プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 砂漠 [伊坂幸太郎] | Top | 凍りのくじら [辻村深月] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ビタミンF [重松清]
4104075035ビタミンF
重松 清
新潮社 2000-08

主人公たちは基本的に中年のおじさんたちで、自分とは性別も年齢も全然違う人たちなのですが、その人たちの背負っている心の重さが、どうしてこんなに自分に染みてくるんだろうと、読んでいて不思議な気持ちになるほどでした。

正直、重すぎてつらかったりもしたのですが、それぞれの短編の最後でふっと力が抜けるような、気持ちが楽になるような、そんな気持ちを味わえました。これで解決、万事オッケーというわけじゃないけれど、でも…ちょっと微笑むことができるような、そんな感じでした。

私は親にこんなふうな思いをさせてきちゃったのかな、自分が親になったときにこんなふうな思いをするのかな、いろんなことを思いながら読みました。自分のこれからの人生の節目節目で、読み返してみたい気持ちになるのかもしれないなと思いました。とりあえず、子どもができたらきっとまた読むと思います。

私にとっての「ビタミンF」の「F」は、やっぱり「Family(家族)」です。
| さ行(重松清) | comments(8) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
初めまして。
検索してこのブログを発見!読ませていただきました。
本の内容を聞いて是非読んでみようと思いました☆
また寄らせていただきます!
ではでは。
| ・管理人一号 | 2005/12/20 11:22 AM |
ビタミンFは家につん読してあります。こんど読むときに参考にさせていただきます。ありがとうございます。それにしても読み速度が速いですね♪すごいな〜と思っています。
| nanaco-bookworm | 2005/12/21 8:40 PM |
だいたい一日一冊なんですけど…。
通勤時間が長いので、往復の電車の中で読んでます。
ビバ・図書館!
| chiekoa | 2005/12/22 3:44 PM |
はじめまして
俵万智「トリアングル」を検索していてたどり着きました。
ビタミンFは半分ほどのところで、しおりを挟んだ状態で枕元に置きっぱなしです。
重松さんの本では「流星ワゴン」がおすすめ、一気に読んでしまいました。
若かりし頃の父親と、事故死した親子の車に乗って、過去にドライブしながら…ダメだ、説明べたですみません。
既婚者で主人公と年齢の近い私には、とても読みやすい本でした。
長くなってしまいました、また来ます。
| いろは | 2006/10/27 6:12 PM |
いろはさん、こんにちは。
『流星ワゴン』読んだことがないので、今度読んでみます!
| chiekoa | 2006/10/30 5:18 PM |
はじめまして、ちえこあさん。
重松さんなら、やっぱり「疾走」がお薦めです。
これも、かなり重くつらい本ですが、読む価値はあると思います。
| masa | 2006/11/15 8:10 PM |
masaさん、こんにちは!
『疾走』…存じております!あの文庫の表紙にびびって読んでおりませんでしたが…やっぱり読む価値ありですか。いや、名作のニオイはしていたのですが…なんとなく避け続けてしまいました。コレを期に読んでみます!
| chiekoa | 2006/11/16 1:32 PM |
はじめまして。
ほんとは、「守人シリーズ」でこちらに来たんですが、
重松さんの本も読んでいらっしゃって、ついこちらに書かせていただきました^^;
重松さん本は読むといつもはまって泣いてるので、また読みたいと思ってました。
今度、ビタミンF読んでみます。

守人シリーズ好きです〜面白いですよねー。
最初読んだ時はバルサより若かったのに、今は歳越してしまいました。
NHKBSでアニメ化されてそちらもよかったですよ〜。

読書の参考に、また来ます。
お邪魔しました〜。
| ボンビー | 2007/10/24 4:51 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ビタミンF 重松清
ビタミンF重松 清 新潮社 2000-08by G-Tools 家族をテーマにした七つの短編。直木賞受賞作。重松清さんの本は、ずーっと読もうと思っていて、読んでいませんでした。というわけで、間違いなさそうな「ビタミンF」から読んでみました。 確かに、間違いなかった。い
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/21 3:06 PM |
ビタミンF/重松清 〜「お話」の力〜
少しずつもらいました。力と勇気とせつなさを。痛みと苦しさと喜びを。想い出と間違い
| 読書のblog | 2006/11/09 12:54 AM |
ビタミンF
本書 ビタミンF は約5ヶ月ぶりに手にした重松作品です。 ゲンコツ・はずれくじ
| のりぞーちゃんのブックレビュー | 2006/11/11 7:51 AM |