プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 風の盆幻想 [内田康夫] | Top | そして二人だけになった [森博嗣] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
鳥類学者のファンタジア [奥泉光]
4087745031鳥類学者のファンタジア
奥泉 光
集英社 2001-04

柱の陰に誰かいる―演奏中奇妙な感覚に襲われた、フォギーことジャズ・ピアニスト池永希梨子。「あなた、オルフェウスの音階を知っているとは驚いたわ。」謎の女は自分は霧子だと名乗り、フォギーにそう告げた。混乱した希梨子は、この女性は音楽留学でヨーロッパに渡り、1944年にベルリンで行方不明となった祖母・曾根崎霧子ではないかと思い当たるが…。

ものすごい本でした。おもしろい、おもしろすぎます…。文章も、内容も!圧倒的です。力強くがんがん頭の中に鳴り響く本でした。

実際に音楽をやっている人がこの本を読んだら、どんなふうに思うのかなぁと思いました。ぜひ聞いてみたい。そういう「物語」以外の部分でもすごく印象に残る本でした。

そして、いつか猫を飼うことがあったら名前は「パパゲーノ」にしよう…と心に誓いました。(でもネコアレルギーな私…。)
| あ行(奥泉光) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あ。これ、ずっと読みたいと思ってる一冊です。・・・って、読めよ>俺
| すの | 2006/01/17 8:49 PM |
分厚いですから、読み始めるのに気合が要りますけど…
読み始めちゃえばぐいぐいですよ!容赦なし!
| chiekoa | 2006/01/19 7:10 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック