プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 今夜は心だけ抱いて [唯川恵] | Top | 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記 [恩田陸] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
陰日向に咲く [劇団ひとり]
4344011023陰日向に咲く
劇団ひとり
幻冬舎 2006-01

ホームレスにあこがれて本当のホームレスになってしまうサラリーマン、いわゆる秋葉系のアイドルおたく、男に遊ばれる自称カメラマンの卵の20歳の女の子、ギャンブルで借金まみれの中年男、浅草のストリップ劇場の売れない芸人。
「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」「Over run」「鳴き砂を歩く犬」の5編からなる連作短編集です。

「みくびってました!!!ごめんなさい!!!」

と、最初に謝っておきます。いやぁ、予想外によかった!(←失礼な。でもほんとうなの…)。先入観、よくないですね。ほんと、ごめんなさいでした。

連作短編の形になっているのですが、その構成がすごく上手いと思いました。一筋縄ではいかないのね!というか。最後なんて、「あぁ!」と思って泣けそうでしたよ…不覚にも。(←これを不覚と思う時点でその先入観がよくないんだってば)。

もちろん、文章の上手さとか、そういうところではまだまだ全然という感じなのですけど、なんというのかな…。全体的に大味なんですけど、読み終えた感想としては、あぁ、よかったなぁ、と。絶賛!ってわけじゃないんですけど、オススメかどうかと言われればオススメだし、一度読んでみてソンはないのではないかと。はい。

そしてこの本、装幀が「鈴木成一デザイン事務所」ですよ!デビュー作で…生意気な(笑)!スタイリストさんまでついてるみたいだし。お金かけてるなぁ。そういうとこ見ると、出版社の売るぞ!って気合が透けて見えたりして、なんとなくげんなりなんですけど、確かにそういう「色物」の一面もあるのでしょうけど、でも、それでも一度読んでみてもいいのではないかなぁと思います。お暇なら、ぜひ(笑)。
| か行(その他) | comments(17) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
恩田さんの帯つきですよね。「ビギナーズラックにしてはうますぎる」でしたっけ。だから読んでやってもいいかな、と思ってるのですが(←みくびってる。笑)図書館で探したら、予約がうちの田舎図書館では最高レベルの46件。生意気な・・!(笑)だいぶあとに読みますです。
| ざれこ | 2006/04/26 12:37 PM |
私もどこかでいろんな作家の方々が絶賛!というのを読んで
予約入れたんですけれど、ただいま109人目です。
『東京タワー』はやっと419人待ちになりました。(´o`;はぁ。
『陰日向に咲く』は 想像がつかない分たのしみです。
| ふらっと | 2006/04/26 12:49 PM |
ざれこさん、その帯は知らなかったです!なるほど、うまいこと言うなぁ!さすが恩田さん(←そっちかよ!)。
私は図書館というよりは、町のコミュニティセンターの図書コーナーみたいなとこでたまたま見つけてすぐ読めました。穴場だ、あそこ…。

ふらっとさん、先は長いですね…。私の『容疑者X』並です(笑)。買いたいんですけどね、買うお金と置く場所が…しくしく。
| chiekoa | 2006/04/26 5:17 PM |
ごぶさたしております。

ああ、やっぱりおもしろいんですね、この本。なんか書店で見ててもタレント本の一つにしか見えないというか、イロモノっぽい感じもあるし……。と思いつつ、帯が気になったりもしてしばらくの間悩んでいたのでした。

本屋に行きます。
| おおき | 2006/04/26 8:14 PM |
わたしも考えていたよりずっと良いと感じました!
むしろ好きな感じで、読後も気分が良かったので
単に色物にしておくのはもったいない気がします〜
本好きさんたちの反応が楽しみな本ですね♪
| すみれ | 2006/04/26 11:10 PM |
はじめまして&TBさせてもらいました。それにしても、この作品を読み始めると「みくびってました!!!ごめんなさい!!!」って、思っちゃいますよね。私も、まさにそんな感じでした。いろいろ伏線ありつつ結末に収束していくみたいな私が好きな物語をまさか、この著者が…いい意味で裏切られました。次回作もちょっと読んでみたいなと思えますよね。
| KORO | 2006/04/27 12:30 AM |
おぉ、すごい反応があるな、この本(笑)。

おおきさん、わぁなんだか責任を感じますが!
悪くない…と思います。私でなく恩田さんを信じて
買っちゃってください!読んじゃってください!
(責任転嫁)。

すみれさん、良いですよね〜!!
どうも印象が色物なのが残念なくらいで。
いっそ名前も変えてあんな表紙じゃなく出せばいいのに。
あれだと「エッセイ集?」って思っちゃいますよねぇ。

KOROさん、こんにちわ!
同感な方がたくさんいてうれしいです…!
構成うまいですよね〜。考えないで書いたって言ってたのを
どこかで読んだんですけど、ホントか?!
次作もほんと読んでみたいです。ビギナーズラックなのか否か…?!
| chiekoa | 2006/04/27 11:23 AM |
おひさしぶりです。
chiekoaさんの文章に激しく同意いたします。
私は恩田さんを信用して買ったクチですが、
見くびってて本当にごめんなさいでしたっ!
すでに映画化を巡って激しい争奪戦が展開されているようですな。
執筆第2作も打ち合わせが進行していると、風のウワサに聞きました。
| こばけん | 2006/05/06 12:23 AM |
chiekoaさん…こんばんは。
GWはいかがお過ごしでしたか?
本日サクっと読み終えましたので伺いました。
連鎖の仕方がとてもイイ感じでしたね。
劇団クン…作家に転向かしら(笑)?
次が楽しみです。
| ユミ | 2006/05/06 8:59 PM |
GWは…本三昧でした〜。←そのまんますぎてつまらん…。
あ、あと人生初の宝塚を体験しました(笑)。

なんだか第二段がすでに企画されているという噂を聞いたので、楽しみに待ちましょう。ビギナーズラックじゃないことを祈りつつ…!
| chiekoa | 2006/05/08 12:50 PM |
実は、chiekoaサンの日記でこの本の存在知ったんです。
遅いって・・・(笑)?

面白かったので、足跡残しておきます(^O^)

http://www.mypress.jp/v2_writers/gatto_nero/story/?story_id=1394076

相変わらず、コソコソお邪魔してます(^。^;)
| nero | 2006/05/10 4:55 PM |
neroさん、なんだか光栄です(笑)。
確かに文章拙いんですけど、でも「うまい」ですよね。
ぜひ第二作も…期待してます。かなり。(←危険?)
| chiekoa | 2006/05/10 6:30 PM |
早めに予約してたっつーに,今頃手に入れて読んだ私です。やぁ,でもおもしろかったですよ!ほんと期待しちゃいますね,次回作。怖いくらいに。そして表紙のボロっちい家(←失礼)にも大変心惹かれました。ボロ家マニアなので…
| まみみっくす | 2006/05/18 8:40 PM |
あの家ほんとにどこかにある家なんですよね〜。あ、ちなみにうちの実家もあのくらいにはボロっちいですよ。きっとまみみさん心をくすぐるはず…っ!一度、ぜひ!
| chiekoa | 2006/05/19 3:21 PM |
私も予想外に裏切られました(笑)
構成うまかったですよねー。
タレントとしての劇団ひとりとは別に、
作家としての劇団ひとりという地位もつきそうです。
| 琉歌 | 2007/02/15 5:14 PM |
琉歌さん、いやいや、ほんとうまいですよ!
あんまりテレビ見ないので、タレントとしての彼の地位が今どんなもんなのかよく知りませんが、これがホントに実力ならもう作家でがんばっちゃえば?というくらいのものです。第二段はいつ出るんでしょうねぇ…。でも本屋大賞はとらないでほしいの(笑)。
| chiekoa | 2007/02/15 5:37 PM |
私も読みました〜。
そして、私も先入観ありました(笑)。
いやでも、すごいですね。
絶賛ってわけじゃないけど、他の人にススメてみたいっていうの、かなり同感です!
次が出たら絶対読みます。
買うかどうかはわからないけど(笑)。
| chiro | 2007/07/05 7:22 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
陰日向に咲く
陰日向に咲くposted with amazlet on 06.04.03劇団ひとり 幻冬舎 (2006/01)Amazon.co.jp で詳細を見る 内容(「MARC」データベースより) お笑い芸人・劇団ひとり、衝撃の小説デビュー! 「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」ほか全5篇を収録。 落ち
| a bird shop | 2006/04/26 10:38 PM |
陰日向に咲く 著者:劇団ひとり
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:82点 http://koroxkoro.web.fc2.com/ ≪梗概≫ ホームレスを切望するサラリーマン、老婆を騙そうとする小心ギャンブラーら、落ちこぼれたちの純真を
| 読むなび!(裏) | 2006/04/27 12:24 AM |
『陰日向に咲く』劇団ひとり
私は寝つきが悪い。 布団に入ってからいつもすぐに眠れない。 だから、寝る前の読書はかかせない。 本を読んで、ウトウトして、 枕もとの電気を消した途端に眠りにつくのが理想的。 読む本は、頂いたものや気になって買ったものや、 何度も読み返している三
| 浜谷真理子(ハマタニマリコ)の部屋 | 2006/04/27 3:00 PM |
『陰日向に咲く』 劇団ひとり 幻冬舎
陰日向に咲く オススメ♪ お笑い芸人さんのウケを狙った作品…ではありません。 短編連作になってます。 孤独で劣等感も強い…そしてマイナーな位置で生活している…そんな主人公のつぶやきで作られた作品です。 日常を切り取ったような…その場面を思い浮かべ
| みかんのReading Diary♪ | 2006/04/28 8:54 AM |
【読んだ本】陰日向に咲く/劇団ひとり
新刊本のオビって大事ですね。 今回つくづく感じました。 恩田陸さんが書いてなきゃ買ってないもの。 「ビギナーズラックにしては上手すぎる。  あと2作は書いてもらわなきゃ。」だって。 そりゃ、買うよ。 エッセイとかだったら絶対買わないけど、 小説なん
| こばけんdays | 2006/05/06 12:19 AM |
陰日向に咲く/劇団ひとり
いいんじゃないですか?劇団ひとりクン。読み始めは劇団クンの顔が浮かんでしまって入り込めなかったけどそれはホント初めだけ。読めば読むほど味が出る5編の連鎖短編集。人生の節目で何気なく関わった人たちをさらっとつなげてくあたりが絶妙です。ページが進むにつれ
| ひまさえあれば | 2006/05/06 9:19 PM |
「陰日向に咲く」 劇団ひとり
陰日向に咲くposted with 簡単リンクくん at 2006. 5.13劇団ひとり著幻冬舎 (2006.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/05/18 8:38 PM |
「陰日向に咲く」劇団ひとり
陰日向に咲く発売元: 幻冬舎価格: ¥ 1,470発売日: 2006/01売上ランキング: 1294おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/08/24 劇団ひとりって、なんかさあ、「調子に乗ってる」顔をしてる気がする。 別に彼の性格とか芸風とか(あまり知らないけど)が調子に
| 本を読む女。改訂版 | 2006/08/26 10:56 PM |
「陰日向に咲く」劇団ひとり
【ひとりくんにちょこっと感動のツボを動かされてしまいました】  ・道草 ・拝啓、僕のアイドル様 ・ピンボケな私 ・Over run ・鳴き砂を歩く犬 劇団ひとりくんの著書「陰日向に咲く」は、気の利いたちょっとした連作短編小説になっている。 登場す
| 雑板屋 | 2006/08/31 1:52 PM |
「陰日向に咲く」劇団ひとり
評判通りすごく面白かった! 短編集なのにちゃんと繋がりがあって、でもまったく別のところで話が展開してるんです。 想像以上にすごくてびっくりしました。 どちらかというと不器用な人間が主人公になっているので、主人公の感情とか思うような人生にはならないも
| BOOKCASE | 2007/02/15 5:09 PM |
陰日向に咲く<劇団ひとり>−(本:2007年49冊目)−
出版社: 幻冬舎 (2006/01) ISBN-10: 4344011023 評価:88点 やられた。 思わず涙ぐんでしまった。 いい話を書くじゃないか、劇団ひとり。 5つの作品の主人公は、世間一般的に言えば底辺を這いずり回るような人たち。 ホームレスであったり、多重債務者で
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/05/14 12:27 AM |
「陰日向に咲く」劇団ひとり
「陰日向に咲く」劇団ひとり幻冬舎2006-01勝手に評価:★★★★☆読書期間:3日
| Chiro-address | 2007/07/05 7:13 PM |
陰日向に咲く/劇団ひとり [Book]
 劇団ひとり:著 『陰日向に咲く』  陰日向に咲く劇団ひとり幻冬舎このアイテムの詳細を見る  去年夏に予約してから、  1年を経てようやく回ってきましたー!  まず、表紙見て吹き出しました。  なんだよ、これ、作家自らの肖像写真かよっ!!(笑)  こんな
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/04 1:01 AM |
「陰日向に咲く」劇団ひとり
タイトル:陰日向に咲く 著者  :劇団ひとり 出版社 :幻冬舎 読書期間:2007/06/18 - 2007/06/18 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] お笑い芸人・劇団ひとり、衝撃の小説デビュー! 「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」ほか全
| AOCHAN-Blog | 2007/09/05 7:12 PM |
劇団ひとり
劇団ひとり| 出身地 = 千葉県千葉市| 生年月日 = | 血液型 = A| 活動時期 =| 活動内容 = お笑いタレント、俳優、小説家| 配偶者 =| 主な作品 = | 受賞 = | その他 =}}劇団ひとり(げきだんひとり、本名:川島 省吾(かわしま しょうご)、1977年2月2
| ももかの部屋 | 2007/10/03 9:59 AM |