プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< タイムトラベラーズ・ワイフ [オードリー・ニッフェネガー] | Top | 航路 [コニー・ウィリス] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
世界のはてのレゲエ・バー [野中ともそ]
4575235385世界のはてのレゲエ・バー
野中 ともそ
双葉社 2005-10

父の転勤で、一家でニューヨークに引っ越すことになった高校生のコオ。彼がそこで出会った「場所」そして「人」たちは…。

この主人公の「コオ」くんが、基本的に好きなタイプの子じゃなかったうえ、「うまくいきすぎだろう」というひがみ?まで感じてしまった私ですが、それは置いておいて、なかなか深い青春物語だったと思います。自分がどんなに想像しても追いつかない世界がこの世の中にはあるということ。そんなことを高校生くらいで実感してしまったら、この先大変だろうな…。でもがんばっていってほしいと思います!(基本的についてる人みたいなので、大丈夫でしょう!)

ちなみに、「アメリカ国籍を持っていた」っていうのがあんまり物語りに生かされてなかったような…感じがしてしまったのですが、気のせいですか?!
| な行(野中ともそ) | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
言われてみれば,思わせぶりな書き方しておいて
ほとんど関係なかったですね>アメリカ国籍
なんだったんだろう。

主人公がラストあたりで,グラウンド・ゼロの周りをゆっくり地下鉄に乗って回ってるところがなぜかとても印象的でした。
| mamimix | 2006/01/10 7:41 PM |
アメリカ国籍のこと、私は今は日本にいるけど、ちょっと先にはアメリカに渡ってカエと仲良く暮らすんだなぁ、そのためにはアメリカ国籍が必要だから一番最初にそのことにふれていたんだって勝手に解釈していました。

私は地下でモグラのように暮らす人々が忘れられないです。本当にいたら怖いですよね。
| なな | 2006/01/11 12:10 AM |
mamimixさん、私もそのシーン印象的でした。
911以降のニューヨークを書いた物語をはじめて読んだ気がします。

ななさん、なるほど!そういう読みだったんですね〜。深い!
地下の人々…きっと本当にいるんだと思うんですよ。
わからないですけど、なんとなく…そういう怖いことも悲しいことも
この世にはきっとあるんだろうなぁって思いました。
| chiekoa | 2006/01/11 12:07 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「世界のはてのレゲエ・バー」 野中ともそ
世界のはてのレゲエ・バーposted with 簡単リンクくん at 2005.11.27野中 ともそ著双葉社 (2005.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/01/10 7:42 PM |
「世界のはてのレゲエバー」野中ともそ
世界のはてのレゲエ・バー野中 ともそ 何事にもいいかげんな高校生のコウ。父の転勤で住んだNYでカメラ片手に出会った人達、出来事を通じて成長していく姿。何となく文章が昔の野中柊さんに似ているような気がしました。アメリカにいる日本人を書くと同じような空気が
| ナナメモ | 2006/01/11 12:12 AM |