プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< キップをなくして [池澤夏樹] | Top | the TEAM [井上夢人] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ニート [絲山秋子]
4048736434ニート
絲山 秋子
角川書店 2005-10-29

「ニート」「ベル・エポック」「2+1」「へたれ」「愛なんかいらねー」の五編が収録されています。

これは…なんだかすごいです。読んでいる間、あまりにすごくて呆然としちゃうくらいでした…私は今いったい何を読んでいるのかしら?って。

同じことを例えば他の作家さんが書いたら、絶対こういうふうに心に突き刺さってこない。それだけは確実に言えると思いました。何がすごいって説明できないんですけど、すごいです。なんていうか、ここに書いてあることは本当だ、真実だっていうのが、びしびし伝わってくる感じ…?結局自分と他人というのは、文字通り他人で、入り込めなくて、壁なんて越えられなくて、でもそれでも誰かを思う気持ちはホンモノというか、それは確実にそこにある、そういうことを、なんか思ったりしました。

「ニート」がきて次に「ベル・エポック」がきて。「ニート」の話はこれで終わりなのかと思ったら、そこで「2+1」がくるという構成も、なんだかうまいと思ってしまいました。

「愛なんかいらねー」はびっくりしましたが、私としてはなんだかすんなり受け入れられました。…なぜでしょう?!こういうこともまた、真実…。

というわけで、心に突き刺さる「ニート」「2+1」に、ちょっと切ない「ベル・エポック」に、へたれっぷりがまた好きな「へたれ」に、「愛なんかいらねー」。全編どうやら私は好きなようです。しかもすごく好きです。異端ですか?!
| あ行(絲山秋子) | comments(7) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あっ,初めて「愛なんていらねー」を否定しない意見を見た気がします!(笑)
それまでの構成は大層好きだったのに,最後で一気に引いてしまいました……
| mamimix | 2006/03/14 10:06 PM |
私も、「愛なんていらねー」に肯定的なブログには、初めて出会いました。でも、好きな人は好きだろうし、好きじゃないまでも受け入れられるっていう人は、きっといるはずだって思ってたんですよー。あっ、いたいた、って感じです。
| ゆうき | 2006/03/15 12:21 AM |
あれ?そうですか??うーん。どうしてでしょう、私(笑)
前四作でやられていて麻痺していたのか、おぉ、とは思いましたがすんなり…。この作品まで入れて、一冊の本として全然受け入れられました。懐がひろがってたのかしら?
| chiekoa | 2006/03/15 1:17 PM |
はじめまして。昨日、2005年の短編ばかり載った本で、この「愛なんていらねー」を読みました。私は「沖で待つ」は残念ながら退屈だと思ったのですが、「愛なんていらねー」は、ちまちました恋愛なんてなくても人間は深い馴染みの関係を持って暮らすし、それもありなんじゃないか。それと、人間の性の喜びも、甘口の恋愛小説みたいなものを脱構築すれば、意外とこんなものじゃないかというようなことをストレートに示していて、面白かったです。それにしても凄い読書量ですね。実は「絲山」という字が変換で出てこなかったので、googleで検索して偶然立ち寄ったのですが、また、遊びに寄るかもしれません。
| ユリカモメ | 2006/05/16 3:45 PM |
ユリカモメさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
私もあの「愛なんていらねー」のぶっとんだ感じには、なんというか度量の大きさというか、なんだっていいんじゃないかといか、いや、決して投げやりなのではなく、うまく言えませんが、そういうことを感じました。

また遊びに来てくださるとうれしいです。お待ちしています!
| chiekoa | 2006/05/16 6:04 PM |
chiekoaさん☆こんにちは
「愛なんかいらねー」が嫌だって人が多いみたいだけど、わたしは割と好きですよ。
どの話にも、登場人物の正直さと嘘が滲んでいるようで、どれも好きです。
| Roko | 2006/07/23 7:03 PM |
おぉ、同士が!(笑)
なかなか深い作品だと思うのですけれどね…苦手!という人がいるのもわかりますが、私的には、全然、えぇ!
| chiekoa | 2006/07/24 6:35 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ニート」 絲山秋子
ニートposted with 簡単リンクくん at 2006. 1.15糸山 秋子著角川書店 (2005.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/03/14 10:07 PM |
■ ニート 絲山秋子 
ニート絲山 秋子 角川書店 2005-10-29by G-Tools 表題作の「ニート」。かけだしの作家である私は、元恋人のキミがニートであることを、とても似合っていると感じている。もちろんそのままで、いつまでもやっていけるとは思っていないのだが、彼を責めるでもなく、かと
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/15 12:18 AM |
絲山秋子「ニート」
短編集。 いろいろ最悪な話のオンパレード。 いただけなかったねぇ・・。 「ニート」っていうから期待してたのに、なんだそっちかい、という期待はずれ。読んだ感想というか、この話自体が何だかつかみどころがなくて、うまくまとめられないので、感じたことをちょ
| あざやかな瞬間 | 2006/05/05 7:25 PM |
「ニート」絲山秋子
「ニート」絲山秋子(2005)☆☆★★★ ※[913]、国内、現代、小説、短編集、文芸、文学 これをどう評価してよいか判らないというのが、正直な感想。レビューを書こうにも途方にくれてしまい、過去、同作家を自分がどう評価したか読み返してみた。ブログに感想をつ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/05/17 9:59 PM |
ニート
ニートposted with amazlet on 06.07.23 絲山 秋
| ついてる日記? | 2006/07/23 6:52 PM |
絲山秋子の「ニート」を読む!
「ニート」は、NEET(Not in Employment, Education or Training)、直訳すると「就業、就学、職業訓練のいずれもしていない人」である。英国におけるNEETは、「16〜18歳の、教育機関に所属せず、雇用されておらず、職業訓練に参加していない者」と定義されている。日本
| とんとん・にっき | 2006/08/05 2:36 PM |