プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< MAZE(めいず) [恩田陸] | Top | ロックンロール七部作 [古川日出男] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
エンド・ゲーム 常野物語 [恩田陸]
4087747913エンド・ゲーム
恩田 陸
集英社 2005-12

正体不明の存在「あれ」と戦い続けてきた一家。父が「裏返え」され失踪してから、母・瑛子と二人暮しを続けてきた拝島時子。ついに母も倒れ、一人ぼっちになってしまった時子の前に現れた人々は―。

『光の帝国―常野物語』に収録されていた「オセロ・ゲーム」の続編にあたる作品です。

誰が敵なのか、味方なのか。そもそも敵とか味方とかいう問題なのか。いったい何に巻き込まれているのか。自分が何なのか、何をすべきなのか。何も分からない主人公の不安が、まるで自分のことのように感じられて、読んでいる間、実際気分がわるくなりそうでした。(いや、悪い意味でなく!)だって読んでいる自分にも真相がわからないのです。主人公といっしょに翻弄されるしかないじゃないですか…。

もちろんこれは小説なので文章のみで構成されていて、絵はありません。ですが、読んでいるだけで目の前にありありと映像が浮かぶようなのです。それが怖い。とにかく怖い。すごいです。読んでいる間、今読んでいるこのページから顔を上げたら、こんな世界がひろがってたらどうしようと考えて、それだけで心臓がどきどきして、冷や汗が出てきて、怖くて顔をあげられませんでした。そしてそのままラストまで一気にひっぱられました。このラストも…私には怖いです。えーん…。

途中でやめるなんていうことはできません。私はこの本を偶然本屋で見かけ、「あ!もう出たんだ〜。」と軽い気持ちで手にとってパラパラと…めくったが最後、本を置くことができず、そのまま立ち読みで最後まで読み通してしまいました。(恩田さん、および青山ブックセンターの方、ごめんなさい…。手持ちがなかったのでその日は買えませんでしたが、後日絶対買います。)

とりあえず、しばらくボーリングには行きたくないです…。怖い!
| あ行(恩田陸) | comments(13) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こん**は。
TB張りに来ました!
たしかに、現実では有り得ないことが起きているのに、
映像が浮かんできますよね。
私は『蒲公英草紙』を読んでいる時も映像を感じていました。

さてさて、常野一族の物語、
次はどんな続編を読ませてくれるのか、今から楽しみです。
| こばけん | 2006/01/06 1:46 PM |
なんか「常野」というシリーズではあるものの、色が全く違うというか、想像だにしなかった世界をみせてくれていて、すばらしいなぁと思いました。脱帽ですね!
| chiekoa | 2006/01/10 3:46 PM |
え、立ち読みですか!
すごいねー。読むのはやいんだねー。
そして、足腰強いんだねー(笑)
確かに一気に読ませる本でしたね。
TBさせてください。

| ゆうき | 2006/01/19 12:31 AM |
いや、けっこうな時間ねばりました…(汗)。
申し訳ない…。
| chiekoa | 2006/01/19 7:11 PM |
chiekoaさん、立ち読みですか。すごい!
確かに私も続きが気になって2、3時間で読みました。
が、なんだか訳がわからなくなって何度か読み返したのです。
そんな私が読んで思ったことがchiekoaさんのレビューに全部書いてある。chiekoaさん、すごいです。
| なな | 2006/01/27 9:53 PM |
ななさん、そんな〜誉めていただくと〜…図にのります(笑)。

でもあの、恩田さんの本を読んでいる間の心の中の不安感の嵐って、どう説明したらいいんでしょうね。毎回上手い言葉がみつからなくて、悩みます。
| chiekoa | 2006/01/30 11:47 AM |
立ち読みで読破はすごいですね〜
自分の読書スピードでは無理そうです。
常野って、ほかにどんな「ちから」があるんでしょうね。
本好きな自分としては忘れないために「しまう」能力がほしいなぁ・・・。なんて思いました。
| ぶっか | 2006/02/28 11:53 PM |
私も主人公と一緒に翻弄されましたよー。最初は敵?味方?と不安だったのが、そんなくくりすら越えているのかも・・と怖くなって、それすら妄想?とまで思わされたら、ホント気持ち悪くなります。
| june | 2006/03/30 10:03 PM |
そうなんですよ!もうわけがわからなくて怖いんですよ!ひえぇぇぇ。恩田さん、すごすぎますよね…。
| chiekoa | 2006/03/31 6:59 PM |
chiekoaさん☆おはようございます
突然違う世界に連れて行かれてしまう恐怖って、いかにも恩田さんの世界でした。
洗濯屋って仕事を洗脳と置き換えたら、それはそれで怖いし。(^_^;)
この本を読んでいるあいだ中、ヒヤッとする感覚がずっと続いていました。
| Roko | 2006/06/20 8:31 AM |
Rokoさん、ほんと怖かったですよね。夏に読んだら冷房効果があるかも…。さすが恩田さん。私は青山ブックセンターにいたはずなのに、読んでる間は違うところにいました!
| chiekoa | 2006/06/20 11:45 AM |
映像ではなくて、文章で、こんないこわい表現ができるなんてすごいですよね。
読み出したら、とまらないという気持ち、わかります。
つらかった過去の記憶を消すこと、それは、その人にとって、いいことなのか?人の記憶を変えてしまう、それは人格をも変えてしまうことにつながりそうで、またこわかったです。
| | 2006/09/12 7:57 PM |
ほんとすごいです。恩田さん…すごすぎます。
記憶に関しては…なんか考えてしまうことがたくさんあります。消してしまえば、本人にはそのことはわからないんだから、いいような、でもよくないような…うーん。
| chiekoa | 2006/09/13 1:12 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
【読んだ本】エンド・ゲーム 常野物語/恩田陸
注目の「常野一族」シリーズの最新作『エンド・ゲーム』、早速読了。 まず、目次のつけ方からしてイカシてる。 第一章から第六章まで、見出しが日付と曜日のみに統一されていると時点で、 こりゃぁ、ストーリーを時系列で追っていくのだな、という期待感が膨らんで
| こばけんdays | 2006/01/06 1:41 PM |
エンド・ゲーム 恩田陸
エンド・ゲーム恩田 陸 集英社 2005-12by G-Tools 「光の帝国」の中の短編「オセロ・ゲーム」の拝島一家の物語です。「エンド・ゲーム」を読む前に「光の帝国」を読んだほうがわかりやすいと思います。それにしても・・・これは予告があった「暎子が失踪していた夫を
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/01/19 12:38 AM |
「エンド・ゲーム」恩田陸
エンド・ゲーム―常野物語恩田 陸 「権力への志向を持たず、穏やかで知的な一族」常野の人々の物語「光の帝国」の中、ひとつだけ「裏返す」か「裏返されるか」やられたら終わりという殺伐とした印象だった「オセロ・ゲーム」のその後の物語。高校生のとき初めて自分の
| ナナメモ | 2006/01/27 9:53 PM |
「エンド・ゲーム−常野物語」恩田陸
エンド・ゲーム―常野物語発売元: 集英社価格: ¥ 1,575発売日: 2005/12posted with Socialtunes at 2006/01/30 「光の帝国−常野物語」で描かれてた、拝島親子のその後を描いた 長編です。「蒲公英草紙」といい、やっと恩田さんってば、 常野一族を本腰入れて描き
| 本を読む女。改訂版 | 2006/01/30 2:34 AM |
「エンド・ゲーム」
恩田陸さんの「エンド・ゲーム」を読みました。 これは、「光の帝国」の中の、「オセロ・ゲーム」の続編です。 「オセロ・ゲーム」に登場した常野一族、拝島一家の物語。 日常生活の中で突如現れる得体の知れない「あれ」。人知れず「あれ」を「裏返す」、「裏返され
| ぶっかにっき | 2006/02/28 11:49 PM |
『エンド・ゲーム』読了。
 昨日の予告通り(笑)恩田陸『エンド・ゲーム』の感想をこちらに。どうやら賛否両論あるようですが(というかけっこう貶されてる!?)、個人的には結構面白かった。ポイントは、常
| 日々のちょろいも 2nd | 2006/03/22 10:27 PM |
「エンド・ゲーム −常野物語」恩田陸
エンド・ゲーム―常野物語 「光の帝国 −常野物語」中の「オセロゲーム」の続編です。「オセロゲーム」は「光の帝国」の中でもひときわ異色でした。他の作品が、それぞれゆるやかなつながりを持っていて、時代の流れに対してどこか諦めたような感じがあるのに、拝島
| 本のある生活 | 2006/03/30 10:00 PM |
エンド・ゲーム
エンド・ゲーム―常野物語posted with amazlet on 06.0
| ついてる日記? | 2006/06/20 8:25 AM |
エンド・ゲーム 恩田陸
エンド・ゲーム―常野物語 ■やぎっちょ書評 や、ら、れ、た。 最後の最後に裏返された。 クライマックス早いなぁ、まだページあるなぁ、でもかなりドキドキした展開とクライマックスだったなぁと感心することしきりだったのが、裏返されました。まさか、こんなふう
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/08/29 11:35 PM |
恩田陸 エンド・ゲーム
エンド・ゲームposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.21恩田 陸著集英社 (2006.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 正体不明の「あれ」と戦い「裏返す」能力を持つ拝島親子。強かった父が「裏返され」失踪してから時子は、母と
| マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2006/09/03 9:11 PM |
エンドゲーム<恩田陸>−(本:2006年83冊目)−
集英社 (2005/12) ASIN: 4087747913 評価:62点 恩田陸の本にしては珍しく厳しい点数をつけてしまった。 だって、途中グダグダでイライラでわけわからん。 そして最近多い尻すぼみの結末。 常野物語の最新長編。 「光の帝国」の続編らしいが、「光の帝国」
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/09/04 12:12 AM |
エンドゲーム 常野物語
?エンドゲーム 常野物語 恩田陸  集英社 2006年1月 父が、失踪して10年が経つ。大学4年生の拝島時子は、母暎子が倒れて眠り続けているという連絡を受ける。母は「裏返された」のか?冷蔵庫にいつも張ってあった電話番号に連絡を取ると「洗濯屋」
| <花>の本と映画の感想 | 2006/09/12 7:47 PM |