プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 花まんま [朱川湊人] | Top | 今夜は心だけ抱いて [唯川恵] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
まほろ駅前多田便利軒 [三浦 しをん]
4163246703まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん
文藝春秋 2006-03

東京のはずれ、まほろ市の駅前にある便利屋「多田便利軒」。なんでも屋として働く多田が、ある日バス停で出会った男は高校時代の同級生・行天。居候としてすっかり居座ってしまった行天と多田のコンビが繰り広げる物語。

これは…しをんさん、本領発揮じゃないですか?!書いてて楽しかったんじゃないかなぁ〜。いや、絶対楽しかったと思う。私も読んでいて楽しかったです!!

この主役の男性二人の設定だけで、あぁもうどうにでもしてください!という感じなのですが(笑)、ストーリーがまたいいのです。おかしくて、楽しくて、謎めいていて、でもちょっと切なくて…。くぅ〜。「萌え」って、こういう感じですか?!(違う?)

そしてこの物語、ほんとに「絵面」が浮かびまくります。浮かぶ…というか、連作短編の形になっているのですが、その各章ごとに扉絵がついているんですよ。そのイラストがまた…とってもいい!うーん、いい(笑)!

なんか一人で喜んでいてあやしいので、誰か早く読んでください。分かち合いましょう、この気持ちを(笑)。あぁ、でも「女子」向けかなぁ〜。

文藝春秋特設サイト
| ま行(三浦しをん) | comments(15) | trackbacks(24) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ほんとに、愉しんで書かれたんでしょうね@しをんさん。
扉絵はちょっと綺麗過ぎない?とも思いましたけれど^^;

町田だ町田!と思ってしまって
あちこちの絵が浮かんでしまって嬉しすぎでした^^*
| ふらっと | 2006/04/24 5:06 PM |
こんにちは〜!
私も読んでてめちゃくちゃ楽しくって
はやく誰かとわかちあいたい気持ちでいっぱいでした
やっぱり女子向けですかねー(笑)
男性の感想もぜひきいてみたいものです。
イラストも良かったですね♪


| すみれ | 2006/04/24 7:27 PM |
ふらっとさん、いいんですぅ〜あの美しくもワイルドな感じが!胸キュンなのです!(笑)

すみれさん、私も「男子」の感想、ぜひ聞いて見たいです(笑)。早く皆さん読んでくれないかしら〜…。
| chiekoa | 2006/04/25 11:44 AM |
そうかー「女子」向けなのかもしれないですね。
私、最初もうちょっとさえない感じの二人をイメージしてたので「えー?こんなにかっこよくていいの?」って思ったのですが、すっかり慣れました。
こんな人が便利屋だったら仕事依頼したいです。
とりあえずは、窓拭きから…
外側を拭いてもらい、お茶でも飲みながら鑑賞します。
なんだか有閑マダムっぽいぞ!!!
| なな | 2006/04/27 10:29 PM |
ほんと、頼みたいですよね〜っ!
あんな…あんな二人がうちに…私の部屋に…。
あぁ、妄想モードに(笑)。

有閑マダム!なんてすてきな響き…そして一生縁のなさそうな響き(笑)。
| chiekoa | 2006/04/28 3:44 PM |
chiekoaさん、おはようございます。
しをんさん、いいですね。
男の友情をここまで巧みに書けるというのは本当に素晴らしいと思います。
着実に力を伸ばしファンの数も増えて行ってるのも頷けます。

続編も希望しますが、直木賞を取れたらかなり業界の雰囲気も変わるような気がしませんか?

伊坂氏より先に取ったらダメかな(笑)

| トラキチ | 2006/06/17 7:17 AM |
トラキチさん、おぉ「男性」からも好評でうれしいです!(なぜ私が喜ぶ?)


直木賞…どっかでガツンと獲って欲しいです。有頂天なしをんさんが見たい!
| chiekoa | 2006/06/19 4:02 PM |
こんにちは。
TBさせていただきます。ようやく読めました^^
イラストがまた良かったですね〜。
ストーリーもいいですが^^
このコンビは面白いです。
他の登場人物も個性的で、良かったですね。
| 苗坊 | 2006/07/10 2:03 PM |
そうそう、イラストがぴったりばっちりですよね!
直木賞候補になっちゃいましたね!
どうなるかなぁ????
| chiekoa | 2006/07/11 11:59 AM |
chiekoaさん…こんにちは。
とうとう9月。
夏も終わりかなぁ。
やっと読みました。
ことのほかよかったです♪
多田と行天どっちにしようかなとか考えたり(爆)。
映像化されそうな感じですね〜。
配役は誰にします?
なんて考えたくなるヮ(^^♪
TBしまーす。
| ユミ | 2006/09/02 1:16 PM |
ユミさんこんにちは!
夏が…夏が終わってしまいましたよ!
なにもしてないのに…(というか夏休みがなかった)。
多田と行天のどっちを選ぶか?!それは難問です(笑)。
配役…わたしは上川隆也さんが出てればもうなんでもいいんですけど、
どの役にもはまらないわ(笑)。
若い俳優さんを知らないのです…あはは〜…。(しくしく)。
| chiekoa | 2006/09/03 1:59 PM |
chiekoaさん☆こんばんは
わたしは迷うことなく行天くんが好き〜!
でも、イラストがカッコ良過ぎでしょう!
| Roko | 2006/09/18 8:03 PM |
個性的な行天と、おせっかいな多田のコンビネーションと、
やばいことも含めた依頼内容のバリエーションが楽しい作品でした。
多田は配るチラシの絵を下村富美さんに書いてもらえば、
もっと仕事が増えるかも(笑)。
| 藍色 | 2006/09/19 11:09 AM |
Rokoさん、いや、きっと実物はもっとかっこいいのですよ!(妄想)。
影のある男の人って…こう…いいですよね(笑)。

藍色さん、それはナイスアイディアです!
やっぱりどうせたのむならイケメンさんですよね…(笑)。
| chiekoa | 2006/09/19 5:22 PM |
chiekoaさんお久しぶりです^^
裏界隈がちらちらするのにコミカルで面白かったですね。
ハイシーを逃がすシーンはちょっと妬けました。
確かに「女子」向けかなぁ(笑
匂いは感じつつ、でも感じないふりをして読みました。
なーんだ、皆さん感じてるのですね(´∀`*)ウフフ
| 斎藤れい | 2007/06/14 3:46 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
まほろ駅前多田便利軒*三浦しをん
☆☆☆☆・ 「犯罪に加担しているやつを見かけたら、おまえどうする」 「放っとく」 東京の外れに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。今日の依頼
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/04/24 5:04 PM |
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒posted with amazlet on 06.04.19三浦 しをん 文藝春秋 (2006/03)Amazon.co.jp で詳細を見る 内容(「BOOK」データベースより) 東京のはずれに位置する“まほろ市”。 この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。 今日の依頼人は何をもちこ
| a bird shop | 2006/04/24 7:29 PM |
「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん 東京の南西部、神奈川県へ突き出すような形で存在するまほろ市。その町の駅前でひっそりと便利屋を営む多田は、年が明けてすぐの仕事帰りに高校時代の同級生・行天と再会する。高校時代は無口で変わり者だった行天は良く喋る
| ナナメモ | 2006/04/27 10:29 PM |
妄想キャスティング――三浦しをん【まほろ駅前多田便利軒】
これはもう妄想読書人ぱんどらのためにあるような小説。脳内DVDぐるんぐるん。 なんでも請け負う「便利屋さん」の話。「便利軒」だからといってラーメン屋ではない。探偵とは違
| ぱんどら日記 | 2006/06/11 2:11 PM |
「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.11三浦 しをん著文芸春秋 (2006.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/06/13 8:35 PM |
<オススメ>『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋)
まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん / 文藝春秋(2006/03)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <チワワがたぐり寄せた読者の胸を熱くする究極の友情物語> だれかに必要とされるってことは、だれかの希望
| 活字中毒日記! | 2006/06/17 7:11 AM |
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん 文藝春秋 2006年3月 まほろ市で便利屋の仕事をする多田啓介は、仕事の帰り、バス停で偶然高校の同級生行天春彦に出会うが、行く当てのない行天は、多田の仕事場に居候する。二人は仕事であずかった犬のチワワから、
| <花>の本と映画の感想 | 2006/06/26 7:30 PM |
まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒 オススメ! 多田啓介は、東京のはずれのまほろ市で、便利屋を営んでいる。 チワワを預かることになったのだが、その犬を見失い、探していたところ、駅で犬を抱えている男を見つける。 その男は、多田の高校時代に変人といわれていた行天春彦だ
| 苗坊の読書日記 | 2006/07/10 2:01 PM |
[本]三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」
さて、もう1冊の直木賞受賞作「まほろ駅前多田便利軒」です。 これも実は受賞決定前に読了済み。タイムラグが・・・ まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん / 文藝春秋神奈川県との県境に位置する〈東京都まほろ市〉の駅前に、 法律の範囲内のことなら何でも引き受け
| Four Seasons | 2006/07/16 9:02 PM |
第135回芥川賞直木賞受賞作品と候補作品
第135回芥川賞・直木賞の受賞作品がそれぞれ決まりました。 芥川賞には伊藤たかみさんの「八月の路上に捨てる」。 直木賞は三浦しをんさんの「まほろ駅前多田便利軒」と、   森絵都さんの「風に舞いあがるビニールシート」です。   芥川賞の伊藤さんは、
| 及川的大人のブログ | 2006/07/18 6:42 PM |
「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2006/03売上ランキング: 675おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/08/21 東京と神奈川の間にあるまほろ市のまほろ駅前で、便利屋稼業をしてる多田。 いつもどおり年末の仕事を終えたら、預かっ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/08/22 12:08 AM |
まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん
第135回直木賞受賞作品。三浦しをんさんのイメージ変わりました。東京郊外のまほろ駅前で便利屋を営む多田啓介とそこへ転がり込んできた高校時代の同級生行天春彦。トップの挿画からも間違いなく男前設定のふたり。それだけですでに楽しめそうな予感が(笑)。そして依頼
| ひまさえあれば | 2006/09/02 1:16 PM |
● まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん 文藝春秋 2006-03 だいぶ前(とはいえ、直木賞受賞決定後ですが)に読んで、感想も書いたのに、UPするのを忘れていました。古い文章になりましたがそのままあげちゃいます。季節ものは、季節ものである時の感想と、ブームが去
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/09/09 1:06 PM |
まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん)
個人的には、SF・ファンタジー・時代小説以外は挿絵は無い方がいい。文章から何らかのイマジネーションが喚起されるわけで、挿絵はそれの邪魔になることが多い。 SF・ファンタジー・時代小説も同様だけど、作品の世界観が
| ぶっき Library... | 2006/09/09 9:14 PM |
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒posted with amazlet on 06.09.
| ついてる日記? | 2006/09/18 7:59 PM |
まほろ駅前多田便利軒、三浦しをん
表紙写真は前康輔。本文イラストは下村富美。装幀は大久保明子。 2000年「格闘するものに○」でデビュー。主な作品「私が語り始めた彼は」「極め道」「夢のような幸福」「人生激場」「むかしのはなし」「ロマンス小説
| 粋な提案 | 2006/09/19 11:09 AM |
「まほろ駅前多田便利軒」
第135回直木賞を受賞した「まほろ駅前多田便利軒」を読破。著者の三浦しをんさんの名前は以前より存じ上げていたが、その作品を読んだのは今回が初めて。カバーのデザインといい、本文イラスト(漫画家の下村富美さんが担当。)といい、全体的に御洒落な感じが漂う単
| ば○こう○ちの納得いかないコーナー | 2006/09/20 2:10 AM |
「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん
タイトル:まほろ駅前多田便利軒 著者  :三浦しをん 出版社 :文藝春秋 読書期間:2006/09/12 - 2006/09/14 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 東京のはずれに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。今日の依頼
| AOCHAN-Blog | 2006/10/02 10:30 PM |
三浦 しをん まほろ駅前多田便利軒 (10/2006) ☆☆☆☆☆
まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん 文藝春秋 2006-03Amazonで詳しく見る by G-Tools アマゾン: http://kat.cc/5682 楽天: まほろ駅前多田便利軒 直木賞の受賞作だ。今回は森絵都の「風に舞いあがるビニールシート」との共同受賞。 東京の西側、まほろ市の駅前に、
| 活字中毒者の小冒険2:気まぐれ書評で本の海を漂う | 2006/10/14 1:53 PM |
まほろ駅前多田便利軒  三浦 しをん
まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん  273 ★★★★☆  【まほろ駅前多田便利軒】 三浦 しをん 著  文藝春秋  直木賞受賞作  《まほろ駅、わたしも日曜日の午後に行ってます》  内容(「BOOK」データベースより) 東京のはずれに位置する“まほ
| モンガの独り言 読書日記通信 | 2006/11/01 12:32 AM |
まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん
まほろ駅前多田便利軒 ■やぎっちょ書評 小説としての三浦しをんさんはこれが2冊目。前回読んだ「風が強く吹いている」では最後にグッと来たけど、今回はどうか!? うーん。いいお話でしたよ。でも普通かな。 そういえばナントカ賞を取ったんですよね。この本。
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/03/24 6:33 PM |
三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」を読む!
三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」は、第135回直木賞受賞作です。直木賞発表時に、2006年9月号の「オール讀物」誌上でその一部を読みました。「オール讀物」の都合上、「まほろ駅前多田便利軒」は6篇中2篇が掲載されていたものでしたが、今回、ブックオフで購入して
| とんとん・にっき | 2007/05/23 5:29 PM |
まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん [Book]
 三浦しをん:著 『まほろ駅前多田便利軒』  まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん文藝春秋このアイテムの詳細を見る  2006年上半期の直木賞受賞作です。  この後書かれた受賞第1作 「風が強く吹いている」を  このあいだ先に読んでしまい、  これがまた文句ナシに
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/07/20 2:02 AM |
『まほろ駅前多田便利軒』  三浦しをん
『まほろ駅前多田便利軒』  三浦しをん 来ました本命、直木賞受賞作。 便利屋、謎の男、売春婦、ドラッグ、 生意気な小学生、若きキングオブギャング…って石田衣良かい! というネタ目白押しなのですが、 きっちり三浦しをん風味に味付けされていてたいへん面白い
| 勝手に装丁室 | 2008/01/03 1:36 PM |