プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< わくらば日記 [朱川湊人] | Top | 月と太陽と詩と野菜 [ミーヨン] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ホテルカクタス [江國香織]
493902914Xホテルカクタス
江國 香織
ビリケン出版 2001-04

ある街の東のはずれに、石造りの古いアパートがありました。ホテル・カクタスというのが、このアパートの名前でした。三階に帽子が、二階にきゅうりが、一階に数字の2が住んでいるこのアパート。季節は美しくめぐり、三人のおかしくて楽しい日々は、すこし哀しく過ぎていきます…。

いい本ですね〜!なんで今まで読まないでいたんだろう…。だって、登場人物か「帽子」と「きゅうり」と「数字の2」ですよ!最初のうちは、そういう名前の「人」なのかな?って思って読んでたんですけど、そうじゃなくて、彼らは文字通り「帽子」であり「きゅうり」であり「数字の2」なのです。誇り高き彼ら…すっかり大好きになりました。

ラストはちょっぴり切なくなりましたが、でも、これからまだまだ素敵なことがきっといっぱいあるはず!いい映画を観終えた時のような気持ちで、本を閉じました。

余談ですけど、これ「ビリケン出版」から出てる本なんですね。私の最愛の『トリツカレ男』と同じ出版社だわ…。すばらしい出版社だ!なんかものすごく好感度アップ、です。
| あ行(江國香織) | comments(9) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは、chiekoaさん☆
良い本ですよね、ホテルカクタスは。
私が初めて、読んだ江國香織さんの本なんですけど、登場人物達のユニークな名前には、驚きながら、面白いと感じました。普段の生活も所々、面白さがあって、良かったですね(^-^)
| dandelion | 2006/04/12 1:27 PM |
私の初めての江國さんは…なんだったか全然覚えてませんが(汗)、これはほんとに素敵な本でしたね!数字の2ですよ!数字の2!なかなか思いつきませんよね…。すばらしい。彼が数字の1みたいになって寝るところとか、かなり好きでした。これからの彼らに幸アレ!って思いました。
| chiekoa | 2006/04/12 4:10 PM |
TB、送れないのだけれど、認証待ちかしら?

この作品、とても雰囲気のある一冊ですね。
階段の絵が不思議な雰囲気を盛り上げていて
とても好きでした。
| ふらっと | 2006/04/12 5:47 PM |
ふらっとさん、大丈夫だったみたいです!
ありがとうございま〜す!がんばれJUGEM…。

そう、挿画が雰囲気あって素敵でしたね〜。
なんかどきっとさせられる感じでした。
文庫にもなってるみたいですけど、文庫でもちゃんと
この絵はついているのでしょうか?ついてないならもったいない…。
ぜひ単行本を!(って誰に勧めているのでしょうか?)
| chiekoa | 2006/04/12 5:56 PM |
chiekoaさん、こんばんは。

私も「ホテルカクタス」読みましたよ。
登場人物の名前が粋だと思いました。
中でも、数字の2が好きでした。

挿画が良くないと、面白さが半減してしまいます。
ストーリーも挿画も両方いいのは、あまりないです。
これは○ですね。
| 妻のpuusan | 2006/04/12 8:49 PM |
これはよいお話ですよね。確か他の作品でも「数字の2」がいいって言っていました。江國さん。「僕の小鳥ちゃん」だったかな?気が利いているそうです。不思議な三人組のすてきな友情でしたね。ホテルカクタスもいいところだし!わたしもこんなアパートあったら住みたいです。
| mamimix | 2006/04/12 9:22 PM |
妻のpuusanさん、ほんと「粋」ですよね。
このセンスがすばらしいなぁと思います。
凡人には思いつかないわ…。

mamimixさん、おぉ小鳥ちゃんがそんなこと言ってました?しまった、覚えていない…。でもあの子なら言いそう(笑)。またちらっと図書館で見てみます!(こういうとき買ってないと不便…)。
| chiekoa | 2006/04/13 1:22 PM |
ああ、「ホテルカクタス」だ!
この本大好きです。
江國さんの恋愛小説にも、好きなものはあるのですが、
いまのところ江國本では、これが私のベストだったりします。
| ゆうき | 2006/04/14 3:21 PM |
そう!前にゆうきさんが「好き!」ってどこかで(どこだ?)言ってたのを覚えていて、読んでみました。ほほ。
ベストですか!それはすごい。私のベストは…なんだろう。そう言われると、むずかしいような???
| chiekoa | 2006/04/14 4:57 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ホテルカクタス*江國香織
☆☆☆・・ 佐々木敦子さんの油絵による挿画と共に楽しむ一冊。  ある街の東の外れに、ふるいアパートがありました。  ふるい、くたびれたアパートです。  灰色の、石造り
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/04/12 5:44 PM |
「ホテルカクタス」 江国香織
ホテルカクタスposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 1江国 香織集英社 (2004.6)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/04/12 9:20 PM |
「ホテルカクタス」江國香織
ホテルカクタス発売元: 集英社価格: ¥ 540発売日: 2004/06/17おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/07/29 集英社文庫版で読みましたが、挿絵がまず素晴らしいですね。 佐々木敦子さんとおっしゃる画家さんがふんだんに挿絵を入れておられて、 これ表紙もそ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/08/01 2:16 AM |
『ホテルカクタス』 江國香織
古ぼけた石造りのアパート。 ホテルでもないのに、そのアパートの名は、 「ホテルカクタス」。 そこに住んでる、きゅうりと帽子と数字の2。 ソリも合わない、性格も全然違う3人だったけれど、 次第にお互いにとって、いなければならない存在に。 特別な事
| *モナミ* | 2007/09/24 6:07 PM |