プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 幸福ロケット [山本幸久] | Top | チョコレートコスモス [恩田陸] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ある愛の詩 [新堂冬樹]
4043781024ある愛の詩
新堂 冬樹
角川書店 2006-02

小笠原の青い海でイルカのテティスと共に育った心やさしい青年・拓海。東京からやってきた美しい歌声を持つ音大生・流香。ふたりはテティスに導かれ、きらめくドルフィンビーチで劇的な出逢いを果たす。二ヶ月後、「君の笑顔がみたいから」ただそれだけの理由で、拓海は帰郷した流香のもとへ。そこで彼女が抱えた心の闇を知り…。互いを想うあまり、哀しい運命に翻弄されるふたりの愛の行方は?

海で、イルカで、少年と少女の恋で、純愛で…なんとなく村山由佳さんの世界のよう…と思いながら読みました。(そんなやつありましたよね?)読んでいて先は気になるのですが、その気になる「先」はとりあえず読めるというか、予想通りというか、まぁこうでなくちゃ困るんですけどね…(笑)。でもよかったです。涙が流せない私でごめんなさい…。でも小笠原の海や島の描写はとても魅力的で、すごく行きたくなりました。

ところで、紹介文に「やさしい涙とまばゆい愛が心の海にひろがる“純恋”小説。」って書いてありましたが(わざわざ“”で囲まなくても…)、ここで言う「純愛」って何でしょうね?っていうか純じゃない愛ってなんだろう?たいていの恋愛小説は純愛じゃないのかしらと思う今日この頃。まぁ便利な言葉ですよね。自分には使いたくないですが…。

そしてこの本を読み始めたちょうどその夜にテレビでこれが原作のドラマやってました。途中で気付いてビデオを撮ったものの…見るべきか、否か?!
| さ行(新堂冬樹) | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
昨日はコメントありがとうございました☆
最近、こちらにBlogを作ったばかりで、初めてのコメントだったので、凄い、嬉しかったです。そこで、是非とも、私のBlogと相互リンクをしてもらえないでしょうか?良いお返事、待っています。
| dandelion | 2006/03/28 3:21 PM |
dandelionさん、そんな、喜んでいただけて私の方がうれしいです〜!こちらからのリンクははらせていただきましたので(というかアンテナに登録させていただきましたので)どうぞよろしくお願いいたします!
| chiekoa | 2006/03/28 3:59 PM |
ありがとうございます。
早速、私の方もリンクにはらせていただきます☆
これからもよろしくお願いします。
| dandelion | 2006/03/28 5:08 PM |
あ、私も村山由佳さん思い出しました。
「青のフェルマータ」ですねー。
読んだのはずいぶん昔ですが、けっこう好きでしたよー。
| ゆうき | 2006/03/29 4:06 PM |
あー!それです!
イルカに癒されるやつ…私も読んだのだいぶ昔です。

しかしあのドラマの方はどうしよう。
松田くんは最近お気に入りなのですけれど…!
相手の女の子が黒木メイサちゃんなので…なんかイメージが。
| chiekoa | 2006/03/29 5:04 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ある愛の詩 新堂冬樹 ▲
ある愛の詩新堂 冬樹 角川書店 2004-02by G-Tools タイトルでかなりひいたんですけど・・・この本オリジナルテーマ音楽CDがついてるんですよねー。ああ、あの「ある愛の詩」だったんだね、と、その趣向に免じて、読む気になりました。 ストーリーは比較的おとなし
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/03/29 4:07 PM |
新堂冬樹 「ある愛の詩」 
「忘れ雪」が面白かったので、読んでみました。
| ゼロから | 2006/11/11 9:23 PM |
ある愛の詩
この小説には無償の愛があります。 大きすぎる優しさがあります。 そしてとてもとても綺麗な物語です。
| のりぞーちゃんのブックレビュー | 2006/11/28 5:11 PM |