プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< gift [古川日出男] | Top | ビタミンF [重松清] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
砂漠 [伊坂幸太郎]
4408534846砂漠
伊坂 幸太郎
実業之日本社 2005-12-10

仙台の大学を舞台に、北村と彼の仲間たち、鳥井、南、東堂、西嶋ら、男女五人が繰り広げる青春物語。

大学に入学した「春」の章からはじまり、次の年の夏、またその次の年の秋、さらにその次の年の冬…ときてまた春になるまで。各章ごとに、大学生活四年間のそれぞれの季節の物語がつづられています。

なんというか…思いっきり「大学生」だったあのころにトリップしたような、そんな感覚を覚えました。別に、私の学生生活がこんなだったわけではありません。むしろそれだけをとったら全然違います。少なくとも犯罪に巻き込まれてはいないですし(笑)。

でも、やっぱりほとんどの時間を一緒に過ごした仲間たちが私にもいました。「友達」じゃなくて、「仲間」。クールなやつも、熱いやつも、バカみたいに軽いやつも、お調子ものも、人気者のかわいい子もいました。彼らといっしょにバカなこともやったし、痛い目にもあったし、楽しいこともたくさんやった。恋愛もしたし、ちょっぴり真面目な話を熱く語ったことだってあったし、なんでこんなことが自分たちに起こるんだろうって呆然としたことだって、超えられない壁の前で立ちすくんだことだってたくさんあった。そういう、自分の中にずっと存在している「あの頃」に、気持ちがふっと戻ったような…そんな気持ちになりました。もうあれから何年…ですか?歳とったなぁ!(笑)

この小説の魅力はもう、登場人物たちのキャラクターの魅力に尽きると思います。みんなそれぞれ違ってて、でもそれぞれが魅力的で、仲間で。彼らのことが大好きになりました。「青臭い」って、振り返ってみるとなんてかっこいいのかしら!麻雀は全然わからないので、そこのシーンが若干つらかったですが、でもそんなことはささいなことです。そして主人公たち五人も大好きですが、何気に幹事の莞爾くんが結構気に入りました。だってわかるもん、その気持ち…!彼は影の主役だと思います。

大学を出て飛び込んだ社会が「砂漠」なのかどうかはわからないけれど、でも「砂漠に雪を降らせてやる」って思う気持ち、強く信じられる気持ち、そういう気持ちだけはいつまでも忘れないでいたいなぁと思いました。

そして、これを期にわたしもぜひ麻雀を覚えよう!と思いました。
なんてことは、まるでない。

【追記】
ちなみに、作中に登場する「家裁の調査官」って…彼ですか!!!
(↑大好き!!!)

【感謝】
活字中毒日記」のトラキチさんのおかげでこんなに早くこの本を読むことができました。ほんとうにありがとうございました!
| あ行(伊坂幸太郎) | comments(36) | trackbacks(33) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは、最近呼んだのですが「家裁の調査官」には、
うっかり気付きませんでした。確かに!!
上のエントリの「そして、これを機に…」は私もたいへんに
同感です♪
| PNU | 2005/12/19 1:51 PM |
きっと、きっとそうだと思うのですよ!!!
陣内さん〜!!!
あの怪しい「古賀さん」も怪しかったのですが、
思い当たるフシがなかった…。
| chiekoa | 2005/12/19 3:53 PM |
着ぐるみかぶって親父を殴ったあの人。
うわ、この人ここで来たか〜!
とニヤリとしてしまいました。

最後の莞爾君の台詞、分かります。
彼は名前に縛られてしまった
ちょっとかわいそうなキャラでしたね。

それにしても、北村君のはしょり具合にはやられました。
| ぶっか | 2005/12/19 8:41 PM |
そういう意味でいうと、莞爾くんが一番リアルだったんですよね、私の中では…。
あのダメっぷり、痛いっぷりに覚えがある…(汗)。

もちろんほかのキャラも大好きですけど!
| chiekoa | 2005/12/20 11:35 AM |
始めまして。
この作品は本当に登場人物のキャラ設定がいいですよね。非常に共感できます。

幹事役の莞爾君もいい味ですし、個人的には鳩麦さんもナイスですね。
| 僕の視点 | 2006/01/06 2:13 PM |
はじめまして!コメントありがとうございます!
ほんとにみんな見事なキャラですよね。鳩麦さんが年上の女性だってところでも結構うなっちゃいました!
| chiekoa | 2006/01/10 3:47 PM |
はじめまして。
コメントありがとうございました。

ホントに魅力的なキャラ勢ぞろいですよね。
次の作品が楽しみです。
| たい | 2006/01/12 10:43 PM |
幹事の莞爾くんの「仲間に入りたかった」って台詞、ズシンと来ました。読者である私の言葉です。
そして私は古賀さんが気になりましたよ。
未読が2冊あるのですが、今まで出てきていないですよね?この先どこかで古賀さんに会えることを期待したいと思います。
| | 2006/01/24 7:11 PM |
わたしもやっと読みましたー。
大学時代もっとハメはずしときゃよかったなぁ
と後悔してるくらいなので,こういう他人の
大学生活読むと追体験できる感じで楽しいです。

自分の大学時代に思いも馳せましたね……
いろいろあったけど,トータルでみたらいい思い出だったかな。

麻雀はテレビゲームでしかやったことないです。
こんなこと言うと西原先生に怒られそうです!
西原作品の麻雀関係作品もよくわからんので
そのために基礎を学ぶのもいいかな,と真剣に
考える今日この頃。…いやほんとに(笑)
| mamimix | 2006/01/25 11:54 PM |
そう、古賀さん、怪しいですよね。気になります!
覚えておこう!

mamimixさん、私もサイバラさんの麻雀本は全部持ってますが、読んでもさっぱりわからないクチです。わかんないけどおもしろいからいいわ〜と勝手に…(汗)。わかったらもっと楽しいんですかねぇ。でもあんなにはまったら…えらいこっちゃ!
| chiekoa | 2006/01/26 6:03 PM |
名前なしのコメント、私です。
怪しくてすみませんでした。
| なな | 2006/01/26 6:54 PM |
トラバもいただいてたので、わかってましたです!
以心伝心…怪しくないです♪
| chiekoa | 2006/01/26 6:55 PM |
はじめまして、くろと申します。
TBさせていただきました♪

自分の記事では結構イマイチな感じのことを書いてますが、
実際のところは、すっごい楽しく読みました。
読後のよさは、もう、頭抜けてますね〜。ビバ!伊坂さん!!

で、ちょっと、西嶋くんに感化されたような気も。
犬を連れてくることはできませんけども(^-^;
| くろ | 2006/02/06 8:06 PM |
chiekoaさん、こんばんは♪
本当にご無沙汰しております。
なかなかレビューが書けなくて遅くなりました。
おかげで2回読みましたけど(笑)

南&東堂(学生)と鳩麦(?)(社会人)とのキャラの微妙な使い分けも巧く書けていたと思います。

新刊グランプリ第5回もはじまっております。
便宜をはかって投票欄に前もって名前を入れさせていただいております。
お暇なときにまたお願いします。
| トラキチ | 2006/02/07 10:05 PM |
くろさん、はじめまして
ほんとに西嶋くんはもう…絶品ですね!
感化されて、世間から浮いてみるのもまたよしかもしれません!

トラキチさん!お待ち申し上げておりました(笑)。
おかげさまで、ほんとに楽しませていただきました。
ありがとうございました!

新刊グランプリもがんばります!
(いつもまとめて投票ばっかでごめんなさい…)
| chiekoa | 2006/02/08 6:00 PM |
chiekoaさん☆こんばんは

「砂漠に雪を降らせてやる」と力説した西嶋くんは、卒業後どんな人になるのか楽しみ!
その後の西嶋くんの話も読みたいなぁなんて思います。
| Roko | 2006/02/13 11:45 PM |
西嶋くん…オオモノですよね!
きっと彼は何かでかいことをやると思うんですよ…楽しみです!
| chiekoa | 2006/02/14 1:42 PM |
こんばんは。
幹事の莞爾くん、良かったですよね。最後の言葉、私も気持ちわかるわかる!
家裁調査官の彼のエピソードも嬉しかったです。
TBさせていただきました。
| EKKO | 2006/02/20 12:44 AM |
こん**は。TBさせていただきました。
偶然なんですが、『砂漠』のすぐあとに奥田英朗さんの『サウスバウンド』を読んでしまい、『砂漠』西嶋と、『サウス〜』元過激派の父に感化されてしまいそうです(笑)

しかし、やっぱり使っちゃいましたね、シメの決めコメント。
かく言う私も使ってしまいました。
| こばけん | 2006/02/23 2:02 PM |
使わずにはいられないでしょう(笑)。つい!
ああいうツボを押さえたところが大好きです!
| chiekoa | 2006/02/24 5:57 PM |
やっと読み終わりました。この作品は、皆でオフとかで会って、語りあいたい作品ですね。なんせ、レビューじゃ語りきれないほど、てんこもりですからね。
| すの | 2006/03/05 3:03 PM |
おぉ、いいですね。第二回、やりますか?!
幹事は…おまかせしますので(逃げっ)。
| chiekoa | 2006/03/06 5:47 PM |
TBさせていただきました。
こんな学生時代を送っていたわけではないけれど、
それでも、昔を思い出してしまいますね。
5人の友情、いつまでも変わらないでいてほしいですね。
| | 2006/03/16 10:30 PM |
花さんこんにちわ!
ほんと、この続編とか出ないですかね〜。
すっかりばらばらの5人とかでもいいから、読んでみたいです。
| chiekoa | 2006/03/20 12:33 PM |
chiekoaさん、こんばんは♪
伊坂さん、今年最初の新刊出ましたね。
結構売れているみたいです。

さて、TBさせていただきましたが新刊グランプリの加点投票&クイズ実施しております。

今回も是非ご参加いただけたら嬉しく思います。
| トラキチ | 2006/03/25 1:26 AM |
はじめまして ナツコと申します。

一行一行、じっくり読んだ一冊でした。
早くも今年のベスト1を読んじゃった気すらしてます。
私も麻雀はわからないけど面白かったです。
南ちゃんが微妙にヒロインじゃないとこもよかった。
先月出た新刊も早速購入しようとわくわくしています。

| ナツコ | 2006/04/28 6:54 PM |
ナツコさん、はじめまして!
コメントありがとうございま〜す!

新刊、私も買ったんですけど、まだ読んでないんですよ。
読んだら感想聞かせてくださいね〜!
| chiekoa | 2006/05/01 6:09 PM |
ほんとに5人のキャラクターが魅力的でした。
いつもの伊坂テイストあふれる、でも新しい要素もいっぱいの、
ドラマチックな青春群像劇でした。
あの人がいたから、この西嶋がいるのですね(笑)。
| 藍色 | 2006/06/06 4:28 PM |
藍色さん、そうなんですよ〜!
あのお方が!こんなところで!(笑)
さすがですね〜。さすが、私が愛しているだけのことはあります!(笑)
| chiekoa | 2006/06/08 12:13 PM |
こんばんは!
ついこの間読みましたー。
候補作にならなかったらもう少し積んでいたかも、
と思うと勿体無いことをしていたなーと。
今の西嶋を形成した人があの人!興奮しましたよ!
私も大好きですもん♪
最後、西嶋が東堂に語った言葉にじ〜んとしちゃいました。
西嶋の今後を知りたいなぁ。どこかでまた出会わないかしら。
| | 2006/07/11 9:35 PM |
あ、ごめんなさいっ。
↑のコメント私です(^-^;)
すみませんー。
| リサ | 2006/07/11 9:37 PM |
リサさん、私も大好きなので大興奮でした!
表紙といい、タイトルといい、まぁ手を出しにくい感じですからね(笑)。いいきっかけがあってよかったです!
そしてついに明日が発表。どきどき…。
| chiekoa | 2006/07/12 3:59 PM |
こんにちは!
せっせと、読みたい本がいっぱいあるので、読書の日々を過ごしています。
chiekoaさんのおかげです。
さて、『砂漠』ようやく読みました。
「家裁の調査官」!出てきましたね。
伊坂氏の作品には、こういうユーモア(?)がいっぱいつまっているのがファンにはたまりませんね。
TBさせていただきました。
| percy | 2006/10/03 3:05 PM |
まぁ、おかげだなんて!
そんなことない…ですけど、言われるとうれしいのでもっと言ってください(笑)。

そうなんですよ!そういうちょっとした「お遊び」がたまらなく楽しいんですよね〜。それがあるからほんとうは刊行順に読むのが一番いいんでしょうけど。私はわりとメタメタで、後から気付いてくやしい思いをしたことが…。
| chiekoa | 2006/10/04 4:06 PM |
家裁の調査官私も好きです!
チルドレン以上の傑作はない!と思っていたらそれ以上に面白い「砂漠」に出会い伊坂信者になりました笑
| 鷲尾 | 2007/03/03 9:43 AM |
鷲尾さん、おお、『チルドレン』を超えました?!私はあれが出会いの一冊だったという思い入れもあり、まだあれを超える作品には出会えていないかも…いやそんなこともないかな…甲乙付け難すぎて難しいです(笑)。ともに信者としてがんばりましょう!!
| chiekoa | 2007/03/03 6:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[読書]砂漠/伊坂幸太郎
砂漠伊坂幸太郎著実業之日本社 (2005.12)ISBN:4408534846価格 : 1,600円bk1で詳細を見る[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408534846/ref=ase_dekopon05-22/249-9224676-1810743:title=Amazonで詳細を見る] ★★★★★ 文句なしに面白かったです。ブラボー
| でこぽんの読書日記 | 2005/12/19 1:14 PM |
[ゴールド]伊坂幸太郎「砂漠」
2005.12実業之日本社¥1,600   仙台の大学生男女5人組と、恋愛と犯罪と世界と超能力のお話。  脇道かと思った話が本筋と深く関わったり、意外な人が意外な活躍を したり…サプライズてんこもり、あらすじ紹介をしたくない本。 主人公は、クールな男子大学生・北村
| 読書日記★PNU屋★ | 2005/12/19 1:52 PM |
「砂漠」
伊坂幸太郎さんの「砂漠」を読みました。「大学の一年間なんてあっという間だ」 入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン・・・・・・。 学生生活を楽しむ五人の大学生が、 社会という"砂漠"に囲まれた"オアシス"で 超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、
| ぶっかにっき | 2005/12/19 8:33 PM |
『砂漠』
伊坂幸太郎『砂漠』読了。前作の『魔王』に比べると、いわゆる?伊坂節?ってやつが復活した感じがある。 物語は大学生の青春群像とでも言おうか、自分の懐かしい大学時代を思い出しもした。学生と言えば、ってことで麻雀が出てくるんだけど、麻雀を知らなくても大丈
| tetsu.net-blog | 2005/12/24 3:31 AM |
◎◎「砂漠」 伊坂幸太郎 実業之日本社 1600円 2005/12
 偉そうな言い方を許していただければ、一人の作家の作品を読み続けていると、“来たな!”と感じさせる作品がある。偉そうなというのは、文章の世界において、例えば東野圭吾みたいな天性の物語作家に対して、評者がああだこうだいう程の立派な人物でないことは自覚し
| 「本のことども」by聖月 | 2005/12/27 2:59 PM |
砂漠に雪を降らせよう
「砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」 伊坂幸太郎さんの「砂漠」を読んだ。 以前から気になっていた伊坂幸太郎さんが青春物を書いた!!!ということで=必然的に読むしかない という流れのため読んでみた。 おもしろい!!! 他の伊坂作品を知らない
| 僕の視点 | 2006/01/06 2:07 PM |
「砂漠」 伊坂 幸太郎
大学入学後、なにげなくつるむようになった4人。 この4人がマージャンしたりボーリングしたり事件に巻き込まれたり…。 一度読み始めたら止まらない。伊坂幸太郎独特の軽快な会話。 伊坂作品の登場人物たちの会話はどうしてこんなにもカッコイイのだろう? 真似
| たいの身勝手書評 | 2006/01/10 11:24 PM |
伊坂幸太郎『砂漠』  ★★★★☆
砂漠 伊坂 幸太郎  わーん伊坂大好き! 筆舌に尽くしがたくいい本でしたー。評価が満点ではないのは、彼ならもっとやってくれると信じているからです。  一見ミステリじゃなくて、ずーっと普通の大学生の青春小説として読んでいましたが、まあ読んでびっくり。
| book diary | 2006/01/14 11:00 PM |
砂漠 伊坂幸太郎
砂漠伊坂 幸太郎 実業之日本社 2005-12-10by G-Tools 大学生活の「日常」を丁寧に描いてくれて、懐かしさを感じさせてくれる本です。ああ、大学時代って、こんな感じだったなあ、と。実際は、麻雀、合コン、ボーリングなど私はあまりしていないことを、彼らはするので
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/01/22 11:23 AM |
「砂漠」伊坂幸太郎
砂漠伊坂 幸太郎 仙台の大学に入って最初のコンパ。遠くからみんなの様子を見ていた北村に声をかけてきた、鳥みたいな頭でお調子者の鳥井。不思議な能力を持つ南、愛想のない美女の東堂、前進あるのみの西嶋、5人の大学生活。大学時代ってホントくだらない事が面白かっ
| ナナメモ | 2006/01/24 7:12 PM |
「砂漠」 伊坂幸太郎
砂漠posted with 簡単リンクくん at 2006. 1.21伊坂 幸太郎著実業之日本社 (2005.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/01/26 12:02 AM |
伊坂幸太郎 「砂漠」
伊坂幸太郎さん最新作「砂漠」読了。テーストは、「鴨とアヒルのコインロッカー」に通
| セミ玄人の独り言 | 2006/01/26 11:33 PM |
『砂漠』読了。
 伊坂幸太郎『砂漠』の感想をこちらに。少し前まで、内心こっそり「伊坂作品ってだんだんマンネリになってきたな…」と思っていたんだけれど(ゴメンなさい!!)、このところ出す作品出す作品どんどん違う色を打ち出している伊坂氏、ここにきて決定打を出してきた気が
| 日々のちょろいも | 2006/02/06 9:35 AM |
砂漠(伊坂幸太郎、実業之日本社)
何の予備知識もなく読み始めた一冊。                         「大学の一年間なんてあっという間だ」 麻雀、合コン、バイト……普通のキャンパスライフを送りながら、 「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、 もがく
| にゃんこと歩く。 | 2006/02/06 7:48 PM |
『砂漠』 伊坂幸太郎 (実業之日本社)
砂漠伊坂 幸太郎 / 実業之日本社(2005/12/10)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <“いつまでも素直な気持ちを忘れずに生きようよ!”ということを教えてくれる青春小説の決定版!> 今までの伊坂作品は本
| 活字中毒日記! | 2006/02/07 9:57 PM |
砂漠
砂漠 実業之日本社 伊坂 幸太郎 このアイテムの詳細を見る 「四者会談。確率と中国語の研究ですよ」  「何それ」  「麻雀」西嶋は右手の指を3つ立てた。「今、3人まで見つかったんだけど、あと1人は北村じゃないとダメなんですよ」(本文より抜粋)
| ついてる日記 | 2006/02/13 11:41 PM |
砂漠
やはりハードカバーは伊坂幸太郎作品しか買えないね、お金ないし。 「砂漠 伊坂幸太郎」 最後の方の「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係の贅沢である」というサン=テグジュペリの引用が全てを表現を集約しているような作品でした。 現実にいそうな北村・鳩
| Fの系譜 〜浜松在住〜 | 2006/02/18 8:59 PM |
『砂漠』 伊坂幸太郎 実業之日本社
砂漠 ここのところ、ライブだトリノだと、ほかのことに夢中になってしまって(トリノはちょっと淋しい展開ですが)、読書がお留守になってしまっています。ぼちぼち読んでようやく読み終えました。時間はかかりましたが、面白かったです。ととも良い読後感でした。 大
| アン・バランス・ダイアリー | 2006/02/20 12:25 AM |
【読んだ本】砂漠/伊坂幸太郎
いいです。 うん。 いいです。 青春小説です。
| こばけんdays | 2006/02/23 1:54 PM |
「砂漠」伊坂幸太郎
「砂漠」伊坂幸太郎(2005)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、現代、小説、若者、群像、青春、大学 ※あらすじあり。未読の方は、注意してください。ネタバレはないと思いますが・・。 仙台を舞台にした、大学生を中心とした若い男女の物語。 「魔王」で考えろ、考える
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/03/05 3:01 PM |
伊坂幸太郎【砂漠】
あなたは「学生時代に戻りたい」と思いますか? 私は…… 学生時代、楽しかったけど、戻りたいとは思わない。 学生時代って辛いです。 毎年、試験が何回もあるし。レポート書いたり、宿題があったり。 世間の流行をいちいち追わないとダメだ、
| ぱんどら日記 | 2006/03/07 3:12 PM |
「伊坂幸太郎【砂漠】ドラマ化構想」という名の妄想。
3月5日に伊坂幸太郎の小説【砂漠】を読んでの感想を書きましたところ、「こばけん」さんからコメントをいただきました。 「ドラマ化するとしたらどんなキャスティングになるんだろう、などと想像するのが楽しい作品ですね」 というわけでドラマ化の妄想をふく
| ぱんどら日記 | 2006/03/07 3:24 PM |
第4回新刊グランプリ加点投票&クイズ実施します。
みなさんに盛り上げていただいております第4回新刊グランプリ!(第3回の最終ランキングはこちら)現在525票ものご投票誠にありがとうございます。 現在までの加点前確定ランキングは次の通りです。 1  『死神の精度』 306点  2  『蒲公英草紙』 211点
| 活字中毒日記! | 2006/03/25 1:25 AM |
「砂漠」伊坂幸太郎
タイトル:砂漠 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :実業之日本社 読書期間:2006/03/03 - 2006/03/06 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何
| AOCHAN-Blog | 2006/03/30 1:42 PM |
砂漠 [伊坂幸太郎]
砂漠伊坂 幸太郎著 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂
| 玉葱の本棚 | 2006/05/16 12:44 AM |
砂漠 伊坂幸太郎
砂漠 ■やぎっちょ評価コメント(この本はエビノートさんオススメで読みました。エビノートさんありがとう!!) 超能力があってもいいんじゃないか、って思う人は先にワンクリック 普通系ですね。内容が。というより日常系かな。 無理、飛躍した設定はなくて大
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/05/17 2:45 AM |
砂漠、伊坂幸太郎
装幀・写真は大塚充朗。装画は清伊吹。岩手・盛岡に住んでいた僕、北村(語り手)は仙台の国立大学に入学し、新入生歓迎コンパに参加します。そこで描かれる何人かの個性的な若者た
| 粋な提案 | 2006/06/06 4:28 PM |
仙台の大学生たちの日常 伊坂幸太郎著「砂漠」
近々、直木賞を獲るのではと、言われている注目の作家。 伊坂幸太郎。 今日は、その著作「砂漠」をご紹介。 砂漠伊坂 幸太郎 (2005/12/10)実業之日本社この商品の詳細を見る 仙台の大学に入学した若者の春夏秋冬の出来
| 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 | 2006/07/04 1:05 AM |
『砂漠』伊坂幸太郎
砂漠伊坂 幸太郎実業之日本社2005-12-10by G-Tools 「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まば
| ひなたでゆるり | 2006/07/11 9:30 PM |
「砂漠」伊坂幸太郎
砂漠発売元: 実業之日本社価格: ¥ 1,600発売日: 2005/12/10売上ランキング: 12285おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/07/10 直木賞選考会にて。 「ああ、また伊坂くんか」 「もう5回目ですわね、ふふ」 「今度はなんだ、ミステリじゃないのか」 「青
| 本を読む女。改訂版 | 2006/07/12 12:05 AM |
『砂漠』 伊坂幸太郎著
まだまだ、伊坂ブームです。 『ラッシュライフ』、『チルドレン』に続き、 『砂漠』伊坂幸太郎著 砂漠posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 3伊坂 幸太郎著実業之日本社 (2005.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ****
| バンザイ | 2006/10/03 3:02 PM |
砂漠
砂漠/伊坂 幸太郎 ? ¥1,600 Amazon.co.jp あらすじ 麻雀、合コン、バイトetc……普通のキャンパスライフを送りながら、「その気になれば俺たちだって、何かできるんじゃないか」と考え、もがく5人の学生たち。社会という「砂漠」に巣立つ前の「オアシス
| 座間市民の読書記録 | 2007/03/03 9:44 AM |
砂漠
誰にでも勧められる青春小説。 伊坂幸太郎の描く個性は、強烈な存在感を示す。 テンポがすごい良い。上に飽きない。 そして、何より「西嶋」という異端児というか変人というか信じる者が、この物語を より価値あるものにしている。 できないことはない
| 本を読もう | 2007/03/27 6:26 PM |