プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< カタブツ [沢村凜] | Top | 青空チェリー [豊島ミホ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
男は敵、女はもっと敵 [山本幸久]
4838716508男は敵、女はもっと敵
山本 幸久
マガジンハウス 2006-02-23

フリーの映画宣伝マン・高坂藍子36歳は、まさに才色兼備。長身、美貌、才覚で男をひきつけてきた、そんな藍子をめぐる、様々な人々の物語。

なかなか面白かったです。でも一人の人物について語るいろんな人の物語っていう「よくあるこういう本」の域を出なかったかな…という感想。あぁ、えらそうに、ごめんなさい。

藍子自身が語る「敵の女」、藍子に恋人を取られた女性・真紀が語る「Aクラスの女」、「浮気じゃない、本気なんだ」と藍子に夫を取られた女性・八重が語る「本気の女」、藍子と一緒に仕事をしている男性・吾妻が語る「都合のいい女」、藍子に惚れて離婚したのに藍子にも見捨てられてしまった男性・西村が語る「昔の女」、そしてまた藍子自身が語る「不敵の女」と。

藍子に始まって藍子に終わるっていう構成はよかったかなぁと思いますけど、なんでしょう。悪くないんですけど…手放しで絶賛というふうになれないのは。どうもこの藍子が全面的に好きになれなかったというか。ラストも、え?これで終わっちゃうの?という感じがあってですね…うまくまとまってないなぁと…あぁ、ごめんなさい。

一番気に入ったのは「必死の形相?嘆願?切羽詰まってる?で、なに、可哀想?」ってセリフが何度か出てくるんですけど、その出てき方が面白かったところかな…。
| や行(山本幸久) | comments(7) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
山本さんはいまやあたしの中でかなりランキング上位の作家さんなんで,いつもつい期待しすぎてしまうんですが…これは,ちょっとがっかりでした。なんか「だからなに?」って感じがしまして。ああっ,あたしもたいがいエラそうですね。
| まみみっくす | 2006/05/23 2:34 PM |
とっても同感なので…えーと、まぁそういうこともありますよ!私も同じこと思いました。周りの人物たちの方が魅力的…というか、うーん、それほどでもないんですけど、主人公よりはまだ…的な、えーと、なんといいますか。ラストがもうちょっと違ったらまた感想も違ったと思うんですけどね〜。
| chiekoa | 2006/05/24 12:23 PM |
そうですね。実に平凡な作品でしたね。彼らしい作品ではあるのですが・・。
| すの | 2006/06/24 5:55 AM |
よ、よかった・・・。
わたしも、これ、ちょっと「がっかり系」だったんです。
山本作品という事で、期待しすぎたせいかもしれませんが・・・。
似たような感想が、ここにつどっていて、ほっとしました。
まぁそういうこともありますよね!
| ゆうき | 2006/08/24 12:01 AM |
そう!そういうこともありますよ!
ないのは…宮部さんくらいのものです(笑)(←個人的に外れたことがない)。
| chiekoa | 2006/08/24 2:00 PM |
藍子、好きではないですか?(^.^)
私は結構好きなんですよ〜、最初は嫌な女だなと思っていたのに、終わる頃には藍子のその後を応援したくなってました。
| じゃじゃまま | 2006/09/05 2:07 PM |
おぉ、じゃじゃままさん、心が広い!
私は自分に似た弱気で自信のない人が好みで…(笑)。
まぁあこがれの気持ちの裏返しですよね!こういうのって!
| chiekoa | 2006/09/06 1:16 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「男は敵、女はもっと敵」 山本幸久
男は敵、女はもっと敵posted with 簡単リンクくん at 2006. 4. 1山本 幸久著マガジンハウス (2006.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/05/23 2:32 PM |
「男は敵、女はもっと敵」山本幸久
「男は敵、女はもっと敵」山本幸久(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、小説、短編、連作、女性、仕事 え?っと思うほど平凡で凡庸な作品。この作家の得意とする相変わらずのほのぼのとした、温かい読後感・・のはずが、昨夜読了で、早くも記憶から薄い。 この後に読
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2006/06/24 5:53 AM |
▲ 男は敵、女はもっと敵 山本幸久
男は敵、女はもっと敵 山本 幸久 マガジンハウス 2006-02-23 結局、どっちも敵ってことじゃん、嫌なタイトルだなあ〜、などと思って、なかなか手が出なかった一冊。でも、読んでみたら、登場人物は誰も、「敵」というほど攻撃的でも脅威でもなく、普通の人が、空
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/08/23 11:58 PM |
男は敵、女はもっと敵 山本幸久著。
連作短編集。どれもサクサク読めた。 高坂藍子。かなり仕事のできる女。しかも見た目も相当いいらしい。 不倫の挙句、なかなか離婚しない男へのあてつけで、どれをとっても見劣りする男と結婚する。 そして、離婚。 元夫の婚約者との再会、それまでは、あてつけで冴えな
| じゃじゃままブックレビュー | 2006/09/05 2:06 PM |