プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ラス・マンチャス通信 [平山瑞穂] | Top | いつか愛になるなら [前川麻子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
笑う招き猫 [山本幸久]
4087460061笑う招き猫
山本 幸久
集英社 2006-01-20

駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸人を殴り倒して大目玉。今はぜんぜんさえないけれど、いつかはきっと大舞台。体に浴びます大爆笑―。夢と笑いとパワーあふれる傑作青春小説。

先日読んだ『幸福ロケット』にちょろっと登場した「アカコとヒトミ」の物語です。そうかそうか、こういう二人だったんだね…うんうん。

なんか、すごく安心して読めます。ストーリーはすごくシンプル。意外な展開もありましたが、奇をてらった感じが全然なくて、でもそこがよくて。というか、普通だったら飽きてしまうような、そんなストーリーを、まったくそんなことを感じさせないまま最後まで読ませる、そこがすごい、素晴らしいと思いました。個人的には二人と歳が近いせいもあり、この彼女たちの喜怒哀楽の「普通っぷり」もなんだかすごくよかったです。

「男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ!」最後にはちょっぴり泣けてきそうな、そんな素敵な物語でした。

もう一回『幸福ロケット』が読みたくなってきたな…!
| や行(山本幸久) | comments(13) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
よいお話ですよね。そして表紙絵は単行本よりも文庫本のほうがステキです(笑)。単行本のどぎついピンクも味はあるんですけどね……。
あの山本幸久さんのデビュー作。1作目でこのレベルか〜と感心しきりです。現在最新刊を読み始めてるところです。とても楽しみです!!
| mamimix | 2006/04/03 8:26 PM |
何年か前に私の職場の同僚が、お笑い芸人になるんだって突然会社を辞めたんですが、その後さっぱり音信不通です・・・。
おぉーい、元気で修行してるのか???
と、彼のことを思い出しながら読みました(*^ー゚)b
売れっ子お笑い芸人への道は厳しいみたいですね。
では!
| hoy. | 2006/04/03 9:51 PM |
ラスト近くではうるうるきました。
ほんとにいいコンビですよね、「アカコとヒトミ」。
そして、彼女たちのキャラを生み出した山本幸久さんってすごい!

『幸福ロケット』も早く読みたいのだけれど
なかなか順番が回ってこないのでした。
| ふらっと | 2006/04/04 7:04 AM |
こんにちは。文庫の表紙、はじめて見ました。
可愛いんだね。こっちのほうが、中身にあってますね。

言われてみれば、ストーリーは確かにシンプルだったね。
全然退屈しないで読めたから、感じなかったけど、
特に大きな出来事って、ない本だったんだなあ・・・。
すごく上手な作家さんってことなんでしょうね。

「幸福ロケット」をまだ読んでません。楽しみです。
| ゆうき | 2006/04/04 3:13 PM |
mamimixさん、そっか!これデビュー作なんですね。
すばらしいなぁ。きっと近いうち何かでかい賞をとると思います。はい。

hoy.さん、それはまたなんて身近な…(笑)。
じゃぁコレを期に連絡をとってみるとか?!
どきどき。

ふらっとさん、同感です!
『幸福ロケット』にちょびっとだけ出てくるのです。
お楽しみに!!(ほんとにちょびっとですけど)。

ゆうきさんも『幸福ロケット』未読ですか。
うーん、私がむっちゃ気に入ったので、
ゆうきさんも気に入るに3000点!(←古い。)
| chiekoa | 2006/04/04 5:09 PM |
chiekoaさんのコメント
>ゆうきさも気に入るに3000点!
つぼに入りまして、ひとりでニヤニヤしました。

皆さんおっしゃってますが、文庫本の表紙かわいいですね。このかわいい絵につられていろんな人が買いますように。
| なな | 2006/04/04 8:47 PM |
ほんとですよ〜、たくさんの人に読んでほしいですよね。
いっそ文庫の帯の紹介文、北陽に書いてもらったりすればよかったのに…いや、イメージを固定してはいけませんかね?!
| chiekoa | 2006/04/05 4:37 PM |
こんばんは!
とっても楽しかったです。
アカコとヒトミのあの歌を実際に聴いてみたい、漫才も見てみたいと思っちゃいますよね。
『幸福ロケット』にも出てくるんですかぁ〜
ちっとも覚えていないので、読み返してみます!!
| エビノート | 2006/08/07 11:07 PM |
『幸福ロケット』には出てくるというか…
ちょろっと、ほんとにちょろっと出てくるのです。
でもファンとしてはとてもうれしいですよ(笑)。
読み返していっしょによろこびましょう!
| chiekoa | 2006/08/08 2:54 PM |
「笑う招き猫」最近私も読みました。
なんというか山本作品は普通っぽさを
描くのが上手だよね。
「凸凹デイズ」もすごくお薦め。
| 茶太朗 | 2006/08/23 12:00 PM |
そういえば『凸凹』は未読なのでした…。
見つけ次第読んでみます!オススメありがとうございます!
| chiekoa | 2006/08/23 12:16 PM |
これ、ラストは泣けてきそうどころか、
本当にうるうるしちゃいましたよー。
それにしても、歌のメロディーが気になります。
| june | 2006/08/31 12:13 PM |
ぜひ楽譜をつけてもらいたいですよね〜。
そしたら一緒に歌うのに!あぁ、絶対歌うのに!
| chiekoa | 2006/09/01 12:45 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「笑う招き猫」 山本幸久
笑う招き猫posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.29山本 幸久集英社 (2004.1)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/04/03 8:25 PM |
笑う招き猫*山本幸久
☆☆☆☆・ 女・独身・28歳。大学の同級生だったふたりが漫才師を目指した。 コンビ名は「アカコとヒトミ」。 ヒトミは180cmという長身で十年来の付きあいの愛車である自転車のレッ
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/04/04 7:01 AM |
「笑う招き猫」山本幸久
「笑う招き猫」山本幸久(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、漫才、女性漫才コンビ、芸能界、青春、第16回すばる新人賞 表紙のイラストで損している。作品の内容はもっとのほほんとしたのんびりムード。ふたりのヒロインも、こんなギスギスした感じで
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/04/04 1:57 PM |
● 笑う招き猫 山本幸久
笑う招き猫山本 幸久 集英社 2003-12by G-Tools 面白かった〜!27歳の女漫才師コンビ・アカコとヒトミの、お笑いに賭ける1年間を描いています。設定はちょっと変わっているけど、別に奇をてらったわけではない、王道の青春小説です。 青春・・・と言っても20
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/04/04 3:07 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
笑う招き猫 山本 幸久 駆け出しの女性漫才師コンビ「アカコとヒトミ」舞台に立った途端にあがって、失敗ばかりだけど「生涯舞台で漫才をやる。目指せカーネギーホール」を目標に稽古の日々。「いくよ、アカコ」「合点、ヒトミ」の掛け声とともに今日も舞台に上
| ナナメモ | 2006/04/04 8:48 PM |
女漫才コンビの友情「笑う招き猫」
[:読書:] 「笑う招き猫」  第16回小説すばる新人賞受賞 山本 幸久 最近の芸能ニュースの一つに、国分太一くんが佐藤多佳子さんの「しゃべれどもしゃべれども」映画化で主演をするというのがありましたが、落語の話なんですが原作は結構な名作で、私は大好き。 
| That's the Way Life Goes | 2006/05/02 2:33 PM |
笑う招き猫      〜山本 幸久〜
女漫才師「ヒトミとアカコ」のお話。 読んでいて、どうしても「北陽」がイメージされました。 読めば読むほど「ヒトミとアカコ」が「北陽」にしか見えてこなくて 困りましたが・
| My Favorite Things | 2006/05/06 10:17 PM |
笑う招き猫 〔山本幸久〕
笑う招き猫 ≪内容≫ 新しくて懐かしい、国民的お笑い青春小説の誕生! 駆け出しの女漫才コンビがやりたい放題! しゃべって泣いて笑って、ついには唄まで歌いだす。 第16回小説すばる新人賞受賞作。 (BOOKデータベースより)
| まったり読書日記 | 2006/08/07 11:00 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
笑う招き猫 「今日何読んだ?どうだった??」のまみみっくすさんのオススメということで読んでみました。おもしろかったです!テンポがよくってアカコとヒトミと一緒にへこんだり、すかっとしたり、しんみりしたりしてしまいました。先の見える展開ではあるんですが
| 本のある生活 | 2006/08/31 12:13 PM |
笑う招き猫 山本幸久
笑う招き猫 この本は 「まったり読書日記」のエビノートさん の感想を参考にして読みました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 歌や漫才の設定に最初戸惑いを覚えましたが(はじめての作家さんでもあるし)、慣れてくるとスイスイ読めました。 主
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/10/06 3:10 PM |
「笑う招き猫」山本幸久
タイトル:笑う招き猫 著者  :山本幸久 出版社 :集英社 読書期間:2006/11/21 - 2006/11/22 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 新しくて懐かしい、国民的お笑い青春小説の誕生!駆け出しの女漫才コンビがやりたい放題!しゃべって泣いて笑
| AOCHAN-Blog | 2006/12/03 6:55 PM |
「笑う招き猫/山本幸久」
お写真の「笑う招き猫」という本を最近ずっと読んでいます。 女の子二人の漫才コンビの話って設定に惹かれて買ったんだけど、 よみはじめてどんどんひきこまれています。 漫才コンビ「アカコとヒトミ」 一見ヒネてるようで、生き方が不器用だけど、笑いとそして
| 笑う乙女の生活 | 2007/07/29 10:50 AM |
『笑う招き猫』  山本 幸久  集英社文庫
笑う招き猫 (集英社文庫) 男と並んで愛誓うより、女と並んで笑いを取る、それが二人のしあわせなのだ!駆け出しの漫才コンビ、『アカコとヒトミ』。超貧乏で彼氏なし、初ライブは全く受けずに大失敗。おまけにセクハラ野郎の先輩芸人を殴り倒して大目玉。今はぜんぜ
| みかんのReading Diary♪ | 2007/09/16 9:07 PM |