プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 変身 [東野圭吾] | Top | しかたのない水 [井上荒野] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
野生の風 [村山由佳]
408748792X野生の風
村山 由佳
集英社 1998-06

人気染織家・多岐川飛鳥、野生動物の生命を撮り続けるカメラマン・藤代一馬。ベルリンの壁崩壊の夜、偶然出会った二人は、その瞬間からお互いに惹かれあうが…。

村山さんだし、こういう最後になるだろうなと、覚悟して読んでいたのでそんなにつらくありませんでした。が…やっぱり苦しいものがありました。私には理解できない人々かもしれません。いや、できるようなできないような…。難しいです。みんな、やさしすぎるのかな。

染織家、そしてカメラマンという特殊な職業の、強烈な魅力がとても心に残りました。こんなふうに、すべてをかけられるような職業に出会えて、それで食べていくということ…うらやましい、なんて、きっとそんな簡単なことではないのでしょうけれど…。

そして、アフリカという土地…私は海外に行ったことすらない人ですが、この本を読んでいたら、そんなに人生を変えるほどの「色」がそこに待っているのならば、絶対行ってみたいと思いました。テレビや写真で見るのと、きっと違うものがそこにはあるんだろうな…。
| ま行(村山由佳) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
多分私はあなたのお母さんの歳です。毎日楽しみに読んでいます。すごいなぁ、と感激です。
私は「電脳」ではないので、とても稚拙なブログですが、あなたと同じように読んで、書いています。
年齢のせいか、すこしジャンルは違うところもありますがもし興味があったら、読んでみてください。

http://spaces.msn.com/members/abesako-hacci/

先日数日間あなたのブログがお休みの時は、心配しちゃいました。
| | 2006/01/31 9:46 PM |
ハッチさん(でよろしいのでしょうか?)ありがとうございます!
こんなメッセージいただいてしまって、とってもうれしいです。
読んでくださっていて感激です!
心配までしていただいて…もうほんとうになんと言ったらいいのか。

今月は仕事の方が忙しく、更新がままならない感じだったりするのですが、がぜん元気が出てきました!
がんばりますので、これからもよろしくお願いします!

わたしも、ぜひおじゃまさせていただきます!
| chiekoa | 2006/02/01 2:38 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック