プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< サウス・バウンド [奥田英朗] | Top | デューク [江國香織] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
漢方小説 [中島たい子]
4087747433漢方小説
中島 たい子
集英社 2004-12

元カレが結婚すると知ったその日から、原因不明のふるえに襲われた、みのり、31歳、独身。救急車で運ばれた病院で検査をしても異常は見つからず、病院を転々としても「心療内科」を勧められてしまう。そんなみのりが行き着いたのは漢方診療所。そこで出会った「治療」と「先生」は…。

もうしょっぱなから何度笑ったことか…(笑)。こんなタダの文章で、こんなに面白いなんてっ。クスクスところじゃなくて、クックックッて笑いが止まらないんですもん…。すごいなぁ、文章上手いなぁ。

昔の恋人の結婚の話を聞いて、おめでとうが言えずうつろにお品書きを三百万回くらい読んじゃうその気持ちに激しくうなずき、「何でその若さで現代医療に背を向けて漢方なんですか?」に吹きだし、「身ごもってもないのに赤子が飛び出すかと思った」に爆笑し。はぁ〜、あれ、まだ20数ページだよ!って感じです。楽しい…面白すぎる。

自分が漢方医(かーなーりおじいちゃんでしたが)にかかっていたこともあるので、そういう「東洋医学」についての記述もすごく興味深くて、ふむふむ思いながら読みました。でも溶かすだけで飲める漢方でいいなぁ。私が飲んでたのは毎回煎じないといけないやつで、毎日それをやってたから部屋も鍋もすごい匂いになりましたよ…(笑)。

この本の唯一の難点は、本が薄いことです。最後「え?これで終わり?」って思っちゃって、展開がちょっと唐突な感じがしちゃったんですけど、でもそれはきっと枚数が足らなかったから…!もっと読んでたかった!みのりにはまた新しい病気になってもらって、ぜひ続編を…(笑)。
| な行(中島たい子) | comments(10) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
これすごい面白かったですよね。文章とか。私も笑いが止まりませんでした。
しかしちえこあさん、「みのりにはまた新しい病気になってもらって」って、ひどい・・(笑)
新作出てますよね、この作家さん。読むの楽しみです。
| ざれこ | 2006/04/19 4:57 PM |
前半が特におもしろかったです。
後半が…ちょっとやっぱり「足りなかった」なぁ…。
芥川賞候補だったんですね、ざれこさんのところ読んでしりました。
私も大人になったものだ…しみじみ。
新作も読みたいっ!
| chiekoa | 2006/04/19 6:05 PM |
私も大笑いしながら読みました。
暫く救急隊員の真似がマイブームでしたから…

新作はみのりさんではないけど、「女の病気」について詳しく書かれていて勉強になりました。
| なな | 2006/04/20 9:46 PM |
そのマイブーム、ステキです(笑)。

新作『そろそろくる』ですよね。
みのりさんじゃないのか(笑)。
図書館で予約しました!楽しみでーす。
| chiekoa | 2006/04/21 5:21 PM |
chiekoaさん☆こんばんは
悩める30代女性を、こういう観点から描くってところが面白いですよね。
「そろそろくる」も面白かったですよ。
女性じゃないと分からない視線で小説を書く中島さんって、とってもいいなぁって思います。

P.S.うちのブログは引っ越しをしました。
こちらでもよろしくお願いします。m(__)m
| Roko | 2006/04/22 11:36 PM |
あぁ、ますます早く読みたくなってきました!中島さんも、もっともっと書いてくれないですかねぇ…私は待ってますよ!

お引越しの件、了解です!でもなんかさっきからTBが送れなくてごめんなさい。後でまたチャレンジしてみます…!
| chiekoa | 2006/04/24 2:52 PM |
こんにちは。
この本は、面白かったですねぇ。
初読でしたが、はまりました。
女性の気持ちが分かるというか、納得するというか。
「そろそろくる」も読んでみたいです^^
| 苗坊 | 2006/05/22 8:41 PM |
苗坊さん、私はもう面白いどころか爆笑モードでした。お腹いたくなっちゃった…(←笑いすぎ)。
「そろそろくる」も、ぜひぜひ。まだ二作しか出てないから、それを読むと終わってしまいますが、次をまた楽しみに待ちたいと思います!
| chiekoa | 2006/05/23 12:37 PM |
TBさせていただきました♪
面白かったですねーw
最後は「あれれ?」って感じで終わってしまったので、
もうちょっとなんかあってもよかったかなぁ〜なんて。
もっと読んでいたかったw
中島たい子さんはまだ2作しかないんですねぇ。
| 斎藤れい | 2006/07/29 12:39 AM |
そうなんです、まだ2作しかないんです〜。
もっともっと読みたいですよね!先が楽しみです♪
| chiekoa | 2006/08/02 12:53 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「漢方小説」中島たい子
漢方小説中島 たい子 / 集英社(2004/12)Amazonランキング:12,898位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 芥川賞候補になりました。今回の芥川賞は受賞作もさることながら 候補作もよさげなのが多くて、3冊くらいは読むことに
| 本を読む女。改訂版 | 2006/04/19 4:54 PM |
「漢方小説」中島たい子
漢方小説 中島 たい子 31才、独身、ライターのみのり。昔の彼が結婚するって聞いてから原因不明の胃痛に悩まされる。病院をはしごした後漢方診療所へ行く事にした。 新聞広告で見て2月に図書館で予約した本なのに4ヶ月近く待たされました。すっかり忘れ
| ナナメモ | 2006/04/20 9:51 PM |
漢方小説
漢方小説 中島たい子 何だかありがちな設定と思ったのです。31歳独身、フリーライター、元彼の結婚にショックを受けて、原因不明の体調不良におちいる。そしてあちこちの病院をさまよった末素敵な漢方医と出会う。そうきたらよくある癒しの話で、それを漢方と恋で
| 本のある生活 | 2006/04/20 10:25 PM |
漢方小説
漢方小説posted with 簡単リンクくん at 2006. 4.22 中
| ついてる日記? | 2006/04/22 11:24 PM |
漢方小説 中島たい子
漢方小説 オススメ! 川波みのり、31歳独身。 昔付き合っていた男が結婚をする事を知り、それからというもの体調が悪い。 身体が震え、ロデオマシーン化してしまう。 どこの病院へ行っても納得のいく答えは出ず、みのりの体調は悪くなっていく一方。 最後に訪れ
| 苗坊の読書日記 | 2006/05/22 8:40 PM |
中島たい子『漢方小説』
中島たい子『漢方小説』(集英社、200501) 小さいところがクスクス笑えるお話でしたw 「初鰹カルパッチョ風 750円」というお品書きばかり見つめていたら 「おあいチョ」と言ってしまったとか。 携帯で救急隊員の真似をしてみたり。 (オレンジ色の服や重い毛布が思
| uc-road:blog | 2006/07/29 12:32 AM |