プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ロミオとロミオは永遠に [恩田陸] | Top | サイバラ茸4 [西原理恵子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
女王の百年密室 [森博嗣]
4344009053女王の百年密室
森 博嗣
幻冬舎 2001-11

ナビゲーションシステムのトラブルで見知らぬ土地に迷い込んだミチルとロイディ。彼らがたどり着いた森の中の孤絶した城砦都市・ルナティックシティ、それは女王デボウ・スホに統治された、楽園のような小世界だった。不満も恨みもない、「死」すら存在しないその世界で起こる空前の殺人事件。「殺人」を犯したものはいったい誰なのか…。

再読です。(のでネタバレありありです。)

今回はこのお話が結局は「四季シリーズ」から繋がっているとわかっている上での再読ですが、やっぱりそういう「シリーズ云々」を抜きにしても、これ単独で十分に読み応えのある一冊でした。

主人公ミチルがこの世界の住人に問われ、混乱するその「命題」。読んでいる私自身にも、強く語りかけてくるものがありました。人間の尊厳とは何か、そして神とは…。

サエバ・ミチル、そしてクジ・アキラ。ここで語られた「事件」が『四季 冬』に繋がっていくわけで…もう一度読みたくなりました。でもその前に『迷宮百年の睡魔』も再読しないといけないわけで。頭がいくつあっても足りません…。
| ま行(森博嗣) | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
そう,四季に繋がってるんですよねぇ〜。
あとで気付いたときにはおったまげましたよ。
なので,読んだ直後の印象はあまりよくありません…。
| シリウス | 2006/01/25 10:30 PM |
おったまげたどころの騒ぎじゃないですよねぇ?
「百年シリーズ」もそうなのかと…!
ということは、「スカイ・クロラ」もいつか来ますか?どきどき。
でも、やっぱり森先生の根底にあるものはいつも同じ、ということなんでしょうね。
| chiekoa | 2006/01/26 6:02 PM |
 森先生の本は、これと「スカイ・クロラ」しか読んでませんが、少しずつ読んでみたいなぁ、と思っています。何から入るのが良いですかね?
 TBありがとうございました。
| カツミアオイ | 2006/12/08 9:04 PM |
カツミアオイさん、何から入るのがいいかというと、
それはもう自信をもって断言できますが『すべてがFになる』です。
シリーズは全部読む…とすごい世界が見えてきますから。
大変ですけど…オススメはできます!ぜひチャレンジしてみてください!
| chiekoa | 2006/12/09 12:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
森 博嗣の「女王の百年密室」読了
女王の百年密室 森 博嗣 著 「女王の百年密室」 ★★★☆ 女王が統治する幸福で豊な楽園。不満も恨みもない世界で起こる空前の殺人事件。女王の塔の中で殺されていたのは・・・・・。完全なる密室。そして,完全なる犯罪。誰が,どうやって,何のために・・・・
| Grave of memory | 2006/01/25 10:28 PM |
女王の百年密室、森博嗣
22世紀初頭のアジアらしき場所。 ナビゲーターの故障で道に迷ってしまった、主人公で語り手の僕:エンジニアリング・ライタのサエバ・ミチルと、ウォーカロン(たぶんアンドロイド
| ほんにきく | 2006/01/31 4:34 PM |
女王の百年密室(森博嗣)
「ここはどんな世界だろう?」といろいろな判断を保留しながら読むのは,けっこうツライ(笑)これが,森博嗣の「女王の百年密室」(GodSavetheQueen)を読んでいるときにずっと感じていたこと。毒されすぎているといえばそのとおりなのだが,ほとんど最後まで,70%の可
| まあぼの交差点 | 2006/02/13 12:27 AM |
「女王の百年密室」と「アブノーマル・ラバーズ」
<B>・「女王の百年密室」</B>(作:森博嗣)  ファンタジーのような、ミステリーのような不思議系だけどSFもある、そんな話です。  森作品は<B>「スカイ・クロラ」</B>に続いて二作目。 <B>あらすじ</B>  22世紀と
| EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど | 2006/12/08 2:08 AM |