プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 中央構造帯 [内田康夫] | Top | 十三の冥府 [内田康夫] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国幾山河を越えて [福永令三]
クレヨン王国幾山河を越えて
福永 令三
講談社 2003-12

大大大好きだった、「クレヨン王国 月のたまご」の続編が出ていたとは!

すっかり遠ざかっていた自分を叱り飛ばしたいくらいでした。

もっとも、この本は「月のたまご」の続編の3巻目らしいのですが、本屋さんに1巻目も2巻目も見当たらず、どうしてもがまんできず、買ってしまいました。

ページを開くと、なつかしさがうわっとこみ上げてきました。三郎が、まゆみが、アラエッサが、ストンストンが!!また私の前にいる!(読んだことのない方にはなんだかあやしい感じでしょうが…。)とてもうれしかったです。

このお話では、三郎とまゆみが、パパとママになっています。出会ったときには小学生だったのに…。幼馴染の結婚話を読んでいるようで、とても幸せな気持ちになれました。

「月のたまご」シリーズ、今すぐもう一度読み返したい…。クレヨン王国シリーズは、子供向けの本ですが、大人が読んでもほんとうにいいお話ばかりだと思います。むしろ、大人になってしまった今だからこそ、読み返してみたら、いろんな気持ちを思い出せるのでないかなぁと思います。当時はシリーズ全巻持っていたのですが、もうどこへ行ってしまったやら…。またこつこつ買いためたいと思います。待っててね!クレヨン王国!
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック