プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 陰日向に咲く [劇団ひとり] | Top | 車掌さんの恋 [有吉玉青] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記 [恩田陸]
4062127636酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記
恩田 陸
講談社 2005-04-23

イギリスとアイルランドには行きたい。だが、飛行機には乗りたくない。そんな恩田さんが初めて挑んだ海外取材。イギリスで、アイルランドで、恩田さんが見たもの感じたものを綴ったエッセイ集です。

これが初エッセイ集だったんですね〜。『小説以外』を先に読んでしまったので、私にとっては二作目のエッセイ集です。

ひと言で言うと…「おもしろかった」!特に飛行機に乗る前にもうただひたすらびびってる恩田さんの脳内妄想が…最高でした。(そのたびにはさまれる挿絵?も笑えました)。その気持ち、わかりますっ!私も飛行機は大の苦手。なんであれ飛ぶんですか?あんなに重い鉄のカタマリが!飛ぶなんて!あぁ、全然理解できません。

そしてうれしかったのは、この取材旅行が「水野理瀬が登場するであろうイギリスを舞台とした新作」のための取材であると書いてあったこと!そうそれ!それを待っているのです〜ずっと!(まだ手を着けてないとも書いてあったけど…。でもこれ1年前の本だし!旅行自体は2003年だし!)。

取材中に恩田さんの頭に浮かんだ「イメージ」。どんなふうに、私たちの目の前に見せてくれるのか、すごくすごく楽しみにしています!

余談ですけど、
待つ間の長さ
逢ふ間の短さ
時のお腹は蛇腹です
堀口大學の『砂の枕』…詩集ですよね。読んでみたいなぁと思いました。
| あ行(恩田陸) | comments(9) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
わたしもできる限り飛行機は遠慮したいので
恩田さんの覚悟が手にとるように解って一緒に緊張してしまいました^^;

恩田さんの目を通して 次に繋がるものの欠片をほんの少しでも見ることができたかもしれないと思うと興奮します。
| ふらっと | 2006/04/27 12:46 PM |
そうですね、あの「恩田さん」の視点でイギリスとアイルランドを見れる…なんてオトクな本なのでしょう!
新作が早く読みたいです…読みたいです!
| chiekoa | 2006/04/27 7:02 PM |
飛行機に乗るとき、降りる時の挿絵笑えましたよね。

理瀬の次作のための取材旅行だったのですね。
私はこの旅行が「ネクロポリス」につながったんだって勝手に考えていました。

新作読みたいです。
「三月」シリーズ、全部文庫になったら絶対に買うんですから!!!
| なな | 2006/04/27 10:35 PM |
挿絵、笑えましたよねー。
私は、高いところは、けっこう平気なので、
ネタ?誇張?って思いながら読んでたんですけど、
あの挿絵が入ると、恩田さんがかいた絵じゃないけど、
ネタではなくて、本当に怖いんだな〜って感じがして、
本当に、おかしかったです。
| ゆうき | 2006/04/27 11:15 PM |
ななさん、ほんと笑えました〜(笑)。
私も最初『ネクロポリス』かな?と思ったんですけど、現在連載中って中に書いてあったので、あれ、違うんだ…と。早く新作〜!もう旅行から3年たってますよ!

ゆうきさん、高いとこ平気なんですか!すばらしい。
私は高いところが苦手というよりは…飛行機が…
ほんとになぜあれが飛ぶのかわからない(笑)。
きっと乗客全員の勘違いで飛んでるんだと思うの。うん。
誰かが間違いに気付いたら…そのとき揺れるんだわ!!きゃー!
| chiekoa | 2006/04/28 3:46 PM |
面白かったですねぇ。
旅行記というよりは、飛行機の恐怖についてを書いているって言う感じです^^;
私は高校以来飛行機に乗っていなくって、2月に4年ぶりに乗ったのですが、落ちたらどうしようって考えちゃいました^^;
飛行機は平気なはずだったのに・・・。
海外に行ったことがないので、行ってみたいなぁと思いましたね。
| 苗坊 | 2006/04/29 10:43 AM |
私も海外行ったことないんですよ〜。
恩田さんと同じく、パスポートは持っているのに…。
ただの身分証明…といいたいところですが、住所移ってるのに書き換えてないから、身分証明にもなってないです(涙)。

飛行機は…できたら乗らずに移動したいです。船!船で!(酔うかしら?)
| chiekoa | 2006/05/01 6:08 PM |
着々と恩田ワールドにはまり込んでいっている今日この頃です(笑)
あまりエッセイは読まないんですが、引き込まれてしまいました。本当に飛行機嫌いなんだなあ・・・と(笑)あの挿絵も最高ですし、ひたすら恐怖におののく恩田さんが面白かったですね(笑)僕は高いところは苦手ですが、なぜか飛行機は平気で、退屈さえしのげれば10時間乗っても平気です。大体、お酒を飲みながら本を読み、後はひたすら外国人のオッチャンオバチャンとしゃべり倒します(笑)外国人のオッチャンオバチャンはすごくオープンでフレンドリーな人が多いので楽しく会話できます。気がついたらもうすぐ着陸というパターンが多いです。
| ツヨシ | 2007/03/29 5:09 PM |
ツヨシさん、ようこそ恩田ワールドへ!(ってなぜ私が?!)
あの挿絵、最高ですよね!思い出し笑いしそうです…。ほんとにお嫌いなんでしょうね。私は去年北海道に飛行機で行くときに、恩田さんの本を持っていったら飛行機がものすごい揺れたので、「呪いか?!」と思いました(笑)。しかしツヨシさんすごいですね!英語ぺらぺら?!私は…できたら日本から出ずに日本語だけで生きていきたいです(笑)。
| chiekoa | 2007/03/30 1:16 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『恐怖の報酬』日記*恩田陸
☆☆☆・・ 酩酊混乱紀行 イギリス・アイルランド タイトル――サブタイトルも含め――でも判るとおり、旅日記である。 旅日記であるのは間違いがないのだが、旅先そのもののこ
| +++ こんな一冊 +++ | 2006/04/27 12:43 PM |
「酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記」恩田陸
『恐怖の報酬』日記恩田 陸飛行機が嫌いで「海外旅行処女」と言われていた恩田さんが取材の為に出かけたイギリス・アイルランドの旅。恩田さんが続きます。何となく表紙が「地球の歩き方」っぽくて、薄いのに栞の紐がついてることに驚いた。飛行機恐怖症の恩田さんが12
| ナナメモ | 2006/04/27 10:34 PM |
● 恐怖の報酬日記 恩田陸
酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記恩田 陸 講談社 2005-04-23by G-Tools 紀行エッセイのはずですが、本全体の半分くらいが、「飛行機が恐い」という話です。「飛行機」と言うことすら嫌で、「あれ」「あの乗り物」と指示語で話す恩田さんに、大いに笑わせてもらいました
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/04/27 11:13 PM |
『恐怖の報酬』日記 酩酊混乱紀行 イギリス・アイルランド 恩田陸
『恐怖の報酬』日記―イギリス・アイルランド 仕事をやれるところまで片付けて、イギリスとアイルランドへの旅行の準備は整った。 ずっと行きたかった国。 初めての海外旅行。 行きたいとは思っていたが、まさか行くとは思っていなかった。 何故なら、自分は極度
| 苗坊の読書日記 | 2006/04/29 10:40 AM |