プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< カナリヤは眠れない [近藤史恵] | Top | 漢方小説 [中島たい子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
サウス・バウンド [奥田英朗]
4048736116サウス・バウンド
奥田 英朗
角川書店 2005-06-30

小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父はどうやら国が嫌いらしい。むかし、過激派とかいうのをやっていて、税金なんか払わない、無理して学校に行く必要などないとかよく言っている。家族でどこかの南の島に移住する計画を立てているようなのだが…。

面白かった〜!読んだ皆さんがこの本を大好きな理由がわかりました。うーん、私も大好きだ!電車で読んでいて、夢中で読んでしまって、「え?いまどこ?」ってなったのなんて、すごく久しぶりでした。爽快…!

何があっても頭のどこかでは常にご飯のことを考えていて、とりあえずおなかいっぱいバクバクご飯を食べる(たまにちょっと量が減ったりもするけど)二郎くんがなんだか頼もしく、ほほえましく。いいぞ!少年!がんばれ!この主人公の二郎くんとお父さんの距離と、それを読んでいる自分とお父さんの距離が、ぴったり沿うようで面白かったです。最初はもてあまして、でもだんだん大好きになる、そんな感じが。読み終わったらすっかりファンでした!私も。迷惑なんだろうけど、最高かっこいいです。ほんとに。

そしてストーリーの面白さはもちろんのこと、登場人物がもうとにかく皆すばらしかった!いいなぁ。主要人物たちはいうまでもなく、脇役たちもすばらしい!ちょびっとしか出てこない人も、悪役ですら、一人一人が、ほんとうに魅力的です。特に向井くんとベニー。いい!君たち最高です。何度声に出して笑ったことか…(笑)。

一人でも私腹を肥やそうとすると、政治経済が発生するの。誰もそんなこと思わなきゃ、政治家も資本家もいらないの。お金がなくても、コンスタントに貧乏だと、ちゃんと人はしあわせなんじゃないかなあ
とても大切なことを教えてくれて、そして元気もくれる。やさしくて、あったかい。そんな太陽みたいなステキな本でした!こんな風に、胸を張って、私も生きていきたいな。がんばろう!自分!
| あ行(その他) | comments(16) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
好かったですねぇ。
なんだかものすごくパワーのあるお話でした。
二郎君はこどもとしてはやたらと大変そうにみえるんだけれど
それで縮こまっていないところがやっぱり一郎さんの息子なんだなぁと
妙に感心してみたり*笑*
| ふらっと | 2006/04/18 5:08 PM |
ですね〜なんか達観してるというか、立派な子だ…。
彼の冷静なつっこみとかコメントに、何度吹き出したことか…。
この父にしてこの子あり!いい家族でした!
| chiekoa | 2006/04/18 7:01 PM |
これは、本当に痛快爽快な作品でした。
最後のオチはどうかなというのもないわけではないのですが、。
次はぶっとんだオヤジ繋がりで「厭世フレーバー」三羽省吾はいかがですか?
| すの | 2006/04/19 8:42 AM |
なんか映画とかでも見てみたい感じでした!
派手に!ドカーンと!!!
『厭世フレーバー』はタイトルだけ聞いたことありますけど、未読です。
今度手を出してみます!
| chiekoa | 2006/04/19 6:04 PM |
これ、本当におもしろくって、爽快でいいですよね。
向井くんはじめ、東京での仲間もいいし、
ベニーをはじめ、西表島の人たちもいいんですよね〜。
最高です!
| june | 2006/04/20 10:23 PM |
ほんとよかったです〜!
私もナニかあったら南の島に逃げてもいいのかも…暖かくむかえてもらえるのかも…と、うれしい想像をしたりしています。いや、逃げるようなことが起こらないことが一番いいんですけど(笑)。
| chiekoa | 2006/04/21 5:24 PM |
このお父さんってもの凄くピュアな人なんだろうなぁって思います。
西表島へ行くことによって、二郎くんにとってのお父さんの価値は全く違ってしまって、引越して良かったわぁ!
登場人物がみんなHOTでいいですよね。
こういう生き方もあるんだなぁって、ちょっと羨ましくなっちゃいました。
| Roko | 2006/04/22 11:45 PM |
ほんとうらやましいですよね〜。もう一回人生があったら、このくらいはちゃめちゃに、あるがままにやってみたい気がします。…私の場合誰がついてきてくれるかとっても心配ですが(涙)。
| chiekoa | 2006/04/24 2:53 PM |
こんにちわ。
今更ながら読了!相変わらず、奥田さんのキャラはとってもいいですね。私も、ベニーはお気に入りです!
| KORO | 2006/08/16 5:23 PM |
KOROさん、ベニー!いいですよね!
「芸能人」…誰か教えてあげてください(笑)。
| chiekoa | 2006/08/17 4:18 PM |
こんにちは。
先日読み終わりました。今まで、ドクター伊良部のシリーズしか読んだことが無かったのですが、良いですね。
小学生並みの読書感想文ですが、TBさせていただきました!
| percy | 2006/10/26 10:32 AM |
いいですよね!まぁこれにも伊良部さん並みの「はじけた」方が登場しているわけですが(笑)。最後にはすっかりほれました!大好きな本です。
| chiekoa | 2006/10/26 11:56 AM |
すごいキャラですよねお父さん でも好きです
読み終わると、二郎がちょっとうらやましい気がしたり。
Chiekoaさんは沖縄に行かれてたんですね 南の地は未開なんですが、これを読んでいきたくなりました
| きりり | 2006/10/26 2:09 PM |
そう!沖縄!いいですよ〜。
この本も私の「沖縄行きたい病」に拍車をかけた一冊です。
思い切って行ってみると、世界がひらけてよいと思います!
オススメです!
| chiekoa | 2006/10/26 5:46 PM |
こんにちは。
こちらの記事にTBさせていただきました。

思いがけない名作に出会った気がして、
いまはただ感動!!です。
最後の一郎はかっこよかったですね。
『男!!』を見せつけられた気がしました。
自分を貫き通すことのかっこよさを、
まじまじと見つめた読書でした。

特に沖縄編では、
波の音、人々の息遣いまで聴こえてくるような、
そんな奥田さんの描写にただただうっとりするばかりでした。
沖縄行った事ないんですが、(行きたい旅行先NO.1ではある)
本気で行ってみたくなっちゃいました!!
| Rutile | 2007/01/07 9:48 PM |
Rutileさん、いや、まじかっこよかったです…惚れます!
なかなかできないですよね、こうはなれない。すばらしい。
沖縄いいですよ!行っちゃいましたよ!最高でした!
来年の夏もきっとまた行く〜!!(貯金貯金…)。
| chiekoa | 2007/01/09 1:31 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
サウスバウンド*奥田英朗
☆☆☆☆・  型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた、長編大傑作。  21世紀を代表する新たなるビルドゥングスロマン、誕生!  父は元過激派だ。  小学校六年
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/04/18 5:05 PM |
サウスバウンド −奥田 英朗−
■bk1■amazon ★★★★★ 主人公の二郎は、小学校6年生。母は喫茶店を経営。父は元過激派とかいうやつで、いつも家でゴロゴロしている。どこの家庭もそういうものだと思っていたが、どうやら違うということにだんだん気付いていく。 税金の催促に来た市役所の人
| 歳時記 | 2006/04/18 8:02 PM |
「サウスバウンド」奥田英朗
「サウスバウンド」奥田英朗(2005)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、現代、小説、沖縄、開発、個人、自由 「インザプール」「空中ブランコ」でブレイクした奥田英朗。個人的には、気楽に書いたと思われる、けれんたっぷりのこれらの短編集より、長編である「邪魔」や「最
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/04/19 7:36 AM |
「サウス・バウンド」奥田英朗
サウス・バウンド発売元: 角川書店価格: ¥ 1,785発売日: 2005/06/30売上ランキング: 1,302おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/11/24 私の中学校は家から徒歩5分の距離だった。毎日のお弁当が面倒だった母は、 「昼休みに持って行ってあげるわ」と、毎日
| 本を読む女。改訂版 | 2006/04/19 9:34 AM |
「サウスバウンド」奥田英朗
サウス・バウンド 奥田 英朗 元過激派のお父さん、喫茶店を経営するお母さん、21才で家にあまりいないお姉さん、小4の妹桃子、そして小6の僕。 1部、中野。小6の二郎は思春期をむかえ、家でゴロゴロして、人に会えば問題ばかり起こすお父さんを軽蔑し
| ナナメモ | 2006/04/20 9:52 PM |
サウスバウンド
サウス・バウンド とにかくおもしろかったー。笑ったりはらはらしたり、じーんとしたりぐすっとしたり、最後まで飽きることがありませんでした。そして読後感もとてもさわやかでした。 元過激派の父を持つ小学校6年生二郎の視点で描かれる、東京の中野を舞台とす
| 本のある生活 | 2006/04/20 10:21 PM |
サウス・バウンド
サウスバウンドposted with 簡単リンクくん at 2006. 4.1
| ついてる日記? | 2006/04/22 11:39 PM |
サウスバウンド  (奥田英朗 )
型破れな父に翻弄される家族を、  少年の視点から描いた長編作品。   物語は二部構成になっています。 第一部は東京が舞台。  都会での生活。   不良中学生の話、潜入活動家、 元過激派の迷惑な感じの父親、  煩わしい日常にさいなまれる小学生の暮らし。 カラッ
| 花ごよみ | 2006/04/25 9:14 AM |
東へ西へ革命家は進む〜奥田英朗『サウス・バンド』〜
 明日夕方以降、少し天気が崩れるようですが、ここ数日は暖かくいい天気が福岡では...
| ホン・モノ | 2006/04/26 2:14 AM |
サウスバウンド 奥田英朗
サウス・バウンド ■やぎっちょ評価コメント 読んでいる本ブロガー多いようです。有名な本なのでしょうが、花さんに教えてもらうまで知らなかった・・。花さんありがとう。 さて、感想ですが、なーかなかいい本じゃないですか!日常の中の非日常の連続になんだか主
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/05/18 1:22 AM |
サウスバウンド 著者:奥田 英朗
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:88点 採点内訳へ ≪梗概≫ 小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい
| 読むなび!(裏) | 2006/08/16 5:18 PM |
『サウスバウンド』奥田英朗著
随分前になっちゃいましたが、 読み終わりました。 『サウスバウンド』奥田英朗著 サウスバウンドposted with 簡単リンクくん at 2006.10.16奥田 英朗著角川書店 (2005.6)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る <「book」データベース
| バンザイ | 2006/10/26 10:28 AM |
奥田英朗「サウスバウンド」
二郎は小学校6年生 朝は毎日四杯のご飯を食べないと昼までもたない、学校の帰りに古本屋で漫画読んだり 仲間と女湯がのぞきに行ったりと、ま〜楽しくやっている 二郎には近くで喫茶店を営む母と妹、そしてめったに会わない姉、 そしてめっぽう変わってる父がいる
| 聞いてあげるよ君の話を | 2006/10/26 3:15 PM |
「サウスバンド」奥田英朗著、読んでみました 。
  「サウスバンド」奥田英朗著、読んでみました 。   主人公の父親「上原一郎」の「元左翼活動家」と言う設定が意表をついてるなぁ。想像だが、この作品は作者が何らかの機会に沖縄に行って、「ガンジン」さんや「アカハチ」のエピソードに触発さ
| 男を磨く旅 | 2006/11/08 11:21 PM |
『サウスバウンド』奥田英朗
シェアブログ1152に投稿 リクエストしたわけではなく、 図書館の棚にあったものをなんとな〜く手に取ったものがコレ。 奥田英朗さんは好きですが、正直そんなに期待はしていなかったんです。 (返却帰還が迫っていたの
| 道草読書のススメ | 2007/01/07 9:49 PM |
「サウスバウンド」奥田英朗
タイトル:サウスバウンド 著者  :奥田英朗 出版社 :角川書店 読書期間:2007/07/21 - 2007/07/24 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父
| AOCHAN-Blog | 2007/09/20 9:45 PM |