落としがあるかもしれませんが)赤柳さんのことを「彼」とか「彼女」って書いてある文章がないんですよね。ということは…男性とみせかけておいて女性?!(今回の「髭」の件もありますし)。保呂草さんとは「船で」会ったことがあって、でも各務さんのことは知らなくて、睦子さんのことは顔を知らなかった。犀川先生ともたぶん過去には会ってない(「初対面の」って書いてあったし)。うーん、誰?前に出てきた人なの?違うの?誰???蛇足ですが、彼の名前についてですが「青柳ういろう四季づくし」(!)なんてものが世にはあるらしいです。深読みしすぎかしら…。

そしてτといえば…時定数…になるまで待って?はて。
このタイトルも気にかかるところです。

「Gシリーズ」読了分リスト
1. φは壊れたね Path Connected φ Broke
2. θは遊んでくれたよ Another Playmate θ
3. τになるまで待って Please Stay until τ
| ま行(森博嗣(Gシリーズ)) | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは!
もう…犯人とかはどうでも良いのかもしれませんね。
それよりも私も犀川先生と萌絵ちゃんの関係には妄想しまくりです(笑)
そっちのほうを力んで読んでいました。
そしてそして赤柳の正体…気になります〜!

TBさせていただきました。
| リサ | 2005/12/17 1:28 PM |
宿題の提出ができていないシリウスです。
先に謝っておきます。ごめんなさい。
忙しくて電車の中でしか本を読む時間がなくて,その電車の中も暖房ぽかぽかで睡魔に負けてるというこの頃です。

Gシリーズもまだ1作しか読めてないし,どんなときでも1日に3時間は時間を気にせず読書できる時間が欲しいんだけどね。

…という言い訳でした。すみませんm(__)m
| シリウス | 2005/12/18 2:42 AM |
リサさん、妄想仲間ですね!!
いつまでも過去のキャラばっかりに執着している自分を、ちょっとどうよ?って思わないでもないんですけど、正直気になって仕方ないですもん…。
許してください!

シリウスさん、あ、お気になさらず(笑)。
ちなみに今『F』から地味に再読してます。楽しくて幸せ…。
| chiekoa | 2005/12/19 12:25 PM |
『幻惑の死と使途』を思い出すとは流石ですね。
言われて見れば関係あるかも?って思っちゃいました。

そしてΦ・Θ・τの記号が気になりますよね。
今回で凄く重要な意味を持つ気がしてきました。

今後も目が離せません。
| シリウス | 2006/04/01 11:46 PM |
なんかどきどきしますよね〜。
あぁ、でも早く続きを出してくれないと、いろんなことがこう、頭からぽろぽろ零れ落ちていってしまうので…っ!
| chiekoa | 2006/04/03 5:44 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『τになるまで待って』森博嗣
τになるまで待って森 博嗣 講談社ノベルス2005-09-06by G-Tools 森林の中に佇立する《伽羅離館》。超能力者神居静哉の別荘であるこの洋館を、7名の人物が訪れた。雷鳴、閉ざされた扉、つながらない電話、晩餐の後に起きる密室殺人。被害者が殺される直前に聴いていた
| ひなたでゆるり | 2005/12/17 1:25 PM |
森 博嗣の「τになるまで待って」読了
τになるまで待って 森 博嗣 著 「τになるまで待って」 ★★★ 森林の中に佇立する伽羅離館。"超能力者"神居静哉の別荘であるこの洋館を,7名の人物が訪れた。雷鳴,閉ざされた扉,つながらない電話,晩餐の後に起きる密室殺人。被害者が殺される直前に聴いて
| Grave of memory | 2006/04/01 11:43 PM |
『τになるまで待って』
森博嗣のGシリーズ3作目。感想見てますと、S&Mで好きになって、Vシリーズで盛り上がって、四季シリーズで感嘆して、Gシリーズで飽きが来るのがお約束なのかしら? どこまで作者について行けるか耐久レースの趣をかもしだしています。短編は詩的でいいんですけどねぇ。
| よろずことのは | 2006/07/01 10:40 PM |