プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< カギ [清水博子] | Top | 王国(その3)ひみつの花園 [よしもとばなな] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
逃げろ光彦 [内田康夫]
4408603414逃げろ光彦 内田康夫と5人の女たち
内田 康夫
実業之日本社 2005-10-19

様々な「女」を描いた内田作品のアンソロジーです。
収録作品は以下の通り。

・埋もれ日 (「軽井沢の霧の中で」収録)
・飼う女 (「死線上のアリア」収録)
・濡れていた紐 (「盲目のピアニスト」収録)
・交歓殺人 (「死線上のアリア」収録)
・逃げろ光彦 (書き下ろし)

何も考えないでもう「光彦」というだけで読み始め、しばらく読んでから、「あれ?なんか読んだことある…」と思ってよく見たら、既出の作品たちでした。しかも浅見光彦シリーズじゃないものたちでした(笑)。でもやっぱり内容もトリックもちゃんと覚えていたわけじゃないので、ちゃんと楽しんで読めました。お得な脳みそのわたし。

でもこれらの短編、あとがきで内田センセ自身もふれていらっしゃいますが、「こんなのもそういえば書いてたのね〜!」というアダルトな雰囲気の作品たちです。あぁ、久しぶりだったので驚いちゃいました(笑)。

光彦が登場するのは、最後に収録されている書下ろし作品の「逃げろ光彦」のみです。レストランで隣り合わせた女性の忘れていった携帯電話を、ちょっとした誤解から手にした光彦が、そこから事件に巻き込まれて…というお話。浅見光彦シリーズの短編って、初めて読んだような気がしますが、これはこれでとてもよかったです。っていうか、もう彼が出てきた時点でうれしくて後のことはどうでもいいのかも…(汗)。
| あ行(内田康夫) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック