プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ペダルの向こうへ [池永陽] | Top | はれた日は学校をやすんで [西原理恵子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
最後の恋
410465521X最後の恋
三浦 しをん 角田 光代
新潮社 2005-12-20

この想い、それは、人生に一度だけ訪れる奇跡。こんなに誰かを好きになるのは、この恋で最後かもしれない。どんな結果に終わろうと、永遠に輝きを失わない恋がある。
“最後の恋”をテーマに、人気女性作家が個性と情熱で磨き上げた、宝石のような8つの物語。

個々の感想を以下に書きますが…総じてすごくよかったです。レベル高し。買おうかと真剣に思ってます。(また図書館で借りててごめんなさい。)

・三浦しをん『春太の毎日』
世界で一番愛している麻子と一緒に暮らしている春太。ところが、そこにお邪魔虫の存在が割り込んできて…。

いい!三浦さん、最高です!うまいなぁ、この人はほんとうに。大好きですこのお話。もうこの一作だけでこの本読む価値あり!です。ほんとに。
ネタ的には結構最初のうちから「…!」って思ってたのですけれど、そういうネタにびっくりしたとかやられたとかじゃなくて、そんなことは置いておいても(いやその発想もまたステキで好きなんですけど)、すごくよかったです。こんな風に愛されてみたい…なんて思ったり。うらやましくなっちゃいます。くぅ!愛だねぇ!泣かすねぇ!(なぜか急に江戸っ子。)ものすごくハートウォーミングな物語でした!


・谷村志穂『ヒトリシズカ』
普段は別々に生活し、毎年春の一時期だけ、東京の部屋で二人ですごす約束をしている恋人同士。そしてまた季節は巡り春が訪れ…。

これもまた最初オチが読めていたというか…こう来るんだろうなぁと思っていたらやっぱり来たというか。わかりやすかったですね。キライなわけじゃないですけど、そういう意味でも普通でした…。


・阿川佐和子『海辺食堂の姉妹』
脱サラして海辺で食堂をはじめた父。その食堂を切り盛りする姉妹の物語。

実は初めて読みました。阿川さんの作品…。そしてとてもよかった。初読みだけにどういう展開になるのか全然予想がつかなくて、ドキドキハラハラしたのですが、なんだか幸せな気持ちになれました。この姉妹がとっても人間らしくて素敵だからかなぁ…。ついでに、おいしいものも食べたくなりました。阿川さんの本、他にも読んでみたいと思います。(というかナゼ今まで一冊も読んでいないのか>自分)。


・沢村凜『スケジュール』
唯一の特技は「スケジュールをたててその通りに行動すること」。そんな妙の恋は…。

ラストが素敵。とっても素敵!こういう感じ、大好きです。うん。小学校のときの先生の言葉がすとんと素直に心に落ちてきて、そのひと言で人生を渡っていけるって思った主人公の気持ち。とてもよくわかります。誰かの何気ないひと言がずっと支えになってることって、ありますよね。そういう小さいエピソードとかもとても好きでした。


・柴田よしき『LAST LOVE』
かつての恋人の離婚を知った真由美。「最後の恋」の相手とはどうなったの?彼女の心の中は…。

なんかこの真由美の「結婚って、恋って、仕事って、人生って」っていう感情とかあきらめとかが、すごくリアルというか、身につまされて。短いお話なのに、読んでいてすごくどっしりと心に残りました。それだけに、このラストには救われたかも…。うん。よかったです。


・松尾由美『わたしは鏡』
大学の文芸部で発行する会誌の編集長をやることになった広呂。部室のロッカーに入れられていたタイトルも不明の物語。美容室の鏡の悲しい恋の物語の、作者はいったい誰なのか?

意外でした…!でもなんかすごく好きかも。この作中に出てくる「作者不明の物語」もすごく好きでした。


・乃南アサ『キープ』
十五歳の時のあの「誓い」にしばられたままの自分。二十年後、彼女は…。

これもまたえらく身につまされるというか…心臓がぎゅっとするような彼女の姿でした。お願い神様、どうか、どうか。繰り返される願い。自分はもう誰のことも愛せないのかもしれない―そう思ったら、それはなんて孤独だろう。どれだけつらいだろう。それだけに、このラストには涙が出るほど安心しました。他人事だけど…他人事じゃなくて。よかった。神様、ありがとう!


・角田光代『おかえりなさい』
「ぼく」が彼女に語りかける、青年のころのある記憶の物語。

このアンソロジーの中ではちょっと異色で、男性主人公の物語です。恋というよりは、家族…記憶の物語…なのかな。でもそれだけにしんみり心に残る物語でした。ラストシーンがとても印象的です。一見ハッピーエンドじゃないけど、でもほんとはハッピーエンドなのかもしれない、そんなことを思わせる物語でした。
| その他(アンソロジー) | comments(8) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ひとつひとつどれもみんな味付けが違っていて
ひとつ残らず美味しくいただきました。
| ふらっと | 2006/04/27 6:59 PM |
これだけいろんな解釈があると、ほんと読んでいて飽きないというか、おもしろいというか、興味深いというか。もっとベタなのかと思っていたら、あぁ、こんなのもあるんだ!って驚きで、すごく楽しかったです!
| chiekoa | 2006/04/27 7:03 PM |
chiekoaさんは、どういう作者にも基本的にポジティブに読めて凄いです。男性の目からというよりは、個人的にこの本の幾つかは??でした。でも、沢村凛さんのはとても好きでした。「カタブツ」も読んでみようっと。
| ユリカモメ | 2006/05/22 7:22 PM |
わぁ、誉めてもらってしまいました(笑)。基本的に弱気の姿勢で読んでいるだけという説もありますが…。

「カタブツ」はもう絶対とにかくとってもオススメです!!読んでみてください〜!!!!
| chiekoa | 2006/05/23 12:36 PM |
あたしももう「春太の毎日」に思い切りヤラれたクチです。この作品が入ってるがために購入を考えるくらいですから。マジでいい話ですよね。三浦さんてこういうキャラ&作品書かせるとほんっとうに巧いですね。総じて本当にレベルの高い作品集でした。
| まみみっくす | 2006/06/14 9:25 PM |
まったくもって同感であります…。欲しい!手元に欲しい!いつかどっかでしをんさんの短編集に収録されたりしないかしら…。いや、この本でも買う価値はありありですけどね。(他もすばらしかったので!)
| chiekoa | 2006/06/15 12:55 PM |
こんにちは。
私も、この本を読んで、なかでも、春太の毎日が、
凄く好きです。
これをきっかけにして、三浦しをんさんの本を
読みはじめました。

こちらには、すごく沢山の本のレビューがあるので
今後とも、色々参考にさせて頂きたいです!
TBさせて下さいね。
| latifa | 2006/12/11 8:48 PM |
latifaさん、こんにちは!
しをんさんは、えぇ、最初に読み始めたころの印象と今の印象がだいぶ違いますが(笑)、ものすごく大好きです!最新作の『風が強く吹いている』もとってもいいですので、ぜひぜひ!
そしてこちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします〜!
| chiekoa | 2006/12/12 3:50 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『最後の恋』
 阿川佐和子/角田光代/沢村凛/柴田よしき/谷村志穂/乃南アサ/松尾由美/三浦しをん、豪華女性作家陣が描いた「最後の恋」の短編集。8通りの恋愛になるほどと頷いてみたり、良くも悪くも恋愛とは似たりよったりだなあと感じてみたり。ただし内容云々よりもお得
| Analogue World Traveler | 2006/04/04 8:30 AM |
最後の恋
☆☆☆・・ それは、人生に一度だけ訪れる奇跡。 こんなに誰かを好きになるのは、この恋で最後かもしれない。 どんな結果に終わろうと、永遠に輝きを失わない恋がある。 “最
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/04/27 6:54 PM |
最後の恋 / 三浦しをん 他
「YEBISU BAR」、「Yahoo!Books」のサイトで連載されていた「プレミアムストーリーズ」の単行本。 女性作家8人が描く、本の題名「最後の恋」をテーマにした短編を収録したアンソロジー。 『海辺食堂の姉妹』は阿川佐和子の作品。 海沿い
| 書庫  〜30代、女の本棚〜 | 2006/05/04 1:40 PM |
「最後の恋」 阿川佐和子ほか
最後の恋posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.10阿川 佐和子著 / 角田 光代著 / 沢村 凛著 / 柴田 よしき著 / 谷村 志穂著 / 乃南 アサ著 / 松尾 由美著 / 三浦 しをん著新潮社 (2005.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/06/14 9:24 PM |
「最後の恋」
最後の恋発売元: 新潮社価格: ¥ 1,575発売日: 2005/12/20posted with Socialtunes at 2006/08/15 今ipodにはまってるんだけど、itune Music Storeで、iMixっていう、 誰かが作ったお気に入りの曲がオムニバスになって売っている。 いろんな曲調、いろんなところか
| 本を読む女。改訂版 | 2006/08/21 1:34 AM |
『最後の恋』
『最後の恋』(新潮社、200512) 音楽だったらオムニバスっていうんだろうけど、 文学だとこういうのはなんて呼ぶんでしょうねぇ。 以下の短編の作品集です。 三浦しをん「春太の毎日」 谷村志穂「ヒトリシズカ」 阿川佐和子「海辺食堂の姉妹」 沢村凜「スケジュール
| uc-road:blog | 2006/12/07 4:32 PM |
「むかしのはなし」三浦しをん と「最後の恋」感想
「最後の恋」という何人かの作家さんによる短編集の一つに、三浦しをんさんの『春太の毎日』があり、それを読んで、一目惚れ?? 次に読んだのが「むかしのはなし」で・・・
| ポコアポコヤ | 2006/12/11 8:45 PM |
『最後の恋』 阿川佐和子 他
「最後の恋」というのは(中居くん主演のドラマにもあるけれど)、 どこか特別な響きを持った言葉。 最後の恋だと決めていたのに、最後の恋になりたかったのに、 最後の恋すらできないと思っていたのに。 図らずもそうなってしまったものか、 自分の意志でそう
| *モナミ* | 2008/08/07 10:49 AM |