プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< いつか愛になるなら [前川麻子] | Top | 2006年本屋大賞決定… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
少女には向かない職業 [桜庭一樹]
4488017193少女には向かない職業
桜庭 一樹
東京創元社 2005-09-22

大西葵、十三歳。中学二年生の一年間で、私は人を二人殺した―。

「ミステリ・フロンティア」第19回配本です。

面白かった!一気読みしました。でもなんとなく、なんとなくですけれどこのラストには若干不満が…。ここまできたら、行ってしまえばよかったのに!(どこへ?)と。

この本が初桜庭さんです。ほんとにすごく読みやすかったし、親と子の関係、友達との関係、異性との関係みたいないろんな細かいエピソードとか、章タイトルの付け方とかも、なんかこう、よかったりして、好きでした。「ミステリ・フロンティア」の一冊ですけど、私は全然ミステリィという意識なしで読んで、それでおもしろかったです。っていうか、最初の一行でぐっとつかまれて、そんなこと意識することすら忘れてしまいましたよ。ミステリィというよりは、なんというかもっと…、なんでしょうね。

あぁ、でもおもしろかったのです。それは確か!もっと他も読んでみたいんですけど、ライトノベルだともうちょっと感じが違うのかな…。

そして作中にでてきた「原始人の話」。私も、なんか、きっと一生忘れないと思います。
| さ行(桜庭一樹) | comments(9) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
このお話はよいですよね。わたしもこの作品が初・桜庭さんでした。ライトノベルで出てる「君の歌は僕の歌」だったかな,あれも割とおもしろかったですよ。結構いつもギリギリの女の子が描かれてるなーという感じです。一番痛いのはどうも「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」らしいです。そんな痛いのか…と思ってちょっと腰がひけてます。。
| mamimix | 2006/04/05 8:50 PM |
chiekoaさん、こんにちは!
私も自分の感想には書きませんでしたが、ラストもうちょっとダークにしても
面白かったかなーなんて実は思ってたりしました。
でもそんな雰囲気な内容じゃなかったし、これでよかったのかな、
と納得しました。
いろんな意味で問題提起している作品で良いですよね。

桜庭さんは『GOSICK-ゴシック』とこれしか読んでいませんが、
「ゴシック」はなかなか面白いですよー。ライトノベルです。
でもシリーズなので、文庫集めるのに難儀しています。
大人なのに大人買いが出来ないという…。

TBさせていただきました。
| リサ | 2006/04/06 9:13 AM |
mamimixさん、情報ありがとうございます!
そうなんだ…ライトノベルも苦手ではないのですが(散々読んで育ってきましたし)、たまに…たまにね、どうしてもあわないのがね…(笑)。びくびくしながら読んでみたいと思います。

リサさん、そう、なんかもっと行くとこまで行っちゃってもよかったんじゃないのかなぁって。っていうか、普通にそうなると思ってたので、あれ?って思っちゃいました。腹黒いらしい…わたし!
他もやっぱりおもしろそうですね、いろいろ読んでみます!ライトノベルは図書館にあんまりそろってないのが難点ですが…。
| chiekoa | 2006/04/06 6:50 PM |
こんばんは。TBさせていただきました!
そう、これは、ラストまでがとっても良くて、どきどきしながら読み進めたのに、最後にあれっ?てなってしまったんですよね〜。
私は読む本のほとんどが図書館モノの図書館派なので、
なかなかライトノベルには手が伸びないのですが(これまた同じく、昔はあんなに読んでたのに!!)、機会があったら桜庭さん、またぜひ読んでみたいと思います。
| くろ | 2006/04/09 9:49 PM |
くろさんこんにちわ!私も図書館派なので、なかなか…でもライトノベルにもいいものがたくさんあるのは知っているので、これから読んで行きたいと思います。図書館でお取り寄せして…(笑)。
| chiekoa | 2006/04/11 12:59 PM |
やはり私もラストのあっけなさに不満は残りました。
でも桜庭さんの描く主人公の心境がよく伝わってきて、
読み応えのある1冊でした。
| 藍色 | 2006/05/29 4:40 AM |
読み応えはとってもありますよね!一気読みでしたもん。ラストは…賛否両論ですね。
| chiekoa | 2006/05/29 7:18 PM |
はじめまして。

私は本作と「砂糖菓子…」を読んでいますが,個人的には「砂糖菓子…」のほうが断然面白かったと思っています。
テーマは本作と近いですが,キャラクターの設定が絶妙で,とてもうまくまとまっています。本作が気に入られたのなら,一読をお薦めします。
でも,表紙はかなり手に取りにくい感じなのですが…
| でがらし | 2006/06/21 11:16 PM |
でがらしさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
…今アマゾンで表紙を見てみました。なるほど(笑)。
でも勇気を出して読んでみたいと思います!(オオゲサ?)
| chiekoa | 2006/06/22 5:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「少女には向かない職業」 桜庭一樹
少女には向かない職業posted with 簡単リンクくん at 2005.11.20桜庭 一樹著東京創元社 (2005.9)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/04/05 8:48 PM |
『少女には向かない職業』桜庭一樹
少女には向かない職業桜庭 一樹東京創元社2005-09-22by G-Tools 島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。 ぽっかり空いた穴を
| ひなたでゆるり | 2006/04/06 9:08 AM |
少女には向かない職業(桜庭一樹、東京創元社)
雑誌の紹介本コーナーに載っていて、気になったので図書館から借りてきた一冊。 いやいや。昨夜のうちに、さらっと読んでしまいました。 大西葵、13歳。中学二年生。 人を、ふたり殺した。 そんな告白から始まる、少女の一年間の、ぎりぎりの精神の記録。 桜庭さんっ
| にゃんこと歩く。 | 2006/04/09 9:38 PM |
少女には向かない職業、桜庭一樹
カバーフォト:Ben Jobfield。 著者はゲーム等のノベライズと、多彩なライトノベル作品を執筆。東京創元社のミステリ・フロンティアシリーズの1冊で初の一般向け作品です。「2006
| 粋な提案 | 2006/05/29 4:41 AM |
コズミック・ブランチ(宇宙の枝)
◆本日のひとこと◇ 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、その人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」 (新改訳聖書 ヨハネの福
| 音・楽・喫・茶[muse-cafe] | 2006/07/31 8:45 PM |
少女には向かない職業 桜庭一樹
少女には向かない職業 ■やぎっちょ書評 2007年初の5つ★です。でもね「よし!5つ★来ました〜」な感覚はなくって、「あぁ、5つ★ってこうなんだ」「岩に染み入る蝉の声」ってこうなんだぁ、みたいな。 正直、超、個人的感情なので他の人にはあまりグッと来ないかも
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/15 1:39 AM |