プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 忘れないと誓ったぼくがいた [平山瑞穂] | Top | ある愛の詩 [新堂冬樹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
幸福ロケット [山本幸久]
4591089703幸福ロケット
山本 幸久
ポプラ社 2005-11

小石川からお花茶屋に引っ越した小学校五年生の女の子、香な子。自分の名前に悩み、クリスマスイブという誕生日に悩み、仲のよすぎる両親に悩む。そんな香な子の学校生活は…。

どういうお話か全然知らずに読み始めたんですが、すっごくよかった!です。わぁ、こういうお話、大好き。この香な子ちゃんのキャラクターがまたとてもよくて。大好きになりました。お友達になってほしい…。最後には、泣きそうでしたっていうか、泣きました。

結構気分的に落ち込んでるときに、何もしていないのがいやで、本でも読もうと思って、でもこのタイトルに「幸福?ふん!」とか思って、ややヤケクソ気味で読み始めた本だったのですが、そんな私のとげとげした心にも、あったかく染みる物語でした。

黄色い目の魚』が好きな人なら、きっとこの物語も好きになると思います。
| や行(山本幸久) | comments(14) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
はじめまして。
本ブログからおじゃましました。
私も山本さんが大好きなのですが、
いかんせん、この話は小学生が
主人公だし・・・と手がなかなか出ないで
いたのですが、読んでみて大正解。
読まずにいた自分がばかみたいに
思えるくらいでした。
自分のブログにも書いたのですが、
その後のふたりが読みたいなぁ
なんて思っています。
TBもさせていただきました♪
| BEE | 2006/03/27 3:29 PM |
初めまして。
山本さんの作品は読んでみたいと思っていました。
黄色い目の魚が好きなので、更に、読んでみたくなりました☆
| dandelion | 2006/03/27 5:10 PM |
BEEさん、こんにちわ!
そう!その後の二人が読みたいのです〜すごく。
いや、わかってますよ、大人になっちゃうと、ほら、いろいろ…ねぇ(笑)。
でも、この二人なら!読みたいです〜。

dandelionさん、始めまして!
私もまだ全然読み始めたばかりですけど、すごくいいです。
『黄色い目の魚』は私の人生のベストにも入るくらい好きな作品ですが、
それに匹敵するくらいいい本でした!ぜひぜひ!
| chiekoa | 2006/03/27 5:36 PM |
chiekoaさんも気に入ってくださってうれしいです!
この本去年の年末,30日くらいに読んだにも関わらず
あたし内去年読んだ本でベスト10入りするくらい大好きな作品なんです。よいお話ですよねー!!ほんとに最後じんわりきましたよ。香な子ちゃんとコーモリはもちろん,周りを固める大人もいいキャラばかりで。ああ書いてたらまた読みたくなってきました!
| mamimix | 2006/03/28 12:50 AM |
ほんと、大好きですー、絶賛ですー!
いいなぁ、こういうの大好き、ほんとに好き。
なんででしょう?手の届かなかった世界だから?!
いや、地味な子だったので…。
| chiekoa | 2006/03/28 12:45 PM |
私も「黄色い目の魚」を思い出しました。
「おじさん」の存在がそう思わせるのかもしれないですね。
小学生の時代、本当に遠くなってしまいました。
気が付けば息子が小学生になります。
今はもう、息子よがんばれ!母は病気になりたくないけど…って気持ちです。
| なな | 2006/03/28 2:03 PM |
そうか、絵を描いているおじさんとマンガを描いているおじさん…。なるほど!確かに!あっちよりは年齢が低いですけどね、でもこの純粋な気持ちが…あぁ、おばさんはもうどっかに置いてきてしまったので、読んで思い出させてもらうしかないのです、とほほ。

わたしもななさんが病気になったら悲しいので、息子さんには境遇に頼らず自力のみでなんとか素敵なお子さんになっていただきたいと…!がんばれ!
| chiekoa | 2006/03/28 2:06 PM |
こんにちは!
この物語、とっても気に入りました。
コーモリが、母親想いのところが、またいいですね。
ラストは、胸キュンでした。
| | 2006/04/11 8:58 PM |
ほんと、コーモリクンはいい子ですよね〜。
自分に男の子がいたら(その前に結婚だ!)、こんな子に育てたい…。いや、自分は健康ですが。とっても。
| chiekoa | 2006/04/12 4:05 PM |
山本さんの本は「幸福ロケット」が初めてなのですが、とてもこの本好きになりました。
香な子の11歳時代ってすごく充実してますよね。
私は・・・あんなに多感じゃなかったかもです。ぼ〜っと過ぎ去っていったような。
クラスメートにコーモリいたらよかったのに。(いたかも?)
| じゃじゃまま | 2006/04/20 9:33 PM |
私の11歳は…11歳は…えーっと。
何年生?!
とりあえず、こんなじゃなかったことは確かです。はい。
小学校の卒業アルバムでも眺めてみますかね…!
| chiekoa | 2006/04/21 5:20 PM |
最近一押し! みんなに勧めたい一冊です。
どんどん新刊出して欲しいな。
| まき | 2006/11/05 6:36 PM |
まきさん、こんにちは。とっても同感です!
まだ作品数が少ないので、これからきっとバンバン出ますよね。楽しみです!
| chiekoa | 2006/11/06 1:35 PM |
おーい!ちえちゃん、元気ですかー。
そろそろ帰っておいで。寂しいよ。
| しんちゃん | 2007/09/20 5:52 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
幸福ロケット
 幸福ロケット  山本幸久著/ポプラ社  小学生が主人公と知り、手が出ないままだった本作。  そんなことはまったくの杞憂でした。  さすが山本幸久!  幸福ロケットposted wit
| はちみつ書房 | 2006/03/27 3:25 PM |
「幸福ロケット」 山本幸久
幸福ロケットposted with 簡単リンクくん at 2005.12.27山本 幸久著ポプラ社 (2005.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/03/28 12:50 AM |
「幸福ロケット」山本幸久
幸福ロケット山本 幸久小学五年生の香な子。お父さんが仕事を辞め、お母さんの実家で働く事になったので小石川のマンションから葛飾区お花茶屋のアパートに引越してきた。めったに家にいなかったお父さんが晩御飯を作る日々。ちょっと気になる同じクラスの男の子、コー
| ナナメモ | 2006/03/28 2:03 PM |
幸福ロケット
幸福ロケット 山本幸久 ポプラ社 2055年11月 小学5年生の山田香な子は、お父さんがお母さんの祖父の経営する福園工務店に仕事が変わったので、小石川に引っ越してきた。小学校は、お花茶屋小学校に転校した。5年2組になった香な子は、ラジオの深夜放送が好
| <花>の本と映画の感想 | 2006/04/11 8:53 PM |
幸福ロケット 山本幸久著。
ほのぼのしてて、すごく好きになりました。全然評判知らずに、タイトルで決めたんですけど、読んでよかった! 内容は、すごくありがちなパターン。 小学生が主人公で、どうも主人公のことを好きそうな男の子がいる、でも主人公はまるで気付かず、まるで異性として見てな
| じゃじゃままブックレビュー | 2006/04/20 9:28 PM |
幸福ロケット 山本幸久
幸福ロケット この本は 「本のある生活」のjuneさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 思いもかけず、すんごい良かったです。 最後が切ない。胸ちぎれそう。久々に切ないストーリーでご満悦。 juneさんに、「笑う招き
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/10/28 6:33 PM |
「幸福ロケット」 山本幸久 2006-151
いろいろありまして、更新が遅れてしまいました。 ちゃんと本は読んでおります。 ・・・ということで、マイブームの山本幸久氏の「幸福ロケット」読了いたしました。 ま、当然にして読了したのでこの感想を書いている訳ですが、未だにタイトルの意味が解りません
| 流石奇屋〜書評の間 | 2006/11/19 1:21 AM |