プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< さいえんす? [東野圭吾] | Top | 東京奇譚集 [村上春樹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
いなかのせんきょ [藤谷治]
4396632568いなかのせんきょ
藤谷 治
祥伝社 2005-12

田舎町、戸蔭(とかげ)村。莫大な借金を残し引責辞任した前村長の後任を決める選挙に担ぎ上げられた深沢清春。対立候補なしでそのまますんなり決まるはずだったその選挙に、突如立候補したその相手は清春を担ぎ出した当の本人で…。

選挙のお話ですが、全然重たくなく、軽妙な語り口は「口上風」というのでしょうか。おもしろおかしく、次へ、次へと読んでいきたくなる感じで、すぐに読めます。読んでる間、ずっと楽しいです。思わずにんまり、という感じ。

談合、根回し、饗応、買収。私はいなかの選挙の実情に詳しいわけではないんですが、あるんだろうなぁこういうの…と。どきっとするようなリアリティはあるけれど、冷たすぎるほどにリアルではない、そんなところが大好きです!
| は行(藤谷治) | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
これは、とてもおもしろく読めた本でした。主人公、深沢清春のマジメさが好感のもてる作品でしたね。
| すの | 2006/02/10 9:06 PM |
縁者の口調がよかったですよね。
そして長すぎるタイトルも好きでした。
| なな | 2006/02/11 10:34 PM |
すのさん、そうですよね!
最後までまがらないところがステキ!と思いました。

ななさん、タイトルよかったですよね〜。
結構笑いました。あのタイトルを読むだけで何が書いてあったのか思い出せます(笑)。
| chiekoa | 2006/02/14 1:33 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「いなかのせんきょ」藤谷治
「いなかのせんきょ」藤谷治(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、物語、村長選挙、過疎、田舎、平成の大合併 「おがたQという女」[ http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/6410846.html ]で随分すわりの悪い感想を持った藤谷治という作家。しかし、本
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/02/10 9:05 PM |
「いなかのせんきょ」藤谷治
いなかのせんきょ藤谷 治 四方を山に囲まれた鍵田原郡戸蔭村。町民数2千数人の鄙びた村で久しぶりに町長選挙が行われることになった。町長選に担ぎ出された深沢清春の物語。あぁ、面白かった。なんだかドラマを見ているような気持ちになりました。「演者(わたくし)」
| ナナメモ | 2006/02/11 10:34 PM |