プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 少女には向かない職業 [桜庭一樹] | Top | 恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 [角田光代] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
2006年本屋大賞決定…
2006年の本屋大賞が決まりました。

「全国書店員が選んだいちばん売りたい本」に贈られる賞。
今回の受賞作は…リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』。

そして2位以下はこんな感じ。

2位 『サウスバウンド』 奥田英朗/角川書店 196.5点
3位 『死神の精度』 伊坂幸太郎/文藝春秋 190点
4位 『容疑者Xの献身』 東野圭吾/文藝春秋 184.5点
5位 『その日のまえに』 重松清/文藝春秋 179.5点
6位 『ナラタージュ』 島本理生/角川書店 162点
7位 『告白』 町田康/中央公論新社 152.5点
8位 『ベルカ、吠えないのか?』 古川日出男/文藝春秋 152点
9位 『県庁の星』 桂望実/小学館 141点
10位 『さくら』 西加奈子/小学館 135点
11位 『魔王』 伊坂幸太郎/講談社 103点

正直…えーっ!!!って感じです。がっかりです。失望です。
売りたい本って…そういうことなんでしょうか?
もうすでにめっちゃ売れてる本を、まだ売りたいのでしょうか。

私の中の(勝手な)イメージですが、ハードカバーの単行本って、ふつうに本屋さんで買うのってやっぱりちょっと躊躇するじゃないですか。(私だけ?)もちろん読んだことないわけですし、よく知らない作家さんだったりすると特に。だから実際読んだ人が、「いいですよ!読んでみませんか?」って言ってくれたらすごく買いやすいし、買おうって思うと思うし、それが本をたくさん読んでいる(であろう)本屋の店員さんの言葉だったら特に信頼もできる。そのための「本屋大賞」だと思ってました。すごくいい本に出会ったときに感じる「この本、売れてないけどもっとたくさんの人に読んでほしい!」という熱い思い、普通に一読者として本を読んでいる自分でも思うことを、本屋の書店員さんが思って、それを実行してくれた、そういう「賞」だと思ってました。

だから、こういう「すでに一番売れてる本」が受賞するっていうのは…どうなんでしょう。リリーさんにうらみがあるわけじゃありません。この本も、いい本なんだろうなというのは分かります。これだけ売れてるのに何の賞も受賞していなかったことも、掲載されていた雑誌が赤字で大変ってのも知ってます。私は未読ですけど、たくさんの人に読まれて、感動した!って言われてる本なのも知ってます。それは分かるけど、分かるけどでも…それでいいのかなぁ。この賞は。なんか、やっぱりちょっとイメージとずれてしまいました。

「書店員が選んだいちばん好きな本」を知りたいわけじゃなかったのにな。

個人的には、上記の主旨でいうと、やっぱり『ベルカ』か『告白』にとってほしかったなって思います。心の底から。この二冊は一見やっぱりとっつきにくいと思うんです。でもあのすごさは読まなきゃわからなくて、「だまされたと思ってとりあえず読んでみて!」って言うしかなくて、そういう意味でこの本屋大賞は最適で、期待…してたんですけど。でもいいさ、書店員さんがやってくれないなら、地道にブログでプッシュしていくからいいさ…。

ベルカ、吠えないのか?』『告白』すばらしいです。未読の方は、ぜひ!!

あぁ、でもなんかため息でちゃうなぁ…。がっかり。芥川賞と直木賞に裏切られなかったと思ったら、本屋大賞に裏切られました…。

これからも続いていくだろうこの賞の歴史の中で「あの頃は始めたばっかりだったからうっかりあんな本にも贈っちゃったこともあったなぁ〜てへっ!」という笑い話になってくれることを祈ります。

参考リンク:本屋大賞をメッタ斬り!
↑もうこれ読んでるのが一番心休まります。さすが、読みは的確。
| 企画モノ・雑文など | comments(6) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
> すごくいい本に出会ったときに感じる「この本、売れてないけどもっとたくさんの人に読んでほしい!」という熱い思い

そうなんですよ〜!その通り!がっかりですよね。去年、一昨年は、まぐれ?私の「ベルカ〜」によせる熱い思いは、いったいどこへぶつければいいんでしょう(笑)。

投票したそれぞれの本屋さん達は、わたしたちが思っていたような趣旨で投票したんじゃないんでしょうね。それぞれが自分の好きな本に投票しただけだから、単なる人気投票になってしまったんでしょう・・・。本屋さんも、普通の人間ですからねー。
| ゆうき | 2006/04/06 3:25 PM |
これはもう私たちで売るしかないですよ「ベルカ」、そして「告白」も。私はやりますよ(何を)

「東京タワー」もいい本ではあります。私も泣きましたけどね。まあ、おかんの話ですから、みんな思い当たる節があって、そりゃ泣きますよ。的な本です。なんかなあ・・・。
「サウスバウンド」2位がまだ救いかな。
| ざれこ | 2006/04/06 4:34 PM |
ゆうきさん、そう!趣旨がなんか違ってますよね。
「好きな本」を聞きたいんじゃないんだってば〜(泣)。
次回に期待しましょう。あぁ、でも年に一回ですよね、これ。先は長いなぁ。

ざれこさん、私もやります!がんばります!
とりあえず大きな声(文字?)で叫び続けましょう。うん。
私も読んだら泣くと思うんですよ、だってお母さんで、病気の話ですよね?そりゃごんぎつねくらい泣きますよ。でも泣けるからっていい本だからって…本屋大賞はっ!違うと思うんだけどなぁ。

いやしかしこれで、自分が『ベルカ』と『告白』をいかに愛しているかを再発見しましたです。はい。くぅ〜みんなもっと買って!読んで!!
| chiekoa | 2006/04/06 5:05 PM |
ごぶさたです!
『告白』はこないだ借りてきたんですけど、
想像の倍くらいの厚みに、正直相当ビビっています・・・が、
頑張って読みたいと思います(`・ω・´)
『ベルカ・・・』も早速予約入れました!わくわく。
| Yuko | 2006/04/06 10:44 PM |
おぉ!Yukoさんすばらしい!
ざれこさん!ゆうきさん!さっそく我々の努力の成果が!
(↑違う??)

私も読み始めるまではびびってたんですよ、すごく。でも私にそれを勧めてくれた人はほんとうにほんとうに信頼できる素晴らしい人だったので、がんばって読んでみたら…というわけす。私、徹夜で読みました。途中で止める事ができなくて、苦しくて。本が合う合わないは人それぞれだとほんとうに思うし、私はそんなに信頼できる推薦者じゃないかもしれませんが、でもぜひ読んでみてほしいと思います。私にとっては、「人生の血とか肉」になるような本でしたから。
| chiekoa | 2006/04/07 12:03 PM |
初めまして。
TBさせていただきました。
今回の本屋大賞、
仰るとおり、若気のいたりということで、
来年はぜひ汚名を返上して欲しいと思います!!
| yori | 2006/04/08 9:11 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[本]2006年本屋大賞が決まりましたね。
http://www.excite.co.jp/book/news/00101144237447.html(エキサイトニュース) http://www.hontai.jp/(本屋大賞) やっぱり『東京タワー』でしたか。がくっ。 (なんだ『ナラタージュ』じゃなかったのか。←これは無視しちゃってください) 昨日これを見て、あまり
| でこぽんの読書日記 | 2006/04/06 12:45 PM |
本屋大賞 地に落ちる
全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 本屋大賞 今年で意味をなくしましたな。それだけ。
| 「本のことども」by聖月 | 2006/04/06 2:29 PM |
本屋大賞・・・やっちゃったね〜
2006年の、本屋大賞が発表されましたね。 http://www.hontai.jp/ 1位 『東京タワー』 リリー・フランキー/扶桑社 279点 2位 『サウスバウンド』 奥田英朗/角川書店 196.5点 3位 『死神の精度』 伊坂幸太郎/文藝春秋 190点 4位 『容疑者Xの献身』 東野圭
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/04/06 3:07 PM |
本屋大賞決定。
第3回本屋大賞が決定いたしました。 http://www.hontai.jp/ ああ、がっかり。 本当にがっかり。 心からがっかり。 こんなん大賞にするんだったら単に売り上げ数でベストセラー決める
| 日々のちょろいも 2nd | 2006/04/06 4:09 PM |
本屋大賞
今年の本屋大賞の結果、出ましたね。 本屋大賞 びっくり。「東京タワー」が大賞らしい。 意外。なんで、既にあんなに売れてる本を選んじゃうわけ? これから売っていこう!賞じゃなかったわけですか。 「サウスバウンド」が2位なのはまあいいとしてさ・・ 「
| 本を読む女。改訂版 | 2006/04/06 4:30 PM |
2006年本屋大賞
第一報はヤフトピで見たんですが、今朝NHKでも流れてました。 ニュース番組で放送するほど大きな賞だったとは知らなかったぁ。 本題にはいりますが、第三回の結果。ぬーん・・・どうなんでしょう? トップ10のうち、【既に読んだ本:3冊】【今手元にある本:1冊】【予約
| イチゴイチエ | 2006/04/06 10:55 PM |
期待への苦言
今年の「本屋大賞」が発表された。 リリー・フランキーさんの「東京タワー」が 栄えある第3回目の本屋大賞に輝いた。 この賞は僕が、とても楽しみにしている賞である。 だからこそ、あえて今回の受賞作に疑問を投げかけてみたい。 誤解の無いよう、初めに言い
| 活字の砂漠で溺れたい | 2006/04/08 9:05 AM |
2006年本屋大賞リリーフランキー東京タワー
全国の書店員の投票で最もお客様に薦めたい本を選ぶ 「2006年本屋大賞」は、リリー・フランキーさんの 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」です。   3回目となる「2006年本屋大賞」は、 2004年12月1日から2005年11月30日までの1年間に 出版された日本
| 及川的大人のブログ | 2006/04/09 2:39 PM |
魔王、伊坂幸太郎
装幀は松田行正。小説現代特別編集「エソラ」2004年12月・第一号、2005年7月・第二号掲載。表題作と「呼吸」からなる連作中編集。 表題作魔王:パソコンシステム会社の
| 粋な提案 | 2006/04/10 7:11 PM |
やっぱりね
「本屋大賞2006」が決定。大賞はリリー・フランキー『東京タワー』ですと。  ふーん。  やっぱりな、というか、しょせんその程度の賞か、というか。2位が『サウスバウンド』だったんだなあ。残念。 「本の雑誌」の増刊で「本屋大賞2006」というのが出ていたわけだが、
| 0.3% Weblog | 2006/04/19 3:13 PM |